オンライン起業・儲かる仕組み・会員制システム・アーティクルヴァイラルマーケティング
Space Make
独立個人起業初心者が知っ得儲かる仕組み



| HOME || サイトマップ |
独立個人販売起業初心者のウェブサイトを収益体質に変える『儲かる仕組み』は、トラフィックを最大化する「理想客引込み自動拡散販売システム』を導入したマーケティングを駆使するプロモーション全般―
☆ 販売促進のキーポイント

オンラインで稼ぐために大事なもの!?

オンラインビジネスで稼ぐために絶対的に大事なもの?』って一体何なのか、ここで堅苦しい精神論を語るつもりはないのですが、絶対的に大事なものとは「マインド」による志向性、いわゆる『心構え』なるもので―

マインドとは、個人の思考(考え方)をさし、『気持ちのあり方』とか『心の持ち様』といった意味合いですね。


マインドで儲けるなんてできるわけがない、それは稼がせることのできないマーケターの言い訳に過ぎない」アフィリエイトリンクをクリックさせるために、こんな文面を載せたスパムメールが送られてきてたのですが―

こんなお門違いなことを騙ってる、こういった考え方がこの人のマインド(思考)だと気付いてないわけで、そもそも『マインド』というワードについて適切かつ適正に理解しているのか、まったくもって呆れてしまいましたね。


あたかも自分の考えや発言が正しいかのように思い込ませて、相手の思考を自分の意図する方向に歪曲させて、自分の意図する通りに行動させる、このことを一般的に『マインド・コントロール』なんて言いますが―

その『マインド・コントール』によって自分の思う壺に嵌めて、意図する行動を起こさせてしまうというわけで、これをビジネスサイトに適応させるべく打ち出されたのが『ライティング・テクニック』といったワードです。

誇大表現』『虚偽情報』『煽り文句等々、何でもありがまかり通っていた時代、どんな商品であろうとも売れるようにさえ書けばバカ売れの大儲けができる、なんとも痛ましい限りのノウハウではないでしょうか。


そもそも見ず知らずの他人に対して、無条件で「儲けさせてあげる」なんて、そんな奇特なマーケターが果たして本当にいるのかという話で、そんな甘言を真に受けて見ず知らずの他人に「儲けさせてもらおう」なんて―

これはこれで、これほどムシのよすぎる話はなく、これら全てが『マインド』と直結していて、こうした短絡的で安易なマインドでビジネスに着手すれば、それこそ無意味な時間を費やし、無駄な出費が嵩むばかりで―

目的意識のない人とか新たな目標がない人や決められないような人の場合は、路頭に迷って彷徨うか諦めるしかないということになってしまい、何一つ実りのない結果に終わってしまうのです。


本気でビジネスを手掛けるというのであれば、達成したい願望という成果目標を定め、絶対に成し遂げるという信念、成功するまでやり続ける情熱、その成果目標に到達するまでモチベーションを維持し続ける―

覚悟を決めて決断する揺るぎない強固な意思、これらが『マインド』にあてられることは理解できるでしょう。


とは云え、自分が達成したい事物に向かって強靭なマインドで臨もうとも、それだけで順調に達成するなんてあり得ませんから、信念を貫き通す強固なマインドと共に、『やるべきことを明確に決めてから行動する』―

モチベーションを維持し続ける上で最大のカギとなるのは、自身は何のためにお金儲けがしたいのか、この目的意識があるかということ、このマインドの有無によって、ビジネスの方向性にも影響してきますから―

例えば、どういったものを商品として取り扱うのか、自身が創作開発したものを販売するのか、仕入れたものを販売するのか、セールスはどのような体制で臨むのか、これらに大きく関わってくるというわけです。


そして、それらに対するプランシート(シナリオ)を作成した上で、強固な信念をもって願望や夢といった達成したい成果目標に向かって挑み続けることだけに専念し、前向きな思考で着々と突き進んでゆくということ―

人が意図するアクションを起こす際は、自身の中で組みあがってるシナリオ(筋書き)に沿って、感情を無意識にコントロールしつつ、アクションの方向性を判断しながら目的なり目標をクリアしてるということですから―

ビジネス(事業・商売)において、こうしたマインド(考え方)は、オンラインでもオフラインでも同じ摂理ですね!


現実問題として、インターネットで収入を得るために最もパワフルな効果をもたらすものは、「エモーショナルなセンテンスによる訴求力のある文章構成」ですから、感情に訴えかけるエモーショナル・センテンスにおいて―

商品全てに『問いかけ方式』を取り入れて構成することがポイントとなり、それによって訴求効果を発揮させて期待度を高めるようにして、解決策を提案するところで商品の優位な機能性、利便性、必要性など―

これらの理由について詳細に解説して購買意欲を高めるようにすれば、成約に結びつけ易くなるわけです。


エモーショナルなセンテンスというワードですが、感情に訴えかける文法ということで、自身や身内の不幸話とか苦労した話など、同情を買うような話を盛り込んで成約に結び付けようとするマーケターがいましたが―

エモーショナル』というワードは、ただ巧妙な文章を凝らしてアクセスビジター(訪問客)をまるめ込むといったような訝しい文章を定義したものではなく、商品の必要性などを説く際に効果を発揮させるための技法で―

例えば、理想客層に商品の優位性や利便性を説いて、関心を持たせるとか興味を惹く、必要性を感じさせるようにするとか、商品を活用することによってもたらされる利得性とか、その理由について説くことも含めて―

センテンス・スキル(文章をまとめる技能力)』を駆使して感情に訴えかけるというのが本筋なのです。


基本的に物品販売を基準にお伝えしていますが、ライティング・スキルによる『エモーショナルなセンテンス』で説く訴求力のある文法テクニックは、販売促進に役立つ重要なセールス・スキルであると云われており―

ある重要な要素によって、広告を打ち出す前の段階から「売上げが期待できるかどうかが半分以上決まる」と云われてますが、その「ある重要な要素」というのは一体何なのか、それは、販売する商品にかかわる―

ミッション(目的)とビジョン(構想)に裏付けされた、確固たる『コンセプト(概念)』と『ポリシー(方針)』です。


コンセプト』としては、『商品の機能性や利便性を要約した内訳』『その商品でなければならない理由』を提示し、他の商品と比較しての優位ポイントを説き、形態や切り口を変えて差別化したオファーを促し―

確固たる『信念』のもとに付加価値サービスを『ポリシー』として掲げるといった具合に、セールスサイトにおけるコンセプトポリシーといったものを強く意識することで、各ページ構成からセールス体制や方向性―

プロモーションに及ぶまで、システム全般が定義づけられ、揺るぎない継続運営の基礎が築けるわけです。

理想的な販売サイトと理想的な客層?

理想的な客層」といった捉え方は、商品を販売する事業者側の立場から見た場合のワードですが、購入する消費者側の立場から見た場合は、「理想的な販売サイト(ウェブショップ)」といった捉え方になります。

マーケティングやプロモーションを行う上で重要なことは、視点を既成概念的に一方向だけから捉えるのではなく、常に逆方向からも捉えてみることによって、本質的な部分を浮き彫りに(表面化)してみること―

ということで、一体どういった客層の人たちが「理想的な客層」なのか、「理想的な販売サイト」のスタイル(形態)を明確に形成すれば、その理想的な客層が導き出せますから、考察してみましょう。


まず、販売サイト(ECショップ)というからには、インターネットで商品が売れないことには話にならないわけですから、商品を売れるようにするためには、理想客とする消費者のニーズに沿った商品を選定することとか―

「儲かる仕組み」といったシステムの構築とか、自動化ツールの導入なども否応なく必要になってきます。


ビジュアル的に見た目もよく、便利なショッピングカートなどもあって、総合的にしっかり作りこまれて実に素晴らしいセールスサイトに仕上げたとしても、単にそれだけで「商品を買おう」という気にはならないでしょうし―

惚れぼれするような店構え(セールスサイト)でも、店内での商品なりサービスが他のショップよりも劣っていたり同じ程度の内容でオリジナリティ(独創性)も差別化も打ち出してなく、付加価値要素なんて微塵もない―

知名度のない個人のショップがこれだと、安定した収入どころか、継続的かつ順調な運営を望んだところで、ほぼ絶望的だろうと思いますが、いかがでしょうか?


また、デザインのレイアウトや機能性、優位的商品価値や利便性などに重点をおいてはいるものの、客層に対して、理屈詰めで売り込むようなゴリ押し販売をした上、サポートなどのサービス面はおろそかにしてる―

このように顧客満足度といったものを全く意識してなければ考慮すらしてないような、最悪な販売体制では、どんなに素晴らしい商品を取り揃えていても、全くと言ってもいいほど売上げに結びつくことはないでしょう。

要するに、店の装飾(ビジュアル)がいくらよくても、商品なりサービスにおいて何か不手際なことがあって、総合して訪問客に満足してもらえなければ、売上げアップにも販売促進にも結びつくことはないということですね。


また、例えば、お客が気になったショップに偶々立ち寄ったら、欲しかった商品が偶々あったから購入した―

「お客の欲しかった商品が偶々あったから偶々売れた」といったようなショップは、注意しなければなりません。

「買いたい物が偶々あって、偶々買ってもらえるショップのどこが悪いんだ!」って憤慨されそうですが、あなたも同じように憤慨するような人なら、オンラインのビジネスでは間違いなく短期間で破綻してしまうでしょう。


「偶々でも買ってもらえるなら、それはそれでありなんじゃないの?」と、疑問に思われる方もおられるかもしれませんが、ただ、そのようなショップの場合、継続運営のできる繁盛店になることは期待できないからで―

何か手立を打てば持ちこたえることができるかもしれませんが、何の手立も打たないまま売り続けていれば、世の変動と共に徐々に廃れていってしまい、やがてやむをえずショップ(セールスサイト)の閉鎖を余儀なくされ

その結果、破綻といった悔やんでも悔やみきれない事態に追い込まれてしまう危険性が高いわけです。



たくさんあるショップ(販売サイト)の様々な商品やサービスを検討しながら徘徊している人が偶々入店してきてショップ内を見回っているうちに充実した店内が気に入り、そこで売られている商品がつい欲しくなってくる―

個人運営の場合、継続して買いたいと思えるほどハイクオリティな商品を揃えるというのは殆ど不可能なことですから、継続して購入してもらえるリピート購入なんて、ほぼあり得るわけがない、そう思いませんか?


収益アップを望む場合、繁盛店になって継続できる運営体制『儲かるシクミ』を構築する必要がありますし、いかに購買意欲を高めて継続買いして貰えるようにするか― これが最大のポイントになってきます。

そこで、「理想的な客層」というものも自ずと解ってくるかと思いますが、以下のことを想像してみてください。

自らショップに訪れてくれて、ワクワクしながらリピート購入して新規客まで紹介してもらえるようなショップ―
気になる商品が他のショップより安かったから買ってみただけで、継続買いする要素がないようなショップ―

セールスサイトを手掛けるビジネスオーナーとって、どちらが理想のショップサイトか、一目瞭然ですよね?

オンラインビジネスで大事なことは、オフラインによるリアルビジネスをベースにして、絡めて応用することです。


アクセスしていきなり継続買いされるようなショップとはいかないまでも、何度かアクセスしてる内に興味が湧いて、必要性を感じて購買意欲が高まり、自ずと継続買いしなければならなくなる、これならどうでしょうか?

勿論、関連する商品の量を充分に確保するとか、そのためのシステム構築をするなど、リピーターを確保するための努力をする必要はありますが、本来なら、これが理想的なショップサイトではないでしょうか?


単に商品を売るだけのショップサイトを作ることは簡単ですが、顧客の欲求を満たし、納得した上でリピーターになってもらう、信用と満足が得られるサイト作りというのは、一朝一夕にできるほど簡単ではないでしょう。

しかし、確固たる目的意識を持って計画立てて遂行すれば、継続的に安定した収益を確保することができる『儲かる仕組み』のひとつ、会員制サイトを構築することによって、それを実現させることができのです。

ただ、顧客満足度を満たすハイクオリティな品揃えが重要だということだけは認識しておく必要はあるでしょう。

カスタマーのリピーター育成?!

オンラインビジネスで稼ぐために最も頭をもたげるのは、アクセスユーザーを顧客として獲得することもそうですが、その後に再度購入してくれる『リピーター客になってもらう』ことで、それにはウェブシステムのひとつ―

会員として登録してもらう『メンバーシップ(会員制)システム』を導入することが最善策とされています。


理想とするショップに理想的なお客が集まってきて、そこで商品を購入してもらい満足してもらうわけですが、「購入されて満足してもらったら終わり」というだけでは、オンラインショップの経営は成り立ちません。

ですから、リピーターへと繋げるべく顧客ひとりひとりの個別ページとサポートをするためのページを設け、徹底したフォローとサポートによって満足度をより高める、その作業が肝心要の最大のカギとなります。


販売サイトへアクセスしてきたビジターに対して、メールアドレスを登録してもらうアクションを促すページ構成が重要なことは周知の通りで、販売サイトの提供する商品とサービスにおいて独自の付加価値を付け加え―

『1000人ものアクセスがあったのに登録者なし』より『100人しかアクセスがなかったけど100人とも登録した』といった具合に、後々スムーズに展開できる販売サイトの構成とシステムを構築するように心がけて―

『ビジネスに参加したい』『商品を購入したい』といった具合に、スムーズに会員登録をしてもらえるように訪問客の心をガッチリ捕らえるべく、付加価値度の高い独自のサービスを考案して寄与することです。


顧客をリピーターとして育成する際に、『信頼してもらってる』という勘違いをして「○○してください」といったように、お願いごとのようなことをしても行動なんてしてもらえませんから、そんなお願いごとをしなくても―

営業をして理想見込み客まで連れてきてくれる、そんなリピーターとして『行動してもらうべく体制とシクミ』を組み込むこと、これが「理想的な客層」を取り込んだ後の『リピーター育成の理想体系』となります。

オンライン販売における薄利多売は!?

不景気な時代にあっても『100円ショップ』なるものが一大センセーションを巻き起こし、そのシェアを瞬く間に拡大し、現在ではそのシェアを全世界へと拡散し、グローバルな展開にまで至ってるスゴイ状況ですね?

大手スーパーなりホームセンターなどが挙って『100円ショップ』による集客力を当て込み、積極的に誘致を行ったことはあまりにも有名な話で、薄利多売のスタイルとしては、この『100円ショップ』が典型例でしょう。


殆どの人が認知されてるとは想いますが、この『薄利多売』という販売方法は、文字通り「廉価で利益率の低い商品を大量に売り捌くことによって利益を確保する」といったせわしないセールススタイルで―

販売価格が安く利益率が低い商品を売らなければならないのであれば、大量に売り捌かなければ利益を捻出できないわけですから、経営を維持してゆこうと思えば相当の苦労を強いられるのは目に見えてます。


大手企業のように、仕入れから販売までスケール的に優位性があれば、収益面において『薄利多売』でも利益が見込めますが、それを個人の起業ビギナーが行なった場合、資金や知識などの不足もあって―

まず初期段階で実現不可能ですし、オンラインビジネスにおいても、個人が薄利多売で成功したという例はなく、量による販売から配送処理、商品管理まで一連の作業における時間や労力のコストを考慮すると―

忙しい割には儲からないという悪循環に陥り、起業ビギナーの方にとっては半端ないリスクとなるでしょう。


そうなれば、収益面における期待はおろか継続的な運営なんて到底できようはずもなく、短期間で破綻してしまう意図としてない結果に終わってしまい、どう考えても無理なセールススタイルと言わざるをえませんね。

個人起業において、収益を得るべく販売力強化と云えば、増量販売を継続的に行う「短期戦略」による運営で、そのためには、サイトを自動化するとか外部委託(アウトソーシング)によってカバーするなどして―

円滑的かつ効率的に作業ができるように、環境を整備することが賢明な最善策ということになるでしょう。


また、対応サービスの考える時間、新たな顧客獲得すべく作戦を練る時間、作業する全ての時間を有効に活用するべく、適切なスケジュールを組むことによって『時間を管理する』ことが重要なポイントになります。

個人がオンライン起業において、小さな成功もしないまま終わってしまうか、大きな成功を手にし続けるかは、作業枠に「アイディアや工夫」を練りだす時間を充当に割り当てできるかどうか、これがカギとなります。

高額でも売れる商品とは!?

巷には景気不景気に関係なく、高額であっても売れる商品というのはたくさんありますし、また、高額ゆえに売れない商品というのも当然のようにたくさんありますが、この違いについてどう捉えておられるでしょうか?

「商品に魅力があれば高額でも売れるだろうし、魅力がなければ売れないだけのこと」でしょうか?

また、「高額で売れなければ低額にすれば売れるのではないか」、 そういったことでもないのですよ、これが


確かに高額で売れない商品の場合は、そういったような理由も考えられないこともありませんが、低額にしても全く売れない商品というのは、商品自体に魅力的な要素が欠けてるから、といったような理由よりも―

このような場合は、マーケットのトレンドやニーズを的確に捉え、商品の優位性や利便性を的確に見極め、売るターゲット客層を的確に絞り込み、それ相応のセールスコンセプトを打ち出してオファーする―

そうやって、反応が得られ易くなるように説けば、どんな商品でも魅力的にしてしまうわけです。


要するに、裏を返せば販売者側の創意工夫能力に問題があるわけで、メリットのある独自のサービスを打ち出してオファーするのは勿論のこと、トレンドやニーズに沿ったアレンジを付け加えて付加価値を高め―

徹底した差別化を施した上で、画像と共にその商品の優位性と利便性を説き、使用例を挙げて必要性を説いて、他では得られないようなスペシャルサービスを打ち出すなどして売り出せば何ら問題ないわけです。



では、『高額でも売れる商品』というものについて詳しく考察してみましょう。

マーケティング(販促プロセス)を行う際の施策として、「機会価格・個人価格・時季価格・地域価格」といった4つそれぞれの価格設定をする際においては、これらに適合した攻略方法から打ち出す必要があります。

「機会価格」=キャンペーンなどのような折節の様々な絶好のチャンス(機会)がある度に変動する価格
「個人価格」=個人個人で好きなように設定できることから、諸事情など都合によって変動できる価格
「時季価格」=季節ごととかあるひとつのシーズン、或いは期間などのタイミングによって変動される価格
「地域価格」=都道府県や市区町村といった、その場所場所によって変動する、できる、される価格

この4つの価格項目の中で、高額な商品でも売れるという条件に合致して対応できるのが「個人価格」というもので、事実上売れ筋の高額商品とされるものは、次の条件を満たしていることが前提となります。

1.ブランドとして付加価値と認知度があって、限定品で一定の評価がなされているもの
2.独創的な形態をしてプレミア的なもので、実際に価値があると認証認定されているもの
3.素材(内容)にこだわった珍しく稀なもので、希少性価値があると確証確定されているもの


日用品や生活必需品など日常的に必要な商品であっても、数量や種類がたくさんあるようなものについては、一円でも安価なものを探して底値買いを目指して物色するという習性な感情を持ち合わせています。

本来は、需要と供給の比率による相場価格に、製造から事務処理や人員に至るまでにかかる諸経費から割り出して販売価格を決めるわけですが、個人における消費志向は常に成熟化・多様化しています。


一般的な個人における購入の判断基準は、満足度や欲求度の割合から価格に転化して考えるのですが、コレクションとして求める傾向の人もいて、クオリティや付加価値に加えて唯一無二で希少性の高いもの―

他とは異なってプレミアの付いたもの、その人にとって欲求度が高く絶対的に入手したい現物などがあれば、価格が高い廉いといった問題ではなく、自分のものにしたいという欲求からくる『独占欲思考』があります。


このような人の場合は、長年探し求めていた希少性の高いものとか、優越感を満たしてくれるものなどには欲求度が高くなり、衝動的感情に駆られて「無条件で買ってしまう」といった普遍的な慣習があります。

その商品が通常では手が出せないような高額な商品であったとしても、絶対に入手しようと、執拗に値切り交渉をしてまで購入しようとする人や、ローンを組んで借金をしてまで購入しようとする人さえいます。


こうした感情は、幼少期に強く刻まれ積み重ねられた記憶から、成熟年齢における懐古の情によってもたらされる場合が多分にあり、ビジネスにおいては、こういった傾向に目を向けることも絶好のカギとなります。

理想的なセールスサイトの条件!?

@. ユーザビリティの重要性

ユーザビリティ(Usability)』というのは、利用者から見たウェブサイトの操作性「使い勝手や利用のし易さ」を意味するワードで、商用サイトの増加に伴い、このユーザビリティなるものが非常に重要視されています。

よく『ユーザビリティ』と『ユーティリティ』を混同されてる方もおられるみたいで、『ユーティリティ』というのは、プログラムの作成に有用な各種ソフトウェアなど、『コンピュータ利用で役に立つもの』を指して云います。



自身のセールスサイトが星の数ほども混在するセールスサイトの中にあって、ユーザーから衆目されて多くのトラフィック(通流)をスムーズにするためには、ユーザビリティを最適化することが極めて重要になりますが―

ウェブサイトにおけるユーザビリティは定義が広いため、セールスサイトだけの観点から理想的なウェブページとはどういったものなのか、『ウェブ・ユーザビリティ』なるものに焦点を当てて考察してみようと思います。


多くのユーザーに支持されてるセールスサイトだからといって、必ずしもユーザビリティが配慮されてるとは限りませんし、ユーザビリティが低いセールスサイトでも理想客層に評価されてる事例はたくさんありますが―

ユーザビリティが施されたセールスサイトにすれば『売上げアップが期待できる』と解釈するのは早計で、「キレイだけど使い難いサイトだ」とか、「分かり易くまとまってるけど味気ないサイト」ではダメですよね?

あくまでも、ユーザビリティとアクセシビリティを兼ねたバランスが重要となります。


こういったウェブサイトを魅力的と感じる度合いの概念を『ライカビリティ(Likability)』と云います。

このライカビリティが悪いと、継続的な販売運営に支障をきたしますから、早急の改善が望まれます。

ユーザビリティの高いウェブサイトの条件をいくつかあげてみますと―
 ◎ ウェブページのカラーリングなり、レイアウト構造などのデザインが統一されている
 ◎ せールスサイト全体のページやコンテンツの状況がわかり易いように設定されている
 ◎ セールスサイト内のどのカテゴリーページへもスンナリと移動できるようにリンク設定されている
 ◎ ソースタグを極力少なめに調整されていて、グラフィックスも表示され易いように調整されている
 ◎ 販売サイトのコンセプトやポリシー等を明確にして、目的と目標とビジョンがシッカリと確立されている

とかく上記の項目を意識した「理想のユーザー層を絞り込んだウェブサイト」は注視されており、アクセスユーザーに親切で優しく見易くて読み易いセールスサイトになってるか、必ずチェックするようにしましょう。

ターゲット(対象)客層のニーズに応える応対力も大事ですし、ユーザーのためにちょっとした工夫をすることによって便利になったり分かり易くなったりしますので、アクセシビリティについても考察してみましょう。


A. アクセシビリティの重要性

ユーザビリティの場合は、一般ユーザー全般から見て「ウェブサイト全体の構成において扱い易いかどうか」といった操作性がポイントとなっており、サイトの目的や用途によって「扱い易さ」も相対的に変ってきます。

一方『アクセシビリティ(Accessibility)』は、ユーザビリティの一要素ですが、その意味合いは多少異なり、利用するユーザーから見て「表示し易いか・分かり易いか・見易いか」といった軽量性がポイントになります。

注文」という点から、商品によって「テキスト中心のものと、画像中心のものとではどちらが扱い易いか?」ということで、ユーザビリティの検証基準として判断することになります。



アクセシビリティの場合、根本に「誰もがスムーズに利用できる環境を提供する」という考え方があります。

高齢者・障害者、日本語が理解できない人、耳や目や手足が不自由な人に対して配慮され、どんな環境下の人が訪れても戸惑うことなく扱うことできるウェブサイトとしてデザイン(構成)されています。

ユーザビリティの「相対的」な評価になるのに対し、アクセシビリティは「絶対的」な評価に近くなります。

アクセシビリティにおける具体的な好策例を挙げてみますと―
★ 機種依存文字といった特殊な文字や記号の類の使用は避ける
★ 解説が必要な画像には「ALT属性」で適切な解説文を付記する
★ 情報は文字画像を使用しないでテキストメインで伝えるようにする
★ フレーム(領域枠)は必要最小限に留めるか極力使わないようにする
★ 新な技術表示や特殊表示には代替ページを用意する配慮が必要

ウェブサイトの構築においては、『アクセシビリティ』と『ユーザビリティ』のどちらも大切な要素ですが―

ビジネスの観点から考察した場合は、『ユーザビリティ』の方をより一層高めることによって、優良理想客層のアクセスとか、商品の売上げ増加につなげることを優先的に考慮すべきではないかと考えます。


アクセシビリティの高いウェブサイトといえば、公共機関等のウェブサイトをご覧になればお解り頂けますが、そうしたウェブページは、本当に高齢者や障害者に優しいウェブデザインが施されています。

ということは、「健常者には殊更分かり易く操作し易いウェブサイト」ということになりますね。


信憑性や有効性、優位性などを巧みに誇示するだけで、ユーザビリティアクセシビリティなどお構いなしといったセールスサイトをみかけますが、可笑しなテクニックばかり凝らすのもほどほどにしてほしいものです。

リンクポピュラリティの向上を図る

リンクポピュラリティとは何か、SEOの用語解説によりますと、『PageRank、WiseRankに代表される有益なリンクの多いサイトは有益なサイトと認定する一種のウェブ格付けの仕組み』となっています。

上記の内容は、いわゆるリンクにおける「人気度」を表した指標グラフについて説かれたもので、Googleが独自に設定してる『ページランク』というものがありますが、このことについて述べられたものですね。


この『人気指標』のことを一般的に『リンクポピュラリティ』と云い、自分のウェブサイトが他のウェブサイトからリンクを受けてる場合、相手サイドのリンクに対して「被リンク」とか「バックリンク」といった表現がなされ―

リンクポピュラリティが高いと『検索エンジンでの上位に表示され易くなる』というメソッドについて、この解釈は確かですが、ただ多くの方が勘違いされてるのが『上位表示にはページランクを高くする必要がある』―


といった考え方をされてることで、よく考えてみれば理解できるかと思いますが、『ページランク』はバックリンクによる『人気度』をGoogleが独自に示してるだけのものであって、検索結果における上位表示は―

キーワード対策』によるメソッドなわけですから、キーワードを含むテキストによる被リンクのみSEOスコアに関与してるため、単に被リンク(バックリンク)が多いというだけでは、SEOとして殆ど効果はなさないことから―

ページランクと上位表示に密接な関係性はない』ということ、簡潔に云えば、ページランクは上位表示アルゴリズムの一部でしかないということで、そこのところを穿き違えしないようご忠告申し上げておきますね。


リンクポピュラリティ/人気度』を高める有効手段として、『PageRank』が高い相手ウェブサイトのページからリンクしてもらう『ページ外要素』と、自分のサイト内にリンクを貼る『ページ内要素』において―

yahoo!DMOZなどのディレクトリー型検索エンジンへの登録とか、他のウェブサイトやメルマガなどの外部からリンクする『ページ外要素』においては、こちらでコントロールすることは不可能ですね。


一方、自身のウェブサイト内でリンクを貼る『ページ内要素』においては、充実したページをできるだけ多く作成し、各ページからトップページへ向けてキーワードを含んだテキストリンクで自分でできてしまいますね。

自作自演といった感じですが、グーグルはこれもスコアリングしています。 (詳しくは こちら をご覧ください)


よく、「SEO対策は時間がかかるし、アルゴリズムもしょっちゅう変わるから、やっても意味がない」というように、否定的に捉えてる方もおられるようですが、SEOの本質を知ろうとしない嗜好性はあまり感心できません。

SEO対策については誤解されてるところがたくさんありますが、SEO対策をするしないに関わらず、ディレクトリー型検索エンジンへの登録とか、メルマガ発行や自サイトのリンク貼り(リンク最適化)というものは―


マーケティングやユーザビリティ向上のためには必要不可欠な要素
であることは確かですから、どのみち必要な労力を使うなら、ちょっとしたテクニックを駆使することで秀逸なSEO対策も可能になります。

現代のように情報化社会において、施策や手法は実に日進月歩で様変わりしており、インターネット上なら尚更で、以前言われていた常識の多くが、今では良い意味で非常識なことも多々あります。


儲かるような巧みなキーワード効果によってトップポジションに表示することができたなら、「アドワーズなりオーバーチュアといったPPC広告費だって必要最小限に抑えられる」ということも念頭に入れておくべきでしょう。

結論として、ビジネスに完成形はありませんから、理想的な充実したウェブサイトを目指すことによって、結果的に究極のSEO対策にも成り得ると同時に、「売れる・儲かる」サイトにも繋がっていくと確信しています。

NEXT

儲ける仕組み
儲ける仕組みの概要
起業に不可欠な要素
販促のキーポイント
リピート有効化システム
Mail自動配信システム
アクセスアップツール
AIDAMの法則
仕組みへのプロセス
目標達成へのシナリオ
/ SEOと儲かる仕組み / SEO.SEM必修ノウハウ / 詐欺ビジネス / 独立個人起業セミナー / ウェブデザイン速習法 /
/ HOME / プロフィール / 特定商取引法に基づく表記 / お問い合わせ / サイトマップ / 上まで戻る
● あなたにお役立て頂ければ幸いです― マテリアルギャラリー Space Make Main Office