オンライン起業・儲かる仕組み・会員制システム・アーティクルヴァイラルマーケティング
Space Make
独立個人起業初心者が知っ得儲かる仕組み



| HOME || サイトマップ |
独立個人販売起業初心者のウェブサイトを収益体質に変える『儲かる仕組み』は、トラフィックを最大化する「理想客引込み自動拡散販売システム』を導入したマーケティングを駆使するプロモーション全般―
☆ リピート有効化システム

アクセス解析のカギとなるポイント?

アクセス解析』については今更という感もありますが、「本当にアクセスされてるのだろうか?」なんて、SEO効果と併せて結構気になってる方おられるはずですし、アクセス解析本来の意義を穿き違えてる方とか―

「アクセス解析なんて一切気にかけてないよ」といった方も含めて、「アクセス解析なるツールをどのように活用すればベターなのか、どんなことに気を付けて分析検証して修正すればアクセスアップに繋がるのか」

適切に活用することによってセールスサイトを活性化させるのに役立ちますし、その有効性なり意義を見出すこともできますから、ここで販売促進に活かすべく明確にして、大いに活用して躍進するようにしましょう。


特にリピーター獲得を目的としてマーケティングやプロモーションに力をいれてるビジネスオーナーやらマーケターの方たちにとっては、アクセス解析による分析・検証・修正といった作業は必然的に不可欠となりますから―

アクセス解析の活用方法について、改めて気付くことはないか、今一度確認しながら考察してみましょう。。

アクセスユーザーがどのような検索キーワード(主要となる語句)を入力してリサーチしてきているのか?
どこの検索エンジンサイトからアクセスしてきて、どのようなウェブサイトとのリンク構成をしているのか?
カテゴリーページで、最もアクセスされてるのはどこのページで、されてないのはどこのページなのか?
ウェブサイト内をどのような経路で辿り、滞在した時間はどれくらいで、どこのページをよく見たのか?
アクセスユーザーのパソコンID別によるアクセスの回数頻度やページ閲覧の割合はどれくらいなのか?


例えば、あるカテゴリーの特定ページに対して、アクセスユーザーのアクセス数が少ないといったような場合、『そのページの文章における構成や表現、リンクの仕方など、何か不備なところはないか』といったように―

アクセス解析による記録データを検出して、ウェブページの不備と思しき箇所を客観的に分析してみて、どのように改善すればベターなページになるのかを考察し、適切な修正改善を施してみてから検証してみる―

そうした作業を繰り返すことでアクセスアップの有効性を見出す、といったようなことに活用するわけです。


このように、改善する必要のあるウェブページを検出することは勿論、問題のある不穏なアクセスなどを検出するのにもアクセス解析は役立ちますし、 ECショップサイトの統括責任者として運用に尽力していれば―

SEO対策』の観点からページ構成をチェックする作業は当然の責務ですし、ウィルスプログラムを打ち込んでくるような悪質な輩もアクセスしてきますから、アクセス解析のデータを毎日こまめにチェックすること―

容量オーバーを阻止するために不要なデータを削除して整理する、こうした作業も必然の責務となります。


セールスページにおいては、ビジュアル的に魅力的なデザインであることも大事ですが、それよりもっと大事なことは、セールスページ内を興味深く確実に拝読してもらい、最終的にはコントラクトに繋げることですし―

セールスにおいては、アクセスがたくさんあるからといっても、成約に至らなければ死活問題となる場合もあるわけですから、セールスサイトのページ間におけるユーザーの移動パターンを分析することもカギとなります。


例えば、1日にアクセスされた回数とか総数、特定のページにおいて滞在した時間の割合、アクセスされないページはどこでどの箇所かなどをチェックして、不備と思しきページの修正すべき箇所はどこかを見極めて―

成約率アップや売上げ率アップに繋がる最適なセールスページに仕上げることを目的として『アクセス解析』を導入して、ユーザーがアクセスしてきた際の足跡パターンとかページ間を移動する際の足跡パターンなど―

データ化されたこれらを基に、ブラッシュアップ(加筆改善)と検証を繰り返し行って最善策を講じるわけです。


コントラクトレート(成約率)アップに繋げるには、理想とする客層にたくさんアクセスしてもらう必要がありますから、そのためにアクセス解析に記録されたデータを分析して、それを基に適切なセールスサイトに仕上げる―

これがアクセス解析における役割の殆どを担うことになり、データを有効活用することによって、ページファイル内の『SEO対策』に関する施策手段として、秀逸なツールであることがお解り頂けるのではないでしょうか。


アクセス解析を活用してセールスサイトの改善に役立てる重要性を再認識した上で、ここからは更に深く掘り下げて、アクセス解析に関するマメ知識やら、データの更なる分析方法について詳細に考察してみましょう。

ユーザーの多くは直にアクセスしてくる!?

このウェブサイトの場合、検索エンジンや外部リンクのウェブサイトなどからトップページへアクセスされる率は全体の2割弱程度で、8割以上は各コンテンツページへ直接アクセスされてるということを確認していて―

検索エンジンサイトからキーワード検索によるアクセスでは、どのページにも直接アクセスされていて、このようにアクセス解析を分析してますと、『トップ(ホーム)ページだけが「入口」ではない』ということがよく分かります。

そのため、アクセスユーザーが迷わないように、トップページや他のコンテンツページへスムーズにアクセス移動できるよう、ユーザビリティーやアクセシビリティといった使い易さを考慮したページにしておく必要があります。


適切なナビゲーションがなかったり、リンク切れといったお粗末な不備があったり、アクセスユーザーが身動きのとれない状態になれば、ウェブサイトは間違いなくクローズ(閉)ボタンをプッシュ(クリック)されてしまうでしょう。

ウェブページを制作する際、殆どの場合、トップページを作成してから下の階層へと作成するのが一般的ですから、トップページから各コンテンツページの最下層までのリンクはキッチリされてるように推測しますが―

コンテンツページそれぞれの最下層からトップページへ誘導するリターンリンクにおいては、どうでしょうか?


インターネットユーザーがどのコンテンツページにアクセスしてきても、すぐに解るナビゲーションで他のページへ気楽に移動できるように工夫された構成がしてあれば、ECショップサイトとしてはベストと云えるでしょう。

特にキーワード検索でアクセスしてくるユーザーの場合、目的意識も実行力もある極めて質の高いアクセスというイメージがあることから、興味のあるコンテンツ全てに目を通してもらえるナビゲートがポイントとなります。


ウェブサイトのメインキーワードを含むフレーズをアンカーテキストによって、各コンテンツページから各カテゴリーのトップページに向けてテキストマッチさせることは、SEOの観点から極めて重要な要素となっています。

アンカー・テキストマッチ』とは、他のページからキーワードを含むワードをテキストによってリンク・マッチングさせることで、こうした『アンカー・リンク』を整合的に処理することは、『HTML最適化』の観点から―

SEO対策』と『ユーザビリティー対策』との一挙両得というかたちになるため、最も重視すべき要素です。

「お気に入り/ブックマーク」登録ボタンの活用法!?

1.「お気に入り」ドメイン登録機能の留意点

セールスサイトを運用されてるビジネスオーナーの方であれば、カテゴリー別に「ブックマーク/お気に入り」として登録するためのボタンを設置されてるかと想いますが、アクセスしたウェブサイトのアドレス(URL)を―

パソコンのデータベース領域に記録しておくという、便利な機能を有した秀逸なツールとして、全てに組み込まれており、エクスプローラーのブラウザでは「お気に入り」、ネットスケープでは「ブックマーク」と呼ばれ―

ECショップも含めて殆どのビジネスサイトにおいては、リピートに欠かせないツールとして導入されています。


ネットサーフィン(サイト巡り)をしていて、興味を惹くウェブサイトを見つけたとき、ほとんどの人は「お気に入り」に記録されると想いますし、記録したウェブサイトのアドレスを定期的に整理されてるかとも想いますが―

インターネットを利用する機会が増えてくれば、「お気に入り」に追加するウェブサイトも必然的に増えてきますから、それらを長期間放置したまま整理せずにいると、目的のウェブサイトを見つけるのに難儀しますよね?


と云うより、記録枠を整理しないと、無駄に容量が増えてパソコンに負荷がかかり、操作性に悪影響を及ぼしかねませんし、そのことが原因でパソコン自体が故障するといった最悪の状態をも招きかねませんから―

常に快適なパソコン環境を保持するべく、ネットサーフィンをしていて閲覧した際に記録されたウェブサイトの各ドメインアドレスは、早々削除するように癖をつけてスッキリ整理すれば、気持ちもリフレッシュされて―

難問奇問もスンナリと打開できるようになるなどして、何かにつけて効率がよくなる効果が期待されますよ。


2.「お気に入り」ドメイン登録ボタン設置の目的

ウェブサイトで「お気に入り」登録ボタンを設置する目的は、ウェブサイトへ再度アクセスしてもらうことを期待してのもので、このキャッシュ機能には、『情報を記録蓄積する』という、重宝する機能も備わっており―

ワンクリックでアクセス先ウェブサイトのアドレス(URL)を簡単に指定できますし、ブラウザのURL表示フォーム枠に直接表示できて、指定したウェブサイトへ即アクセスできますから、利便性の高い機能です。



ウェブサイトの内容がよければ再度アクセスされる可能性が少なからず期待できますから、カテゴリーがたくさんあれば、各カテゴリー毎に「お気に入り」ボタンを設置することが如何に得策かということが解りますね。

このウェブサイトも、再度のアクセスを期待して「お気に入り」ボタンを各カテゴリー毎に設置してるわけです。


自分もどれだけアクセスされてるのか気になりますから、時折アクセス解析を確認してますが、再アクセスを複数回される方も、以前よりは2〜3割ばかしでも増えてますから、それなりの効果はあるみたいです。

驚愕するほど効果が期待できるものではないかもしれませんが、ちょっとしたキッカケによって大きな成果へと結びつく可能性もありますから、「得策と思えることは全てやる」といった意識が大事ではないかと思います。

成果を得るためのシステムの構築!?

自身のセールスサイトが他のどこのセールスサイトよりもどれだけ秀逸であったとしても、「欲しくて仕方ない、絶対に購入したい」といったように、衝動に駆られて購入したくなるほど魅力溢れる商品でもない限り―

訪問して商品を即購入するといったアクションを起こしてもらえる確率は殆どないですから、「またゆっくり見よう」と思いつつ見ないまま忘れてしまうとか、「お気に入り」に追加したけど、他に気に入ったサイトを見つけて―

そのセールスサイトは「それっきりアクセスをすることはなくなった」といった事例も少なくないでしょう。


セールスサイトにアクセスしてきたビジター(訪問客)には、『即行客(顧客)』と『見込客(潜在客)とに分かれ、前者の『即行客』の場合は、『儲かる仕組み』のシステムにのっかってるため直ちに行動してもらえますが―

見込客』の場合は、成約しようかどうしようかと迷ってる段階の人が殆どですから、即行動する顧客となってもらうために、『儲かる仕組み』のシステムに上手くのっかってもらえるようにすることがポイントになります。

それには、ステップというものを設定して、見込み客にうまくそのステップを踏んでもらうための『仕組み』です。


ご存知とは想いますが、セールスサイトの『儲かる仕組み』のひとつとして、アクセスしてくるビジターに対して「メールアドレス登録」というアクションを起こしてもらう入力枠である『フォーム』が設定されてますよね?

そのシステムの運用方法として、アクセスしてすぐに行動を起こしてくれる『即行客』の場合においては、当然継続的なフォローアップによって、『顧客/継続購入者(リピータ)として行動してもらえてるわけですから―

更に一歩推し進めて、『見込客/潜在客』を誘導してもらえるように促した特設ページが必要となります。


そうして、『見込客/潜在客』と思しきユーザーが折角アクセスしてくれたのに、それっきりというのでは残念で悔やまれますから、何かしらの付加価値サービスを用意して、メールアドレスの登録を促しましょうかね?

これが、『見込客』をカスタマー(顧客)として即行動してもらえる常連客にするためのワンステップになります。


そして、見込み客に対して信用や満足を促すように、ニュースレターやメールセミナーなどでセールスサイトの更新状況なり商品案内、関連する有益となる情報などを定期的に送信して再度のアクセスを促し―

次の受注に繋げるための特設ページへ案内する、これがツーステップめになり、常連客になったユーザーには月毎に商品を購入してもらうべく、また別の特設ページへの登録を促す、これがスリーステップになります。


このように、セールスサイトの中に『儲かる仕組み』を組み込んでおいて、カスタマー(顧客)を必然的な流れにおいて取り込み、リピート客へとステップアップし、カスタマー獲得による売上げ確保に繋げるべく更に―

ステップアップさせる、これを一定期間繰り返すことによってセールスの礎を築き、積み重ねることによって拡大してゆく、こうした一連の流れがセールスサイト内の儲かる仕組みですが、お解りになられたでしょうか?

成果を得るための運営方法!?

セールスサイトの多くは、メンバー登録された方やリピーターの方のリストを構成し、紹介なり販売したい商品やサービスに関する案内メールを定期的に配信する、メール配信システムを組んでることは周知の通りで―

ビジターが商品を購入してメンバー登録をしたからいって、そのまま放ったらかしで再三ウェブサイトにアクセスしてもらうというのはムシがよすぎますし、ただ単に商品を投入するというだけでも何の進展も望めませんから―

メールで特別な情報を案内することによってセールスサイトへ誘導し易くして、運営をやり易くするわけです。


送信するメールの具体的な内容においては、セールスサイトの特設ページの情報とか、それに関するイベント情報からキャンペーン情報、相手のベネフィットとなるような特別なコンテンツなり商品、新サービスなど―

アクセスしてもらい易い情報を提示してアクセスを促すようにすることで、常に収入を確保する状況を組み込むことによって継続的な運営をやり易くし、システムを自動化するように管理体制を整備して対応します。


ミッション(目的)やコンセプト(主旨)を理解してるカスタマー(顧客)リストには、目的に沿った情報を掲載するだけで多くのベネフィット(収益/利得)が発生させられるため、販売者はメールマガジンを発行送信すれば―

多くのメリットが得られることになりますから、セールスサイトの特設ページへアクセスしてもらうように案内して、掲示板のようなかたちで告知した内容を見た上で、必要となる商品の申し込みをしてもらうように促します。


このように、『儲ける仕組み/システム』を上手く回して、オファーやプロモーションなどをする方が確実ですし、この運営方法なら、どんなビジネスでも応用が利きますので、セールスサイトには不可欠なシステムです。

その際、自動で行うためのツールとして、データベースの確保とかCGIといったプログラミングの知識が必要になりますし、これらをレンタルすれば高額なコストがかかりますから、いずれにするかはお任せしますね。

儲けるための必需アイテム!?

セールスサイトの多くは、殆どの作業を自動化することによって、運営から管理まで効率的に行うために周知されてる『儲かる仕組み』のひとつ、『メール』を自動的に配信する『オート・ステップメール』なるツール―

このメール自動配信システムを導入して、日常的に活用されてることはご存知かと想いますが、このツールは収集した見込み客であるオプトインリストに対して、効率的にメールを自動配信することができることから―

オンラインビジネスを手掛けてるマーケターにとっては、なくてはならない必需の自動化ツールとなっています。


オート・ステップメール』の活用シーンにおいては、安定収入を実現させるために『会員登録』のメールを受発信するとか、『見込み客からリピーター』へステップアップさせる『メールセミナー』を配信するとか―

自動で返信する際に効力を発揮するものでもあり、個人運営のオンラインショップには絶対的に必要不可欠なシステムですから、あって当然の必需ツールとして、殆どのセールスサイトには導入されてますね。



* オートステップメールの効用性!

当初は『オートレスポンダー』と呼ばれてたオートステップメールですが、現代では多くのオンラインマーケターに認知されるまでになっており、大手企業は勿論のこと、どのビジネスシーンにおいても普通に利活用され―

これは、予め用意した文章を自動的にメール送信するスクリプトツールで、このツールが日本で初めて使用されたときは、革新的な脅威のマーケティングツールといわれ、数十万円からしたという驚きのツールでした。


現在では、大手ポータルサイトのフリーメールに標準で装備されてるだけでなく、どの分野のサイトにおいても導入して有効に活用されてますし、ビジネスにおいては随分と効率的に作業が出来るようになりましたね。

これだけ普及した背景には多くの人への需要や効果がもたらされたからで―

メールを自動的に配信する『オートステップメール』の利便性や優位性についていえば―
◎ 24時間365日、登録や申し込みなどがあれば、自動で即メールを返送配信することができること
◎ 入力されたデータはCSV形式による保存が可能で、データベースで顧客管理が容易にできること
◎ 顧客リストに対してタイムリーなアプローチやオファー、フォローアップ、サポートなどが適宜できること

1日に数百件もの注文や問い合わせが届いた際に、完全に自動配信化したメールで応対できることから、ひとつの定型文を設定しておけば、それを配信するだけという機能性を発揮する大変便利なツールです。


注文をしてもらった後とか、購入してもらったった後などに安心感を与えるべく、お礼や確認するメールなどは絶対に必要ですから、時間的なコスト節減も考慮して、積極的に活用すべき必須のシステムです。

その後のメールによる商品紹介やオファーなどをするにしても、便利に活用することができますから、これほど優秀な機能が備わったオートステップメールを使わずして、効率的にメール対応することは困難でしょう。


個人レベルにおいては、少なくとも親切丁寧な個別対応によるメールの返信を意識しておくことが大切で、「購入して頂いたお客様」に対しては、リピートアップツールとして活用することが大事なポイントになります。

オンラインによるビジネスであってもリアルビジネスにはかわりありませんから、ビジターとコミュニケーションをとって親密製を図るのではなく、『リピート率アップを図るためのツール』ということが本筋と意に留めて―

とにかく、常に『信頼性/信用』を意識下において、適切かつ適正にに活用することですね。

プレゼント集客の有効策!?

あなたの場合、誰かに「情熱ある思いを込めてプレゼントをした」なんて経験っておありでしょうか?

当然あるとは想いますが、思い慕ってる人に心を込めたプレゼントをしたからといって、必ずしも良好な方向に展開する人ばかりとは限りませんよね? ― オンラインビジネスの場合にも同じようなことがあります。


セールスサイトの中には、売上げアップを期待して、よく『プレゼント集客』なるものをやっていますが、うっかりやってしまいがちなのが、アクセス数を増やすためだけに行ってるという、実に勿体ない施策による集客です。

アクセスアップは、売上げと販売拡張、知名度といった観点からも重要な課題のひとつであることは間違いないのですが、ただ単にプレゼント狙いの無意味で無駄なアクセスはいらないなあ、とかって思いませんか?

『プレゼント集客』は効果的な施策ですから、大事なポイントは「やり方をひと工夫する」ということですね。


例えば、商品を購入してもらった理想客層の人たちに対して、トレンドにもなってるポイント還元でも構わないし、リピーターが利用する際に適用できる割引券とか特製のオリジナルグッズなどでも構いませんから―

リピート効果を最大限もたらすためのひと工夫を付加する』、これがプレゼント集客での秘訣なわけです。


顧客に対して感謝の意を込めて、次も購入してもらえるように、アップセルといった『ついで売り』のような何かと組み合わせるなど、ひと工夫付加することによってアクセスアップを図り、売上げアップに繋げるわけですね。

ソフトウェア販売などで採用している施策として、俗に「サンプル販売法」と言われているやり方があります。

これは、サンプル品を無料か廉価販売して、気に入ったなら正規版製品を購入してもらうという方法です。

これも『儲かる仕組み』のひとつになりますが、これなんかどんな販売品にも応用できると思いませんか?


チラ見せ効果と云いましょうか、有料版の一部をプレゼントするのが有効なようで、その場合、『商品を購入してもらうためのインセンティブ(誘因・動機)として如何に活用するか』ということがポイントになるわけです。

つまり、アクセスアップのためだけに『プレゼント集客』をするのではなく、あくまでもリピート購買率を高めるための「集客ツール」として捉え、上手く活用することによって成約率アップに繋げることが肝心だということです。

フランチャイザー/フランチャイジーの必要性!?

多くのビジネスオーナーやマーケターの方たちの現況においては、アフィリエイトやリンクスタッフ、ジョイントベンチャーといったように、外部におけるシステムの利用とか、パートナーとなってる方たちと積極的に提携して―

商品やサービスを間接的に売り出すための『儲かる仕組み』を構築していて、順調にいってるところの場合、売上げ全体の実に3割〜4割が外部での委託販売による収益になっているということです。


どんなに優秀な経営者/事業オーナーであろうとも、たったひとりだけで設備面から経費面、マーケティングからシステム関連の環境全てを整備するというのは並大抵の努力で出来るものではありませんね。

運営者においては、財政面よりもマーケティングやプロモーションの強化を画策して、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)を利用したり、独自のアフィリエイト・プログラムを組んで運営してる場合が多々あります。


よく言われる「フランチャイズ」という形態も、一種の協力関係で成り立っていて、やはり、『フランチャイザー』『フランチャイジー』のように、支援しあえる協力者というのは必要不可欠な存在となってることから―

フランチャイズを提供する側の『フランチャイザー』は、グループ企業として円滑な経営を維持継続するために提携販売業者である『フランチャイジー』に対して、潤沢と思しきほど経営資源を惜しみなく提供されます。



フランチャイザーから提供されるサービスも多種多様ですから、重視すべきことは、どんなサービスが提供されていて、それが自分にとってどんな利便性や優位性をもたらしてくれるのかを正確に把握しておくことです。

独自のマーケティングから飛躍的な売上げアップを目指すなら、外部協力者の連携(コープレーション)として、フランチャイザーやフランチャイジーのような販売体制を敷いた『儲かる仕組み』を構築することです。

コンサルタント意識の問題点!?

コンサルタントといった業種ですが、会社なり企業の経営や運営管理の顧問として、クライアント(依頼者)の指導であるとか、カスタマー(顧客)の問題解決のアドバイスなりサポートなどを業務とするもので―

「クライアントとの親密な信頼関係を築き、問題の本質を見極めた上で解決策を提案する」、非常に責任を伴う立ち位置にある業務ですから、経験豊富な知識がなければなかなかできることではありませんね?



オンラインであるインターネットにおいては、世相的に物品販売がスタンダード(主流)になってる状況ですが、現実的かつシビアな問題点となって憂慮されるのは、ありふれた商品などは売れ難いということでしょうか―

よく陥りがちな間違った考え方として、購入者にとってニーズのある優位性や利便性を考慮したものではなく、誰でも簡単に作れて売り易そうな商品を優先的にチョイスして、単品で販売しようとしてしまうことで―

その根底には、『容易く売り捌ける商材で簡単に儲けたい』とする短絡的思考があるからなのです。


消費者からしてみれば、現況においてニーズに沿わないものは、幾ら安くても購入することはありませんから、消費者ニーズに応えられる商品に仕上げた上で、適切なアドバイスをしていくことが必要条件になります。

実際にコンサルタントのプロフェショナルとしてコンサルティング業務を行うためには、マーケティングやセールスにおけるトータル的なビジネスの実践経験によって培われる豊富な知識とスキルが必要になりますから―


プロ・アマ問わず、何らかの質問をされてきたら丁寧な対応を心がけるようにして、大切なクライアントに対して自ら適切なアドバイスができるように、信用を得るためにも積極的に体験を重ねるという意識が大事です。

ただ気をつけるべきことは、誰彼構わずということではなく、商品やサービスを利用したことのある既存客に対してだけであって、 決して潜在客や見込み客などの第三者を対象にすることではない、ということです。

それは単なる過剰サービスでしかなく、殆どが『骨折り損のくたびれ儲け』で終わってしまい、無駄な時間をとられるだけだからです。


インターネット上で何らかの商品やサービスを提供してる場合、「コンサルタント意識」というものを念頭に据えて、適切なサポートやアドバイスができる知識を得るべく体験を積み重ねることって重要なのですが―

コンサルタントとしての知識を得るべく実践経験を積むといっても、容易くできることではありませんし、そうかといって競合他社が鎬を削っているオンラインビジネスにおいては、信頼関係なくして成功はありえません。


自身が単なる『売り切り型』のセールスをする、似非事業家の真似をするようなビジネスオーナーであれば、痛烈な批判の的となって、オンラインビジネス界からの敗退を余儀なくされるでしょう。

『事業家/経営者として成功したいから本気で取り組む』という覚悟を決めてるのであれば、ビジネス本来のやり方とビジネスの本質に徹したスキルを身に付ける努力を要する、このような認識を持つ必要があります。

ビジネスは「売れたとき」からが本番!?

オンラインビジネスのベテランマーケターの中にも、とかく自分の商品を売ることにだけ熱心にやって、売った後のフォローやサポートについては適当かナシかのどちらかという、典型的な「売り切り型」の販売をする人―

「売り切り型」ですから、常に新規客をゲットしなければ収益の確保は維持できませんし、見込み客を獲得するために費やす広告費や時間的なコストなど、目に見えない機会費用の損失を被ることになります。


事業オーナーやベテランの商売人は、人付き合い(人間関係)の達人とも言われており、売上げ確保の秘訣は、一度売れたらおしまいではなく、常にビジネスの関係を継続していくことを意識して運営してることです。

昔からよく、「ビジネスは、商品が売れたときからがスタート」と言われてますように、これからのセールスにおいては、継続する運営を前提としてビジネスを展開する、このことを意識して進めるべきであると心に留め―

販売する商品を並べ、理想客獲得に向けてアクションを起こす、ここが第一段階のスタートとなります。


そして、商品が売れてからが第二段階のスタートとなり、ビジネスとしての本番勝負はここからで、そこで築き上げてゆく信頼関係によって販路を拡大できるように、カスタマー(顧客)から新規客を紹介してもらうこと―

その新規客が更に新規客を紹介してくれる、こういった『儲かる仕組み』のひとつとなるシステム一連の流れを築き上げること、これが販売サイト構築における第二の最終目標地点ということになるわけですが―

そこで重要となるのは、とにかく『相手にとって大きな利得となる商品を取り揃えて提供する』ということです。


今後のオンラインビジネスにおいては、信用性のない「売り切り型」のセールスでは通用しなくなってますから、信頼関係に重点をおいたビジネス本来の嗜好、「継続型」のセールスに切り替える必要があります。

そうでなければ、インターネットでのビジネス成功はあり得ないということだけは間違いなく云えるでしょう!



* 「購入者の体験談や感想文」で信頼性と安心を促す

セールスビジネスサイトで欠かせないひとつに「購入者の声(体験談や感想文)」というものがありますよね?

そして、一般的に『レビュー』と言われてるものもありますが、こういった購入者の批評などは、いろんな人が様々な角度から感想なり評価を述べられますから、商品に対する善し悪しというのもさることながら―

ある程度の信憑性を付与する効果もありますから、購入を検討してる利用客の判断基準にもなりますね。


そのため、販売促進に一役担う大事な要素でもあることから、個人の販売者がレビューを募集する際にも、嬉しい愉しいといった感想や意見、優位性や利便性についての体験談などの評価がなされるように―

相手にベネフィットなり有益性のあるメリットとなるような商品を提供することが大事なカギとなるわけです。


この他、相互紹介や相互リンクなど、オンラインビジネスを手がけてる以上、よくビジネス上の協力を第三者に求めることがありますが、ただ単に協力を要求したところで、無視されてしまうケースがほとんどですから―

これらのことを実現するためには、購入者側の立場から考慮して、メリットとなる有益性のある『特典』によるやり方をひと工夫することが重要なポイントになるということがお解りいただけるかと思います。


* 「インターネットを利用する目的」を明確にする

インターネットを利用する上で、その目的とか理由について適正な認識をして活用できているでしょうか?

・ 実店舗販売しているため、全国展開を図って更なる販路拡張と認知度によって業績アップを狙いたい
・ 潜在客や見込み客などに対して会社の理念や商品など業務全般について告知して広く認知させたい
・ 顧客から感想やクレームなどのアンケートをとって商品の改善や開発に役立てるべく活用したい
・ 独立起業して個人運営をしてるから、顧客を多く獲得して販売促進で更なる売上げを伸ばしたい

本来であれば、このように根拠とか利用する目的があってインターネットを活用するのが本筋なのです。

インターネットをビジネスの場として捉えるのは結構ですが、『儲けるのに都合のよい道具として利用する』と、あらぬトラップを仕掛けて「儲けた者勝ち」といったような感覚をしている人は、詐欺師以外いないですから

こうしたやり方で悪質な場合、犯罪行為と見做されて検挙されれば人生そのものが破綻します!


インターネットは、あくまでも情報一環の手段として活用すべきものなので、自身の販売サイトの状況にあわせて『商品やサービスを提供していくための情報』、このことの意味を再確認してみる必要があるでしょう。

販売サイトにある商品やサービスに対して、情報を提供するという意図と目的は何か、適正な販売基準を認識し、ビジネス本来のあり方を理解した上で適切に実践する、これが本来の事業オーナーたるものです。

NEXT

儲ける仕組み
儲ける仕組みの概要
起業に不可欠な要素
販促のキーポイント
リピート有効化システム
Mail自動配信システム
アクセスアップツール
AIDAMの法則
仕組みへのプロセス
目標達成へのシナリオ
/ 儲ける仕組み / SEO.SEM必修ノウハウ / 独立個人起業セミナー / 詐欺ビジネス / ウェブデザイン速習法 /
/ HOME / プロフィール / 特定商取引法に基づく表記 / お問い合わせ / サイトマップ / 上まで戻る
● あなたにお役立て頂ければ幸いです― ライセンスビジネス スペースメイクメインオフィス