オンライン起業・儲かる仕組み・会員制システム・アーティクルヴァイラルマーケティング
Space Make
独立個人起業初心者が知っ得儲かる仕組み



| HOME || サイトマップ |
独立個人販売起業初心者のウェブサイトを収益体質に変える『儲かる仕組み』は、トラフィックを最大化する「理想客引込み自動拡散販売システム』を導入したマーケティングを駆使するプロモーション全般―
☆ 起業に不可欠な要素

セールスサイトにおけるキーポイント?

1.外観よりも「クオリティ」と「満足度」の高い内容

軒を連ねた街の商店街を見回してみますと、特徴のある個性的な書体の施された看板とかノレン、独創的な店構えをしており、それぞれの商売形態に見合った外観をした様々なショップが所狭しと隣接しています。

例えば、洋風調のアンティークな構えをした骨董店、近代的な中にもレトロな雰囲気を醸し出した古美術商や古書店、近代風の雑貨店ほか、挙げればキリがないのですが、それぞれにオリジナリティな装飾を施し―

どんなショップなのかが見て判るように、それなりに工夫された独特の雰囲気を醸し出していますよね?


実店舗での看板なり装飾された外装に代当するのがウェブサイトのエントランス(ホーム)ページになるわけですが、ウェブショップの個性的に施された外観のビジュアルイメージから、その雰囲気に魅了されてしまい―

共感して躊躇うことなく中を覗いて店内を見回る人、全く共感できなくて無視してスルーしてしまう人、ただ単に視察だけを目的に興味本位でアクセスしてくる人など、実に様々な人たちがアクセスしてきますから―

ウェブショップであるセールスサイトの外装は、親密感・安心感を印象付けることがポイントになります。


そのため、ページ構成でのレイアウトやセンテンスなどによる構造性、ビジュアルという見た目のデザイン性、商品購入に至るコントラクトまでの流れ、信頼性と満足感を配慮しての安心感と安全性、充実した決済―

これらが商品を売るための決め手となる要素でもあるわけですが、ビジュアル的に見映えがよいといったような見た目による良し悪しを判断するセンスは、人それぞれの感性によって評価が異なる場合もありますから―

当然ですが、『デザイン性と商品が売れる売れないは別問題で、直接関わるものではない』ということです。


ですから、『儲かる仕組み』のシステム全般からしてみれば、ビジュアルのデザイン性自体は、さほど優先度の高いものではなく、そこには売れるべくして売れる『訴求性』といった根本的な要素が関係するわけで―

訴求性』における最大のポイントを簡潔に述べますと、適正で適切な情報を詳細に充実させることよって納得できる要素を徹底して高めること、それに併せて満足度の高いサービスを提供するということですね。

競合するショップがたくさんある場合は、価格も含めた付加価値による差別化が最大のカギとなります。



テレビで行列のできる各地の専門ショップを紹介してるのをよく目にしますが、外装が綺麗で素敵なショップばかりとは限りませんし、見た目にも少々古風でレトロ感の漂ってるショップでも、非常に人気があり―

店内が混みあってるという実例も多く聞き及びますから、セールスサイトの入り口となってるエントランスページにおいて云えば、ビジュアル要素もある程度は気にかける必要があることは確かなのですが、原則として―

ウェブサイトに求められてるのは、『快適な表示速度と解読し易くして要点を見せる』ということになってます。


ですから、外観のビジュアルよりもコンテンツの『クオリティ』とサービスによる『満足度』の方がより大事なわけで、要するに『ビジュアルを気にしすぎてデザインばかりに凝るのは片手落ちなので要注意』ということで―

セールスサイト全般において意に留めておくべきことは、常に『信頼性』を意識して取り組むということが大事なことで、そのひとつには、ページデザインにおけるビジュアルの『統一感』といった要素が挙げられますね。


そして、商品においては、訴求性に繋がる情報の質と量を考えて設定すること、成約なり購買へ至り易くなるようスムーズに進行できる構造にし、コンセプトやポリシー、規約などといった内容は法を遵守したかたちで―

販売者も購入者も不利益を被らないように、安全で安心して利用できるように設定して、他ではないような満足度の高いサービスを打ち出すことです。


2.「動画」と「音声」は戦略的に活用する

セールスサイトの中には、エントランスページにおいて動画とか音声などを設定されてる方おられますが、何の脈略もなく「設定しさえすれば効果がある」なんて、お門違いな思い込みをされてる方はおられませんか?

何の意図もなく、単にサプライズとして自己ピーアールをするためだけに動画なり音声を設定するというのは、初めて目にする人にとってはサプライズ効果も大いに効力を発揮しますが、再々利用する人たちにとっては―

鬱陶しいもの以外何物でもなく、信頼性において決してプラスの効果をもたらすものではないですから、意に留めておくべきことは、『洗練された構成で意味のあるサプライズとして効果を持たす』ということです。


動画や音声などを導入設置する場合、セールスサイトの商品やコンテンツなどに関連付けての訴求力アップを意図として用いることが大事なわけで、意に留めておくべきことは、『ビジネスの一環として設定する』―

明確なビジョンの下で有効活用することに意味があるわけで、そこのところを穿違えしないように注意して頂きたいだけのことであって、決して動画や音声などを設定すること自体を否定してるわけではありませんからね。

動画による解説は、販促に繋がる秀逸な顧客獲得戦略であり、付加価値性が高まることは確実です。


また、端的に「動画による解説だから解り易い」と説いてる人もおられますが、動画だからといっても解り難く解説していれば、やはり解り難いわけですから、動画解説は『解り易くする』という前提があってのもので―

たとえ丁寧で凝った動画であっても、音声面において解説者の喋り方がだらしない上に声が小さく何を喋ってるのか判らない、癖が強く口篭っていて何を言ってるのか全く聴き取れなくてイライラしてストレスになる

これでは、サプライズとしても訴求力アップとしても効力が発揮されませんよね?


このように、独りよがりなサプライズを設定して再アクセスを期待しても、その意図に反して空振りで終わってしまい動画にした意味もなくなり、全てが骨折り損のくたびれもうけで台無しになってしまいますから―

信頼性を誇示できる要素を高めるためにも、信憑性を増強させるように格調高く丁寧に作り込み、流暢な解説を音声に乗せて、パーソナリティの面において親密性を醸し出すことによって訴求性を高めることです。


セールスサイトにおけるウェブ動画は優位性の高いコンテンツであり、文章の代わりに活用するものとして―

V 信頼性を意識して、安心感を与えるべく如何にパーソナリティを演出することができるか!
V 解り易さを意識して、発信する情報を如何に歯切れ良く流暢に解説することができるか!
V 有効性を意識して、如何に流動的かつ合理的なシクミとして設定することができるか!

アクセスユーザーが求めてる事物のニーズにポイントをあわせ、動画を設定する意図と目的を明確にしてからセールスサイト全体の構成において、力をいれるべき項目を分別してセールス効果を発揮させることです。

「自分のビジネスをする」という意識?

勧誘目的のビジネスサイトの中には、『あなたは宣伝するだけ、誰でも簡単に儲かります』『専用のサイトを贈呈し、メールも本部対応で安心』『翌日からあなたの通帳に現金が毎回自動的に振り込まれます』

こんな謳い文句で商材を販売して、購入者にも販売させるという、二重によるセールス効果を狙った詐欺にも匹敵する似非マーケターもいましたが、このようなことが事実であれば、本当に大儲けも可能かもなんて―


期待してしまいそうになるかもしれませんが、如何なるプロモーションをどこでするのかとか、どのようなサポートが成されるのかとか、購入者に対しては如何ような利得がもたらされるのか、どこにも提示されてませんし―

誰にでもできて簡単に儲かる、その根拠についても説明も保証も一切されてないことから、こうした尤もらしい謳い文句は、単なる詭弁でしかないということを如実に読み解くことができるのですが、文面だけ見たら―

ビジネスに精通してない起業ビギナーの方なら、この策略に十中八九乗せられてしまうでしょうしね。


こうしたセールスサイトをインターネット上で見かけた際に、試しに参加されるのは自由にされて結構ですが、「他人にビジネスを委ねて気楽に儲けたい」と思って参加されるのであれば、その考え方だけは大間違い―

要するに、提供された同じ謳い文句のセールスサイトを使ってプロモーションを行うだけですが、そこでアクセスがあれば提供元に移動するといった仕組みになっており、購入者があれば連絡が来るといった具合で―

これは完全に『グレーな裏アフィリエイト』で、大儲けなんてできっこありませんから、警告しておきますね。


自分が稼いでいくためには『自分のビジネスとして取り組む』という信念を持ち、『儲かるしくみ』を設けたセールスサイトを構築してリピート客獲得に専念する、そうしないと多くの無駄を費やすことになるわけです。

執拗にお伝えしてますが、インターネットでのセールスで稼ぐためには、商品を購入してもらうためのシステムを構築し、付加価値による差別化がなされてなければ、思うほど容易く稼ぐことはできないようになってます。

例えば、競合他者と同じビジネスなりセールスを同じ土俵で行うとした場合、かなり優位な立場に立たなければ、理想とするアクセスユーザーを呼び込むことすら出来ない、ということは容易に推測できるでしょう。

V 【たくさんアクセスしてもらえるほどの興味を惹く内容の魅力的なセールスサイトであること】
V 【多くのセールスページを見てもらえるほどの魅力的な商品やコンテンツで充実していること】
V 【セールスサイト全体に成果が期待できる仕組みやシステムが組み込まれていること】
V 【商品の再現性や実用的な確証性について『規約』によって確実に保証されていること】

以上のことが適切に確立され、アクセスビジター(訪問客)、レジストラント(登録者)、バイヤー(購入者)など自分のカスタマー(顧客)として管理できなければ、期待する成果目標に結びつくなんてあり得ないのです。


セールスの上手い人に共通してることは、落とし穴を巧みに隠してコントラクトまで上手く誘い込んでるとういうこと、どのセールスサイトに対しても、必ず『規約』に目を通して確証性や適正さを確認し、適切に判断することが大事で―

ご自身がセールスサイトの責任オーナーとして「説明・説得・契約・配送・メールサポート」を手掛け、自身が信頼されてファンになってもらわない限り、期待する好結果に結びつくことはないということ、これを意に留めておきましょう!

コストとリスクを負うことは不可欠?

インターネットで「物品を売って儲ける」という通販ビジネスにおいて、全くコストをかけずに儲けるというわけにはいきませんし、捉え方次第ですが、良し悪しに関わらず、リスクを負うことも覚悟する必要があります。


@.『自身に投資する』というコストとリスク

『お金を投資する』といったワードについては多くの方が認知されてると思いますが、この『自身に投資をする』といったワードについて「聞いたことがある、知ってる」という方って、果たしてどれくらいおられるでしょうか?

正確に云えば自分の時間にお金をかけるということですが、要するに『日々時間を管理しながら行動することに機会費用を投入する』ことに対するリスクということ、これにはどんな意味が込められてるのでしょうか?


それは、「成果目標に向けてプランを立てた上で行動する」ということで、自身が信じて決めた達成すべく夢である目標に向けて、日々行動すべきことに大まかなスケジュールを組むこと、そこに発生するリスクで―

成果目標に向けて行動する課程において、その間に費やす時間や労力にかかるコストばかりでなく、プロセスにおける様々なコストが必ず発生しますから、出費ばかり嵩む非常に悩ましいリスクが圧し掛かるわけです。

これを乗り切るだけの資金と精神がなければ、個人起業によるビジネスを成功させることは不可能でしょう。


「オイオイ、なんだよ、そんなことだったのかよ〜」ってガックリされましたか?―ところで、内心はどうですか?
「そんな悠長なことをしてる暇も余裕もあるわけないだろ!」というのが本音なのではないでしょうか?

それというのも、多くの人の場合、未来(将来)の「目標」よりも、現在範囲での「目標」をもとに行動するのが普通ですし、結果がどうなるか不確実で不鮮明な目標に向けて毎日を削るような生活を送るよりも―

日常的に目の前にある確実に出来ることを目標に行動した方が遥かに合理的で有意義に感じるからです。



勿論、それはそれで全く構わないことなのですが、それって意義ある日々の時間を上手く調整できず、将来への計画性もないために何の生産性もなく、単調な暇つぶしの繰り返しをやるしかないことになるわけで―

「あのときに○○をやっとけば……」と、悔いの残る不満足な人生になってしまうのではないでしょうか?



起業における成果目標に向けて、行動する日々の時間をスケジュール化して、プランを立てて調整しながら有効に活用すれば、解決すべき大事な課題に対して集中力が発揮されて無駄な時間が削減されます。

そのため、日々の行動や作業の効率が格段と上がり、余った時間を思うように調整すれば、他にやるべきことにも余裕で行動できるようになりますから、達成感と満足感で充実した暮らしが送れることになります。


また、将来において成し遂げたい目標となる夢を意識して行動していれば、クリエイティブなことへの意欲が高まり、思いのほか生産性が向上し、日々の行動や作業によって達成した事物に対する自己満足と共に―

充足感からくる高揚感と優越感、自ずと自分に自信が付き、あらゆることに対しポジティブになってきます。


こうした感情を味わいながら充実した日々を過ごしていれば、将来的に目標としていた夢が達成できたときの感動は感慨深いものとなるでしょうし、毎日が充実して過ごせたことによる満足感もひとしおのものとなり―

「やれるだけのことはやった!」と、悔いの残らない幸福な人生が送れたと感じるのではないでしょうか?



考えてみれば当然のことですが、これは本当に効果的で、スケジュール通りに行動(作業)することによって、その殆どの成果目標を早く達成できるという、予測し得なかった大きなベネフィットがもたらされるわけで―

自己投資』といった概念は、ほぼ全てのビジネスオーナー(実業家)の方たちが実践されてることで、他人を当てにせず、他人に左右されず、自分の事物は自身でクリアする、といった『自力本願』の概念です。


過ぎ行く貴重な時間の中、単なる暇つぶしの行動だけで終始するのではなく、計画(スケジュール)に基づいた行動をとることで生産性を高め、ひとつの目標課題をクリアする度に達成感を味わい、満足感に浸り―

充実した日々を積み重ねてゆく、時間に対して「計画を立てる(スケジュール組む)といった自己投資をするだけで、将来において大きなベネフィット(利徳)が得られる、驚く程のみかえりがあるということです。


ビギナーズビジネスセミナー】でもお伝えしていますように、起業において『成功』という成果目標を達成するためにやるべきことは、自身の知識やスキルを補いながら、全体目標から目的毎にひとつずつ目標を決定してひとつずつ達成してゆく、その作業を目的毎に繰り返し行うということ、これが有効なやり方なのです。



A.『チャレンジする』ことへのコストとリスク

成功してるビジネスオーナー(事業家)の方というのは、結構多才で節度ある我がままなタイプが多く、自分が確信したビジネス(事業)なり仕事に対しては、パッション(情熱)をもって取り組む心構えを備えてますし―

考えたことを実行に移すだけのバイタリティ(活力)と独創性をも兼ね備えていて、時間や労力に要するコストを惜しみなくつぎ込み、如何なるリスクにも臆することなく果敢にチャレンジするほど半端ない度量もあり―

常に穏やかに毅然と対応するものの、時として大胆な言動で周りを圧倒させるような場合もありますね。


それらは、決して無鉄砲にやってるわけではなく、用意周到な下準備を整備した上で、その人なりの知識と経験から先読みしたプランやビジョン(構想・展望)に基づいてるからこそ成せる感情表現なわけで―

アクションを起こす上において、それが未知のものであれば、当然『失敗』という2文字がつきまといますが、ポジティブ思考の前向きな人であれば、そのようなリスクには微小たりとも物怖じすることはないのです。


世の中には、生涯をかけて自分の財産や命というリスクを背負って生きている無鉄砲な人もおられますが、例え逆境におかれたとしても、それを新たなチャレンジとして捉えられるかどうかが最大のカギとなります。

ご自身にも確固たる行動の動機付けとなるモチベーションによる、継続的に行うための学習意欲と向上心、どんな誘惑にも屈しない強靭な心があれば、苦しい時でも勇気を持って難なく乗り越えられるはずです。


常に客観的な目線で周辺を視察していますと、意外にも予期していなかったビジネスチャンスに出くわすもので、そこに何か閃くアイデアを付与することによって、新たなビジネスを発足させられる可能性もあるのです。

どのようなスタイルのビジネスであろうとも、いくらかのニッチな部分とリフォーム(改善)する余地が残されてるとなれば、その人オリジナル(独自)の新しいビジネススタイルとして参入する価値は充分にあるというわけです。

「自己投資」って必要なこと?

自己投資』というのは、自分に対しての投資ですから、自身が目指す夢の実現に向けて、知識やスキルの蓄積とか、これらのステップアップに必要なツールなど、これらのために投じる費用も自己投資であって―

こうした投資には惜しまない方ですが、貯蓄がないと時間的に結構厳しいものがあります。


自己投資ということについては、個人個人の思いや捉え方で構わないわけですが、私が個人的に思ってるのは、「自分で稼ぐための知識とスキルを蓄積して資産を蓄積すること」、このように捉えています。

私が起業に着手したのは不景気真只中のときで、周りには倒産する会社や閉業する店舗が相次ぎ、私もいつ失職の憂き目にあってもおかしくない状況にあって、常に危機感が付きまとっていた時期でしたから―


それを打開する唯一の方法は、誰に媚びることのないように、最低の状況下でも暮らしてゆけるだけの収入くらいは『自身の運と力量において掴み取れる環境を整備すること』、ということになろうかと思いますが―

それは、何も仕事に限ったことではなく、肝心なことは『自分で生きるスベを見出す』ということですね。


一度覚えたノウハウやスキル(技能力)というものは、自身の中にずっと残るものですから、翌日から全く収入が得らなくなったとしても、それらを活かすことさえできれば、何らかのカタチで再生することができます。

私が理想としてるビジネスモデルは、『自分が得意とする分野におけるひとつのスキルから、オリジナル製品を創作してブランド化し、それを拡散して継続的に収入が得られるようにする』というもので、そのためには―

創作物にウリとなる独自の強みを加味して「ニーズに沿ったトレンドを自ら起こす必要がある」と考えてます。


オンラインでビジネスを手掛けるとなれば、インターネットならではのメリットはたくさんありますが、同等かそれ以上のデメリットもありますし、非常に速いピッチで様変わりするビジネス関連の新しい情報においては―

常にアンテナをはりまぐらしてリサーチを行い、そうした情報の流れに飲み込まれないように、善し悪しを見極めながら自分自身をシッカリと見つめ直し、確固たる信念を持って目指してる成果目標である夢に向かって―

その夢の実現に必要な知識やスキルをレベルアップさせるためにも、「自己投資」というものに対して真摯に向き合い、自身にとって必要となるものには、惜しむことなく費用を投じていただきたいと思うしだいです。


私の場合、ビジネススキルもクリエイティブスキルもかなり未熟ですから、常に自分への投資を行っています。

勿論、全てにおいて自己責任であることは承知していますから、全く役に立たないようなノウハウを購入したとしても、それもまたある意味勉強だと捉え、後々自分への投資として役立てることができると考えています。

「自己投資」は財産になる?

* 高校や大学、専門の職人なり学校などで、得意分野における学習をする―
* 講習や実習を受講してスキルを身につけ、目指す道の資格などを取得する―
* 夢を実現させるための目標を掲げ、それに向かって日々精進しながら邁進する―
* 専門分野において、知識とスキルを常に磨き続けてその道のプロフェショナルになる―

これらはすべて『自己投資』という概念の上で成り立つものであり、自身が終焉を迎えるまでの存続し得るために極めて大事な「時間」に「お金」を投資してるわけで、やはり、お金あっての投資ですから―

自分を成長させるべく「スキルアップをすることに対して投資をする」といった考え方がとても重要だということ、なぜなら、一度身に付けたスキルは誰にも奪われることのない『財産・財源』という宝物になるからです。

オンラインビジネスのスキルにおいても全く同じなわけですから、そのポイントについて考察してみましょうかね。

* 訴求性の高いセールスレターを書く文章力であるセンテンスライティングのスキル―
* 質の高いアクセスやトラフィックを誘導して流し込むオンラインマーケティングのスキル―
* 検索エンジンでのトップポジションを可能にするメイキングテクニックのスキル―
* ウェブ特有の専門ソースやプログラムコードなどを打ち込むプログラミングのスキル―
* ウェブデザイン・グラフィック・アニメーション・動画などを創作するクリエイティブなスキル―

細かく挙げればキリがありませんが、これら全てがインターネットで収入を得るために、目には見えない多くの時間と計算し難い額の費用をかけて学んで身につけるスキルで、一旦自分のものにしてしまえば―

それが自身の財産として後々ずっと使い続けることのできる、何物にも変えがたいお宝となるわけです。



>> それぞれのリターンには計り知れないものがある!?

起業初心者がインターネットにおいて100万円儲けたからと、その後何もしなくても勝手に売れて儲かるだろうと、素人特有の感覚で勘違いして有頂天になり、遊びで派手に使ってしまう方もおられるかと想いますが―

稼いだお金を無駄使いする、これは本当に愚の骨頂の大間違いで、その後のビジネス継続のためのスキル向上と販売の促進を目指して顧客獲得に、稼いだお金を更に自分に投資することが大事なポイントで―

そうした投資を繰り返すことで長期的な運営体制を維持することに努める、それが真の事業家なワケです。


このように、他の人たちが気付けてないようなことに気付くこと、そして、他の人たちが面倒でやりそうにないようなことを自身がやる、そうすることによって、期待して余るほどの収入を得ることができるようになるわけで―

こうした特例ができてしまえば、それを基盤としてらゆるビジネスシーンでの応用に活かせるようになります。


もし仮に、財産の全てを失ったとしても、自己投資して学んだスキルは不変の知識(資産)として残っていますから、ブラッシュアップして同じように展開することで、以前と同様に収入を得ることも充分に期待できます。

『自己投資』というワードは非常に大事な考え方で、突き詰めれば統括した自身の財源となる資産であり、決して無駄になるものではありませんし、自己投資した分だけ必ず自身にはね還ってくるものなのです!

ドメインの必要性と利便性!?

ここで、ウェブサイトの運営には欠かせないドメインについて少しだけ解説をしておこうと思います。

因みにこのウェブサイトは【http://www.7676space.com】で、『7676space』がドメイン部分になります。

名前にかけて「広々としたスペース(空間)」という意味を持たせようと、このようなドメイン名にしました。

独自ドメインは必要でしょうか?」と問われると―
インターネットでビジネスを展開する上においては「必要である」とお答えします。


インターネットにおいて、世界にたった一つのオリジナルドメインを持つということは、『ステータスシンボル』として信頼感アップに役立ちますし、ビジネスサイトにおいては、『ブランディング』の商標的役割を担います。

何よりも『安心感、親切感』を与える親しみ易さであるとか、目立ち易いサイト名にするのが得策でしょう。



それともう一つ重要なことは、ドメインを持つことでレンタルサーバーやマイサーバー等において、CGIやCSSを使用する環境下で利用する際、特に商用サイトには絶大なツールとしての威力が発揮できます。

『掲示板・ブログ・ショッピングカート・メールフォーム・メルマガ配信・アクセス解析・データベース』などといった商用サイトには、必要で魅力的なアプリケーションソフトを利用することが容易に可能となるのです。

つまり、付加価値の高い卓越した『儲かる仕組み』を構築することができるというわけです!


プロバイダ本来の役目と云いますか、主な業務体系はインターネットへの接続サービスですから、プロバイダがプロバイド(提供)する無料サーバーのサービスではどうしても限界があります。

また、その他サーバーの無料サービスは、当然それよりも出来ることが限定されてしまいます。

しかも、無料サーバーの場合、無関係なウェブサイトの宣伝バナーを強制的に貼られるなどして、決して良い傾向とは云い難いですから、無料のレンタルサーバーを使われるのはあまり得策とは云えないでしょう。

それでも、「むしろその方がウェブサイトらしくて好いだ」と言われるのなら、別に強制するつもりはありませんし、高度なアクセス解析など必要のない、商用を前提としないサイトは無料サーバーでも構わないでしょう。

あなたのサイトの趣向次第で一概には云えませんが、サイト内容の充実度が大きくなればなるほど、商用に向かえば向かうほど、効率よくこなす意味でも、『CGIやCSSプログラム』などの必要性が生じてきます。


ドメイン取得に経費は避けられません。

このドメイン取得の年間費用ですが、私が利用している『 Value-Domain バリュードメイン)』の場合、年間費がかなりロープライスでリーズナブルです。

また、このバリュードメインでは『CoreServer(コアサーバー)』という、『XOOPS(ズープス)』や『WordPress(ワードプレス)』を標準装備したサーバーのサービスも提供されています。

この他にも『XServer(エックスサーバー)』といった、無料のサーバーも多くの人が利用されています。


なぜこのようなサーバーをお奨めするのかと云いますと、「HTML」と「CGI」を合体させたような『PHPファイル』というウェブページが使用できるからです。

高い信頼とアクセス、売上向上に寄与することを思えば、必要経費としては「タダ同然」のように思いますし、また、「この経費をケチっていたんでは、儲かるサイトなど到底作れないだろう」とも思います。

とは云っても、あなたのサイトの状況を考慮して、焦って取得する必要もないでから、ウェブサイトのデザインやビジネスの構想が固まってからでも全く構わないでしょう。

ただ、あなたが既にオンラインビジネスを展開する運営臨戦状況に至っている場合は、独自ドメインを早めに取得されることをお奨めします。

ドメインについての気になるQ&A

Q ドメインを取得するメリットって何?
プロバイダー大手に限らず、企業や組織などは立派なドメインを取得し、ウェブサイト(ホームページ)を公開していることはご存知だと思いますが、個人でも容易に取得することが可能で、いわばあなただけが持てる独自ドメインとして、あなた専用のサイトアドレスとなり、「サイトの格付け」にもなります。

個人で取得すれば、ホームページのURLであるサイトアドレスは―
【http://www.(プロバイダー名).ne.jp/***】から【http://www.***.com/】と短くなり、覚え易いドメイン名なら親しみ易くなりますし、何より「自分のサイト」という位置づけが愉しいではないですか。

プロバイダーやレンタルサーバーなどを移転した場合でも、ドメインはそのまま使うことができます。

Qドメインを取得するのって簡単?
ドメインの申請手続きに関する扱いはアメリカの企業が請け負っていますが、日本国内で代行しているホスティング会社などがドメイン取得の申請手続きをしているので心配はいりません。

また、ドメイン管理料もホスティング会社が代わりに支払うシステムになっていますから、ドメインを取ろうと思ったときあなたがすべきことは、ホスティング会社を探すだけです。

ドメインの取得だけを考えるのでしたら、検索エンジンで「ドメイン,登録」といったキーワードで探せば、沢山の登録代行業者のサイトがありますから、あなたの思うところで申請すれば好いだけです。

Qドメインを取得するタイミングって?
同じようなドメイン名を思い付く人が多いと思いますので、早いもの勝ちになってしまいますから、思い立ったら吉日で、早めに取得するのが良策ですが、あなたが申請したいドメイン名が既に登録済みである可能性もありますから、その場合は、違うドメイン名を考える必要があります。

もし、違うドメインにするのに抵抗があれば、ナンバーやハイフン(-)などを加えるなど一工夫して取得することはできますし、サイトが未完成の場合、一定期間なら登録だけでも大丈夫です。

Qドメイン名はどんなのが理想?
あなたの好みで選ばれれば結構だと思いますが、個人ということで考えれば、「.com」「.net」が多く一般的ですし、管理料も安いですから、個人的には、『.com』『.net』あたりがおすすめです。

日本の企業などは、『.jp』『.ne.jp』『.org』などのドメインが多く使われてます。

『(日本語).jp』といったものもありますが、アクセスや機能性面の都合上、URLは半角英数字というオンラインにおけるウェブ上の決まりがありますし、信用度の面からもあまりおすすめできませんね。

■ オススメのドメイン・レンタルサーバーVALUE-DOMAIN.COM(バリュードメイン)

【ドメイン登録代行+無料メール転送+自由に設定可能な無料ネームサーバー+無料ダイナミックDNS+無料URL転送+無料・有料サーバー】を提供
一般向けサーバーとしてもマイサーバー向けとしても対応できるドメイン総合サービスを行ってるサイトです。

VALUE-DOMAIN

■ こちらは、DynamicDNSサービスサイトを利用するためのクライアントツールを提供してるDiCEサイトです。

DiCE DynamicDNS Client

NEXT

儲ける仕組み
儲ける仕組みの概要
起業に不可欠な要素
販売促進の重要ポイント
リピート有効化システム
Mail自動配信システム
アクセスアップツール
AIDAMの法則
仕組みへのプロセス
目標達成へのシナリオ
/ 儲ける仕組み / SEO.SEM必修ノウハウ / 詐欺ビジネス / 独立個人起業セミナー / ウェブデザイン速習法 /
/ HOME / プロフィール / 特定商取引法に基づく表記 / お問い合わせ / サイトマップ / 上まで戻る
● あなたにお役立て頂ければ幸いです― ライセンスビジネス Space Make Main Office