オンライン起業・儲かる仕組み・会員制システム・アーティクルヴァイラルマーケティング
Space Make
独立個人起業初心者が知っ得儲かる仕組み



| HOME || サイトマップ |
独立個人販売起業初心者のウェブサイトを収益体質に変える『儲かる仕組み』は、トラフィックを最大化する「理想客引込み自動拡散販売システム』を導入したマーケティングを駆使するプロモーション全般のこと―
「儲ける仕組み」の概要

一般的にパソコンのモニターに表示される仮想空間を『ウェブ』と称し、そうしたパソコン間を繋ぐネットワーク通信網のことを総称して『インターネット』と云い、それらに使われる通信手段のことを『オンライン』と云い―

その通信手段を用いてのビジネス(通信販売)に不可欠となるものが『ウェブシステム』なるもので、このことを儲ける仕組みと云い、中には、それもじって儲かるシクミと表現されたマーケターもいたようですが―

ということで、それらのワードを一度は見たり聴いたりされたこともあろうかと想います。


この『儲かるシクミ』とか『る仕組み』といったワードをご覧になられた方に、どう捉えるかと訊ねた場合、おそらく「自動でセールスするようにメカニズム的なプログラムを組み込んで放ったらかしで儲けるシステム」と―

簡単に楽して稼げるといったような、短絡的かつ軽薄なイメージを思い浮かべられるのではないでしょうか?


ここで留意しておくべきポイントについて述べておきますと、まず、それぞれのワードにおけるニュアンスの違いに気付いて頂きたいのですが、『儲かるシクミ』というワードの場合、セールスサイト内部のページ構造や―

システムの構築における全体的な作業の効率化を図るべく自動化ツールのプログラムを組み込み、あらゆるテクニックを駆使することによって儲かるかのごとく謳って稼ぐ、サイト内部だけの小規模なシクミのことです。


一方『儲ける仕組み』というワードは、そうしたウェブサイト内における短絡的に儲ける小規模なシステムを意味するだけのワードではなく、検索エンジンを意識したSEO対策、プロモーションによるマーケティング―

トラフィックによる集客およびリスト収集など、いわゆるオンラインを介したグローバルネットワークからなる、『ウェブ・システム』全般という広範囲に及ぶ、規模の大きい仕組みを意味するワードなわけです。


まず、インターネット上において効率よくビジネス(事業)を展開するために、ウェブショップ(通称ECショップ)であるセールスサイトには、共通した構成の流れとセールススタイルがとられていることはご存知かと想います。

その大まかなシステムは、販売促進および利益増強に繋げるリストアップ構築のために、ウェブサイトの内部外部から構成されるオンラインシステム一連の流れ、理想客をセールスサイトへ誘導するための宣伝媒体

いわゆる、それら全てをひっくるめた総合体系が儲けるために必要な仕組みであり、要は、トラフィック(流通)を最大化する内外要素を含めた『セールスシステム全体』を総称して『儲ける仕組み』というわけです。


ということで、その『儲ける仕組み』について、私が個人的に知り得ていることをシェアしてみようと思います。

「儲ける仕組み」の理想的なセールススタイル

ウェブ・システム』といった、インターネット上でのプロモーションを含むオンラインマーケティングにおける幅広い概念全般からなる『儲けるための仕組み』、そんな仕組みを構築する上で最大のカギとなるのは―

扱う商品やサービスを必要とするユーザー/理想客』に対して、商品の機能面における優位性や利便性といった特異性を打ち出した、他の商品とは異なる差別化した付加価値性を盛り込んだオファーであるとか―

セールスサイト内において、購入してもらうべく環境を整備した『内部構成によるシクミ』のところです。


その内部構成のシクミにおいて、一般的なスタンダード(主流)とされているのは、理想とする優良客層のみにセールスを展開する『メンバーシップ』という会員制システムの導入で、この会員制ビジネスにおいては―

セールススタイル(体制)による優良な理想客を獲得することが最も重要なカギを握ってると云われています。



セールス・ビジネス・サイトにおける内部構成のスタイルとして、「ワンステップ型」「ツーステップ型」と云われる2通りのセールススタイルがありますので、まずはこれらの相違ポイントについて考察してみようと思います。


【ワンステップ型セールススタイル】

まず、「ワンステップ型」と云われてるセールススタイルについてですが、一般的には『ぺラページ』とも呼ばれ、いきなりコンテンツ型のように、1つの商品を1ページだけで購入してもらうように構成を施したもので―

オンラインビジネスに不慣れなビジネスビギナーの起業家の方たちとか、無知なシロウトの方たちは、「誰でも簡単に構成できて短期間で儲けることができる」といったような、全く確証性のないフレーズにほだされて―

この「ペラページ」と云われる「ワンステップ型」によるセールススタイルに同調して採挙したわけですね。


このセールススタイルで危惧されたことは、儲かる系ノウハウにおける情報をセールスする際に、ビジュアルとかクオリティもさることながら、誇大表現や煽り文句を駆使した文章力によって商品を如何に巧く売り捌くか―

ライティング・テクニック』といった、もっともらしく打ち出された技法が比重の多くを占めていたことです。


商品の内容をわからないようにして『ライティング・テクニック』でカバーするとくれば、どういったことを意味するか、過去において販売サイトは商品提供のための手紙『セールスレター』であると定義した人がいて―

長文のページが決してよいわけではないのに、購買意欲が反れさせないようにページを切り替えさせないで、必要事項全てを1ページにまとめてコントラクト(成約)まで持っていくという、独特のスタイルをとるものです。


また、加筆修正をした上に手口を変えて再販する転売ビジネス、『リセールライト・ビジネス』といった類のものから、相手の心情や感情を揺さぶって売り捌くという「エモーショナル・ライティング・テクニック」―

こうしたワードに多くの起業志望者が呼応して、自らもこのスキルを習得しようと、次々と『ワンステップ型』のセールススタイルを取り入れたペラページが横行し、一時期インターネット上に氾濫しまくりました。


こうした横文字によるワードというのは、日本人にとって妙な説得力を醸し出して、なぜか納得してしまう心理が働きますし、また『英語圏のビジネス』なんてことを謳われると更に説得力が増強される傾向があって―

巧く騙されてることに気付かず、当たり前のように思って飛び付く、留意しておく必要がありますね。



この種に携わる評論家の方たちからは様々な指摘がなされてましたが、これで商品が売れれば、マーケターなりビジネスオーナーからしてみれば、然程手間がかからなくて、労力もコストも大幅に節減できることから―

最も理想的なセールス・スタイルとして持てはやされたわけですが、購入者サイドを考慮したビジュアル面におけるデザイン性であるとか、ドキュメントやグラフィックスによるページ構成におけるレイアウトといった構造性―


各種コンテンツ内容のクオリティ、ページ数を含む充実した内容量、商品やサービスの購買をスムーズに行うための詳細な情報とか付加価値性、コントラクト(成約)においてアクションを促す説得力なり訴求性など―

レベル的に完成度が低いと全く売れない事態も起こり得るという、結構シビアなスタイルとも云えるわけです。


エモーショナルとは『感情に訴えかける』といったような意味合いで、このテクニック自体は販売戦力において非常に強力かつ最適な効果をもたらすものですが、不安を増強する煽り文句とか誇大表現を用いて―

純粋にオンライン起業を志す人たちを困惑させ、社会情勢や時代背景などから、マーケターと称する人たちによって、ビジネス本来のあり方とか本質などを度外視し、悪質極まりない妙なテクニックばかりを駆使して―

間違った使い方を多くの起業家たちに提唱したため、大きな問題を引き起こす結果になったということです。



【ツーステップ型セールススタイル】

続いて「ツーステップ型」とされてるセールススタイルについてですが、これはメールマガジンなどの購読登録やメンバー登録、資料請求を促すなど、ワンステップ置いた2段階構成でセールスするスタイルで―

「ワンステップ型」と比較した場合、メンバー登録なりメルマガの購読登録をした理想優良客層との繋がりができることから、解説による情報量、最適なナビゲートやガイダンスなど、しっかりとしたページ構成にすれば―

コントラクトに繋げ易くできますし、リピート率や売上げアップにも大きな期待のもてるスタイルと云えます。


いずれにしても、セールスサイトを構築するプロセスそのものは、基本的な構成方法からマーケティングまで、その概要はほぼ同じですから、至ってシンプルなものなので、さほど難しく考える必要はないわけですが―

問題視すべき重要なポイントは、オンラインビジネス全般において、スキルの乏しい起業ビギナーの方たちがスキルアップすべく努力を根気強く続けられるかどうか、モチベーションを維持できるだけの『信念』なり―

継続的運営をやり続ける『覚悟』とか、『情熱』を持って挑み続けることができるかどうか
といったところです。

「儲かる仕組み」の理想的な運営スタイル

結論から云えば、『ツーステップ型』のセールス要素に『ワンステップ型』を組み合わせて、他のセールスコンテンツなどと関連付けて絡めたページ構成をして、特定の理想優良客層を対象としたセールスシステム―

メンバーシップ』といった、会員制を導入した運営スタイルが良好な成果を得てるということは周知の事実ですが、システムの基盤固めとか、コンテンツなどの下準備と整備、販売後のアフターフォローにおける―


サポートなども含め、リピート商材の供給とか、諸々の管理体制の保持など作業全般において、それなりのスキルが求められることは必至で、『儲かるシクミ』のシステムが構築できるまで大変な激務を強いられ―

それぞれに費やす時間や労力は計り知れませんから、それ相応の信念と覚悟を要するのは必至でしょう。


ウェブサイトの文章構成である『HTML最適化』に始まり、新規ビジターからのアクセスに至るまで、必要かつ重要なマーケティング要素となってる『SEO・PPC・ブログ・メルマガ・その他』、これらのどれもが―

儲かる仕組み』のウェブシステムを成す、一連の総合的な要素の一部となっており、これら全ての要素は個人各々が創意工夫して体系化するものであるため、ビジネスに不慣れな個人起業ビギナーの方が―

3ヶ月ばかしの短期間で構築するなんて、どう転んでも絶対的に不可能なことだと言わざるを得ません。



ブックショップで売られてるビジネス関連の書籍とか、インターネット上で公開されてる儲ける系のノウハウなどは、いずれも断片的で包括的な内容のものが多く、一連の流れにおける部分部分は参考になるものの―

儲かる仕組み』といったウェブシステム全般における体系的な構造とか、一連のシクミ構成の導入方法や構築方法にまで詳しく言及されたものはありませんし、システム全般の構築マニュアルなんてものも―

どこにもありませんから、自身の『儲かるシクミ』は、自身で調査して構築する以外に手立てはありません。


コレはと思った他のウェブサイトがどういったものを導入して、どのように体制を整備して運営してるのか、参考にすることを目的として徹底的にリサーチした上で、一連の作業の大まかなノウハウを書きとめてから―

完成図(目標)を描いておき、必要となる作業目標を細分化してプランシートを作成し、ひとつずつ敢行しながら整理し、これを積み重ねることによって成果目標を固め、理想的な『儲かるシクミ』の完成図を描き―

ミッションとビジョンが決まった時点でサーバーをレンタルし、コンテンツをアップしながら展開してゆくわけです。


体系として例えるなら、パソコンの組み立て製造ラインと同じようなもので、「配線やパーツ(部品)を規定通りに組み込んでゆき、特定の最終検査をクリアして一体のパソコンを完成させる」といった具合でしょうか?

順番を間違えて部品がひとつでも欠落してると、パソコンは欠陥品となって適切に機能しませんし、完成品を稼働さす場合でも、取扱い説明書やら仕様マニュアルなどがあれば、都度確認することができますから―


大事なポイントは、根幹となる一度決めた完成品の形態とサービス面における体制は変更しないで、表面上の形態や体制は常に変更して、利用するユーザーを飽きさせない工夫を施すということですね。

そもそも、オンラインビジネスにおけるセールススタイルというのは、パソコンを介した『通信販売』なわけですから、自身がどんな商品を扱うかを決めた上で、参考になると思しき物品通販サイトなどをモデルにして―

独自のシステム構成を組み立てて、理想的な『儲かる仕組み』を形成すればグッジョブでしょう。 b (^v^)


儲かる仕組みの枠組

セールスサイトの「仕掛け」と「仕組み」

よく、「個人によるオンラインセールスは、売れ難いから儲からない、そのため失敗して挫折する人が多い」なんてことを平然と言われる方がおられますが、それって確かなのでしょうか?、たとえそうであったとしても―

実は、『儲かる仕組み』というウェブシステムの構成体系は、「絶対にこうでなければならない」といったように断定されるものではありませんから、個人であっても、アイデアや工夫によって儲けることは可能なのです。


例えば、ECショップのような物販系と、FXのような投資系では、構成もやり方も施策も必然的に異なりますから、特性にあわせたやり方を工夫することによってバリエーションも多様化できるため儲けられるわけです。

こうやって『儲かる仕組み』の枠組を客観的に考察してみれば意外とシンプルなもので、何からスタートして何をどうやるべきかといった流れが解れば、然程難しく考える必要はないということがお解りになるでしょう。


このウェブサイトで紹介してるノウハウの全てを統合し、販売サイトの構成やシステムについて理解することができれば、個人個人その人なりの素晴らしい「儲かる販売サイト」を構築することができるはずですが―

ただ、センテンスの構成スキル、購入ポイントへの訴求性、商品フォトなどのレイアウト、ツールの導入など、デザイン一連において相当のスキルを要するため、一朝一夕にはいかないといったところが難点なだけで―

大事なことは、信念を持って根気強く、情熱もって辛抱強く、こういった心構えで臨む事です。



インターネット販売において、問い合わせや資料請求はあるのに売上げに結びつかないのはどうしてなのか?

成功して順調にいってるビジネスサイトと順調にゆかないビジネスサイトでは、一体何がどう違うのだろうか?


成功してるビジネスサイトには、独自に確立された『セールスビジョン』による事業の展開策が掲げられていて、購入者から好評を得るためのサービスを打ち出し、充実したサポート体制が敷かれてるからなのです。


気になる情報に関するビジネスサイトをインターネット検索でサーフィンしていて、「興味のある内容に関する情報がありそうだ」と視察していたら、全てが商品を購入するための案内だけになってるといった具合で―

セールスサイトにビジターが気になるような商品の画像を載せてたとしても、その商品の機能面における概要だけは提示してるものの、利便性や優位性についての詳細かつ具体的な説明がしてないような状態で―

『商品を購入して』と案内されても、それで「購入しよう」なんて気になるなんてあり得ないですよね?


殆どのアクセスユーザーは、商品や情報、販売手法など、気になるテーマについてリサーチをしている場合が殆どで、直ちに何かを購入しようという思いでアクセスしているわけではないというのが通常の心境です。

逆の立場で考えれば解るかと思いますが、たとえ購入したくてたまらないような商品があったとしても、ブランドカラーのないような個人サイトで、躊躇することなく「購入しよう」なんて十中八九ありえないと思いませんか?


十中八九購入しないとは云っても、その情報内容に興味があったからアクセスしてきてるわけですよね?

そこで、興味があってアクセスしてきた人のメールアドレスを登録してもらうために用意しておくべき必要不可欠なツール、『オプトインメール収集システム』の導入で、これについては理解して頂けてると思いますが―

その際、販売者の手腕が問われるのは「サービスの打ち出し方」で、最も大事なポイントになるところです!

『メールアドレス登録システム』の導入

さて、サービスの打ち出し方が決まったとして、次に考慮すべきポイントは、商品やサービスに興味を持ってもらったビジター(訪問客)にメールアドレスを登録してもらうためのフォーム(入力枠)を設定することですね。

そして、登録してもらったメールアドレスに対しては、お役立ち情報や新旧商品などを案内するメールを配信するために、『自動でメールを配信させるプログラム』を形成するツールシステムを導入する必要があります。


「お得意客(リピータ)」となる登録してもらった訪問者のメールアドレスに対してメールを配信するシステムは、特に消耗品を扱っている販売サイトであれば、商品を沢山捌くためにも必須のアイテムと云えるでしょう。

これは、理想客に再アクセスを促し、2回目以降から商品を購入してもらうという理由があってのことですが、メールに記述する内容で大事なポイントは、商品に絡めた情報と、それに商品の必要性を説くことです。


どんなに興味を惹く商品ばかり揃っていて充実した販売サイトであっても、「何のメリットもない販売サイトだ」とアクセスユーザーに判断されてしまいますと、高い確率でクローズ(閉じ)されて忘れられてしまうはずです。

そこで、アクセスビジター(訪問客)に対し、お礼を兼ねて商品やサービスに関する情報に、必要性やメリットをを説いてアピールする案内メールを届けることによって、再度のアクセスを促す必要があるというわけですね。


大まかに例えますと、『販売サイト上でメールアドレスの登録があった際、自動で感謝メールを送信する設定をし、2回目以降の配信で多くの商品を購入してもらうべく方向にもっていく仕組み』ということになります。

これはあくまでも一例に過ぎませんが、「独創的で付加価値性の高い商品やサービスを提供する」ということと、「訴求力のあるセンテンスで案内をする」ということ、この2つが欠かせないポイントになります。


とは云いましても、それぞれの業種体系や商材によって販売サイトの活かし方であるとか、案内方法なども異なりますから、付加価値の付けられない商材もあって、どんなサービスが適切かは一概には云えません。

ですから、サービスに関しましては、色んなサイトを参考に個々で独自のスタイルを考案する他ありません。

カスタマー(顧客)にベストな提案をする最も有効な方法は、他の販売サイトが案内しているサービス事例を参考にして、『それ以外』か『それ以上』のサービスを提供するということがポイントになろうかと思います。

販売促進のための施策

リアルショップの場合は、それぞれの国や地域に点在して運営されていますが、オンラインにおけるECショップの場合は、インターネットという1つの枠内に存在する、いわゆる『ショッピングモール』的なマーケットです。

ですから、様々なビジネスサイトが同じような店構えをして軒を連ねている界隈で、似たような商品やサービスを提供していては、対象客を納得させて買ってもらうのはかなり至難の業を要するのがインターネットです。


そこで、殆どの販売サイトにおいて販売促進の施策として、サービスやサポートの質は勿論のこと、購入してもらったユーザーに対し『サポーター』となってもらうために「アフィリエイトシステム」を導入してるわけですが―

過去において、アフィリエイトを行ってる(俗に『アフィリエイター』と呼ばれてる人たち)側の悪質なやり方が非常に問題視され、一部の人たちを除いて『殆どの人が儲かっていない』という実状が浮き彫りになりました。


それは、間違った不正なやり方をして「儲かってる」という、成功者気取りの人の情報を鵜呑みにしていた多くの人が、その人のやり方をそのまま真似てやったためであって、そんな人たちに共通してるものがあります。

その共通してるものとは、『独創性(オリジナリティ)・差別化・ブランディング化』の3点が欠如してることです。

アフィリエイトとは云え、消費者に向けて商品やサービスも兼ねて案内するわけですから、やはりそこは『自身の商品やサービスを案内する』という気構えをもってオファーすることが大事なポイントになってくるわけです


そのためには、アフィリエイト商品に上記した3点の『付加価値商材』を別途用意することによって、売上率をアップさせるべく効果を発揮させ、アフィリエイトサイトとして知名度を高めて不動の地位を確立することです。

付加価値商材」とは、他の人が扱っていないもので真似できないもの、相手のニーズを刺激して結果の出る施策によって、絶対的に市場に受け入れられ、極めて高い確率で成約させられる商品のことです。


販売用のウェブサイトが作れなくても、セールスセンテンスが書けなくても、それなりに稼ぐやり方はありますし、自分や周りに売れるような商品なんて ない、そんな状況でもオンライン起業ができる施策もあります。

この施策を導入して『儲かる仕組み』を構築することは思う程難しくなく実現できますので、先に決めておくべきことは、『どんな商品をどんなセールススタイルでどんなセールスの仕方をするか』ということだけです。

オンラインビジネス・口コミ連鎖の矛先

ポータルサイトの大手『「Yahoo!』には、ネットオークションなる人気のイベントサービスがありますし、様々な商品が日々取引されていて、オンライン起業を志す人にとってこの上ない素晴らしいステージとなります。

ネットオークションにおいては、ウェブサイト不要で参加できますし、莫大な数の物品が出品されてますから、出品者の人数も多く、個人起業家デビューの場としては、願ってもないうってつけのステージというわけです。


ネットオークションという最大かつ最適なステージで学んだ知識やスキル、培った実績や経験などを活用することによって自身のセールスサイトを立ち上げて、独自のビジネスをスタートさせることもできますし―

得意分野に特化した専用のセールスサイトを構築すれば、他の媒体を通さず、自分の独創性で遂行できるのが強みとなり、何よりも魅力的なトラフィック(流通)を誘発する『儲かる仕組み』ができますから―

提供する商品やサービスに『付加価値要素』を組み込むだけで収入の幅も一気に広がるでしょう。


とは云え、これはキッカケのひとつに過ぎませんから、集客の分散化を図り、初期段階において販売サイトへ誘導すべく口コミ連鎖の矛先をできるだけ多く設けて、あらゆる可能性を試してみる必要があります。

オンラインにおけるビジネスは、英語圏のアメリカを起源として発祥したと言われていますが、ビジネスの体制や嗜好性など色んな面で日本とは随分異なりますから、取り入れるにしてもアレンジする必要があるでしょう。


『販売サイトの制作方法』『効果的なキャッチコピーの作り方』『売るための流れや儲かる仕組みの作り方』といった一連のビジネス構成とスタイルを確立し、新なセールスモデルとして日本で定着させた人がいます。

そして、この一連の仕組みを取り入れてシステム化することによって売上げを通常の2〜3倍、やり方次第では10倍以上増やすこともできるという、新規ビジネススタイルの確立に大いなる期待がもてる方法です。


このように、オンラインビジネスの如何なるモデルにも応用可能で合理的なシステムではあるのですが、情報収集や処理するスキルとか、セールススキルがある程度ないと、『誰にでもできる』というものではありません。

そのためなのか、オンラインビジネスでは実に危ういセールスをしてる事業主の方が多く、中にはエモーショナル(感情的)というワードを穿違えてなのか故意なのか、感動的なエピソードを盛り込む人までいる始末です。


特に儲かる系ビジネスを行っている人に最も多く、「ただ儲かればいい、とにかく売れれば勝ち組になれる」と、あらゆるテクニックを駆使して、希薄な内容のモノ真似をした希薄なサイトの増殖が危惧されましたね。

とにかく、内容が何なのか実態のない販売サイトなんてあり得ないわけですから、そのようなサイト運営者の『ご都合情報』に惑わされないよう、サイト運営の知識や本質をシッカリと捉えておくことが望まれます。
― 「必修ビジネススキル」についてはこちらを御覧になってください⇒ 必修ビジネススキル




「個人起業」と市場性展望

オンラインビジネスの展望性

一般的には非常識となってる愕然とするようなことをやってしまいがちなのがインターネットのビジネス業界で、どんな商品でも他にはない付加価値があれば、『その商品が欲しい』という人は必ず存在してますから―

「自分で販売できるようなレアなコンテンツなんて作れない」という場合、オリジナルにアレンジできそうな商材をインターネット検索で探し出し、それに付加価値を施せば、販売する商品がいくらでも作れてしまいます。


インターネット検索で探せば、著作権フリーのレアな商材を扱ってる専門的なサイトもたくさんありますから、自己責任でダウンロードして、誰もが欲しがるような商材にブランド化して、販売してもよいわけですから―

自分が売りたいとする商材を扱ってるウェブサイトは、何も日本国内に限定する必要はありません。


そういったビジネスサイトというのは世界中には幾らでもありますから、その中の信頼できそうなサイト、自分の感性に見合ったサイトを見極め、アクセスして商材を仕入れて自分のビジネスに繋げればよいだけです。

販売目的ではなくても、海外の情報は日本の情報とは異なる視点で書かれていて新鮮な気になりますし、結構タメになる情報がたくさんありますから、読むだけでも何か新しい発見をしたような得した気になります。


「それをどうやって探すのか」といえば、海外だからイングリッシュで検索すればヒットしますし、日本語で検索してヒットしたサイトから海外のサイトを載せてる場合もありますから、アクセスすればよいだけのことです。

個人でサイトを運営している事業家も結構たくさんおられますし、ブログサイトやアーティクルサイトだって数え切れない位にありますから、そういった信頼できるところを調べていくとタメになる情報で溢れていますよ。


日本国内の起業ビギナーの方の場合、海外に目を向ける人は殆どいないのが実情ですから、翻訳機能を活用して徹底的にリサーチをして、そこで特殊な分野を見つけだせればあなたのビジネスになり得るのです。

オンライン販売の醍醐味は、アイデアと創意工夫で勝負するところにありますから、少數の事業オーナーしかやってないようなビジネスモデルを見つけることによって、1人勝ちできる可能性も夢ではないというわけです。


物品にしろツールにしろ、形として残るようなモノであればビジネスとして立派に成り立ちますから、商材商品として再現性も将来性もないことが実証された、インフォセールスなるものに固執するのは愚の骨頂ですね。

オンラインビジネスの販売体系は一体系だけに限られてるわけではないですから、何かを創り出す発想力や特定分野に特化したスキルを身に付けさえすれば、ビジネスは無限の可能性があることは確かです。


ビジネスチャンスは何処にでもあると思いますが、それをどのように捉えるか、どのようにアイデアを出して工夫するか、どういった活かし方をして打ち出すか、自分流にブランド化することが大事なポイントになります。

「自分には時間がないから」と、言い訳めいたことを言われる方もおられるかと思いますし、確かに時間はかかりますが、オンラインビジネスに本気で取り組まれる気があるなら、時間は自身がつくる以外にありませんし―

信念と情熱は不可欠ですから、それができないというのであれば、キッパリと諦める勇気も必要でしょう。


インターネットだからこそ、『短時間で簡単に起業できて、放ったらかしで気楽に儲かって、悠々自適の生活』なんてありえませんから、「そういうビジネスでないとできない」と言われるのであれば、やる必要はありません。

と云うより、そういった安易な思考をした人がビジネスをやった場合、思ってる以上のコストやリスクが圧し掛かり、下手をすれば破産の危険性がありますから、『絶対にやるべきではない!』と申し上げておきましょう。



ご存知かとは思いますが、インターネットの普及と個人レベルでのビジネス参入の呼びかけにより、実質的に大勢の人たちがオンラインビジネスに参入し、いろんな販売手法を凝らした争奪戦が繰り広げられています。

気になるものや欲しいものを見つけたい入手したい時、便利で役立つ商品などを探したい購入したい時、誰もが便利に利用できる検索エンジン、その利用者数は『五千万人』にも上るという報告がなされています。


そのため、どのようなスタイルのビジネスモデルであっても、これが検索エンジンサイトを経由してることの重要なポイントとされている所以であり、その先には『クチコミ』という膨大なリンクの輪が所狭しと広がっています。

年中無休で、需要者と供給者で賑わってるビッグマーケットでもあるインターネットですが、販売者は購入してくれるユーザーをただ待ってるというだけでは、販売拡張にも売上げにも結びつくことはありません。


また、多くの起業家がSEOやキーワード対策をセールスに関わる最も重要な要素だと、とんでもない捉え違いをしてる傾向があるために、いつまでたっても稼ぐことなんてできない、ということを理解されていません。

インターネットで販売する初期段階においては、カッチリとした『儲かる仕組み』を構築し、あらゆる稼ぎ先にアプローチしてオファーを繰り返していくことが重要な課題であることを今一度シッカリと認識しておきましょう。


インターネットでマーケティングをするノウハウの詳細は後述しますが、オンラインというインターネット上の外部での『儲かる仕組み』と、ウェブサイトというホームページ内部での『儲かる仕組み』のウェブシステム―

これまで培われてきて定番化されてます既存の検索連動型マーケティング手法を始めとして、インターネットならではのスペシャルなテクニックまで、オンラインで実行可能な施策全てを網羅し―


唯一の活動場所がインターネットという個人起業者にとって、売るための仕掛けを2ステップでつなげる工夫を駆使し、これらの施策を如何に効率よくこなして活かせるかが重要なポイントでありカギとなります。

オンラインビジネスとして特有のやり方であるとか、構成作り・システム作りといったものは殆ど変わりませんが、結果的には、あなたの『儲かる仕組み』は、あなた自身のアイデアで創造するというのが本筋となります。


ウェブサイト(ホームページ)を作成し、ビジネスの活路を見いだそうと奔走しても、途中で息切れを起こして挫折しかかったり迷走ばかり繰り返しているという人も、やる気があれば諦めることはありません。

やるかやらないかはあなた次第ですが、「インターネットで便利に役立つ商品とは何か、どんなサービスを提供すれば喜んでもらえるか」、これを突き詰めて考えれば自ずと道も拓けてきます。


手掛けようとしてるビジネスが本物なら、顧客が顧客を呼び込んでくれるのがインターネットの世界ですから、検索から始まる膨大なビジネス市場へ飛び込んでいくとき、あなたにお役立て頂ければ幸いに思います。

NEXT

儲ける仕組み
儲ける仕組みの概要
起業に不可欠な要素
販促のキーポイント
リピート有効化システム
Mail自動配信システム
アクセスアップツール
AIDAMの法則
仕組みへのプロセス
目標達成へのシナリオ
/ 儲ける仕組み / SEO.SEM必修ノウハウ / 詐欺ビジネス / 独立個人起業セミナー / ウェブデザイン速習法 /
/ HOME / プロフィール / 特定商取引法に基づく表記 / お問い合わせ / サイトマップ / 上まで戻る
● あなたにお役立て頂ければ幸いです― マテリアルギャラリー Space Make Main Office