オンライン起業・儲かる仕組み・会員制システム・アーティクルヴァイラルマーケティング
Space Make
独立個人起業初心者が知っ得儲かる仕組み



| HOME || サイトマップ |
独立個人販売起業初心者のウェブサイトを収益体質に変える『儲かる仕組み』は、トラフィックを最大化する「理想客引込み自動拡散販売システム』を導入したマーケティングを駆使するプロモーション全般―
☆ アクセスアップツール

安定収入を確保するべく重要な心得?

1.『信頼性』を意識することが安定経営の要

ブログにしろメルマガにしろ、基本的にはセールスをするためのツールではない」と、セールスサイトを運営していにもかかわらず、ブログやメルマガではセールスしないなんて、本気で思ってる方はいませんよね?

勿論、『押し売り』を前面に出したようなブログやメルマガでは信用も瞬時に失墜して、売れるものも売れなくなってしまいますが、セールスサイトを運用していれば、セールス主体の構成にするのが本筋というもので―

ただ、それは、ブログやメルマガなどにおいて直接的に売るようなことをしてはならない、という意味ですから。


例えば、ひとつの商品における付加価値性、優位性や利便性など、訴求性を意識した情報によって詳しく知ってもらい、どんな事物にどのように役立てられる商品なのかをなるべく多く説いて必要性をアピールし―

購入者にとって満足度の高い特典とかサービスなどについての告知もして、さりげなくセールスサイトのページへの案内を促し、セールスページで念押しする訴求効果によって成約に結びつけるようにするわけです。


また、「メルマガは、登録客に有益で役立つ情報を多く届けて信頼関係を築くもの」などと謳っている情報を鵜呑みにして、それを実践されてる方もおられるかと想いますが、「それもどうかな?」って気がしませんか?

いわゆる「信頼関係」というのは直接的に長年交流することで培われるものですから、見ず知らずの他人へいくらお役立ち情報を届けたからといって、それで信頼関係が築けるなんてことが可能なのでしょうかね?


おそらく誰だってそうだと思いますが、メルマガの文章が丁寧で美辞麗句を書き連ねた文面であったとしても、それで真にその人の人間性/人格/性質/本性まで推し量ることができるでしょうか?―ということです。

そこにあるのは、「必要となる商品があるからいかがででしょうか」と、セールスサイトへ案内するというスタンスで、いわゆる安心感によってオファーをスムースにうけてもらうためだけのプロモーションレターなのであって―

コミュニケーションによって信頼感を得る、そのためにメルマガを配信するというのはお門違いで、信頼性というものは安全性による安心感、この真意を正しく認識した上で対処することが最大のポイントになるわけです。


ドシロウトの似非事業家がメールマーケティングを穿き違えてやってしまいがちなこととして、『商品の案内文にアフィリエイトリンクを設定する』、プロ意識を穿き違えて『誰彼構わず相手を見下したように上から目線で―

私情的に主観を込めて、いかにも知ったらし気に書記する
』など、こういった鼻持ちならないメールを送れば、不快感から敬遠されてしまい、文章の表現次第で購読を拒否されるなんてことにもなりかねませんから―

こうした迂闊なミスが信頼性を損ねる要因のひとつで、最悪の結果に終わらないよう留意しておきましょう。


あなたは、その人のことを信頼しきってアフィリエイトリンクと分かってる文面内のリンクをクリックされますか?

アフィリエイトをしてるその運営オーナーを「信頼してるから稼がせてあげよう!」なんて気になるでしょうか?

仮にクリックしたとして、リンク先のセールスサイトでお金を使うような何らかのアクションを起こすでしょうか?



メルマガを購読されてるからと云って、必ずしも信頼されてるとは限らず、文面に下手な小細工をしてる時点で懐疑的に見られてアウトになる危険性すらあるという、これがオンラインビジネスのシビアなところです。

ですが、例えば、メルマガを送信した際に、セールスサイトにアクセスはしてくるものの何らアクションを起こさないことから、相手に購読登録を解除してもらいたい場合、敬遠されるメールは有効な策かもしれませんね。


とは云え、そうすれば後々の展開に過大な悪影響を及ぼすことは明らかですから、オンラインビジネスを断念するというのであればそれでも構わないかもしれませんが、安定した継続運営を続けたいというのであれば―

利用者から一向に反応がなくて収入にならないからと、その人ひとりのために焦って短気になるのは得策ではないですから、誠実で親切な応対は勿論、信頼関係も維持するべく安心と安全を心がけることも大事で―

相手に何かしらのアクションを促す場合は、常に『返報品を与える』という配慮をしてみてはいかがでしょう。



2.『信頼性』の要はノーマルなスタンスがポイント

インターネットでは、ブログ記事とかメルマガ発行などをしなければ稼ぐことって絶対不可能なことなのか?」こんな疑問を持たれてる方も少なからずおられるかと想いますが、実際のところどう思われてるでしょうか?

作業にかかる時間や労力における『効率性』といったことを考慮すれば、無理してメルマガを発行しなくても『自動配信メールで定期的に商品の案内をする』、たったこれだけで稼ぐことって可能ではあるのです。


独自のサービスで特典品などをプレゼントするなど、メールアドレスを登録してもらえるようにアイデアと工夫でキッカケを作り、登録されたメーリングリ ストに対して、有力な商品なりサービスのオファーを案内して―

セールスサイトへのアクセスを促す、ただそれだけのことをすれば何ら問題はなく、本音で云えば、商品を気に入って購入してくれるかどうかだけの話であるなら、相手に対して必要以上に気を遣わなくても―

メールアドレスを登録された時点で『見込み客』になってるわけですから、無理に有益情報を載せるなんてことをしなくても、『配信解除』の設定をして、定期的にお知らせメールとして配信すればベターなわけです。


そもそも、『有益情報』と云っても、どういったことが有益な情報なのか分かってないはずですし、オンラインで起業してセールスビジネスを手掛ける目的は、あくまでも『商品を売ってお金を稼ぐ』ことなわけですから―

メルマガの発行部数を自慢するというのも意味のないことですし、『メールマガジン(郵便雑誌)のマガジンという部分は外して、メールで役立つ商品と商品に関連した有用情報を載せて、安心して購入してもらう―

ビジネス本来のやり方と本質を踏まえた上で、商品案内メールを配信すれば何ら問題ないということです。


メルマガとして送信する際に掲載するような情報は、なるべくブログへまとめるようにして、商品をセールスするのはウェブサイトの特設ページに留め、登録されたユーザーのメールアドレスが手元にあるわけですから―

メールには『配信解除』の案内文を記載して、商品を案内する際も新規商品をオファーする際にも、それらの商品がどう便利で役立つものなのか、購入することによってどんなメリットがもたらされるものなのかなど―

相手が得られる利得について概説したお知らせと、案内的にリンクを載せるだけに留めておくことです。


当然、アフィリエイトリンクを載せた如何わしい案内をする誘導メールなんてのは断じてNGですし、このように小手先のテクニックを使って売り込むのではなく、普通にオファーだけしていれば何も問題はないわけで―

気に留めておくことは、我欲だけでセールスを手掛けるのではなく、あらゆるシーンにおいて、先ずは相手に喜ぶことを与える、全てを自身に置き換えて打ち出すということが大事なポイントになるということです。


とにかく、安心して購入してもらえるように、満足度の高いサービスを徹底するということで、そこで、大手通販サイトの徹底されたサービスなり、返礼案内メールなどに接する機会があれば、参考にされるとよいでしょう。

メールマーケティング王道の配信ステップ

1. 最初にステップメールを配信するためのシステムを組み、配信するメールの下準備を整えておく
2. 有益で役立つ情報なりサービスを提供することによって、カスタマーリストの獲得収集策を講じる
3. 既存商品のオファーとか新規商品の紹介、キャンペーンなどの案内メールを定期的に配信する

このステップメールのシクミさえできていれば、アーティクルを記載するメルマガを刊行するようなことをしなくても販売促進に繋げることはできますから、後は、カスタマーリストの収集率をよりアップさせるように工夫して―

商品の案内やオファーのメールを定期的に配信して、成約率をアップさせることができればベストなわけで、『配信解除』の依頼があれば、可笑しな小細工をしないで速やかに対応するように心がけることです。


これをすることによって後々の評価や展開に大きく影響してきますし、ビジネスの存亡を左右する事態にもなりかねませんから、『配信解除』の依頼があった場合には、無料プレゼントなど返報品の案内をして―

解除の理由を訊ねる』といった具合に、後々のことを考慮して、何か一工夫した最善策を講じておくことが大事で、こういったことから、リピーターになってもらえる可能性がなきにしもあらずになるかもしれませんから。


このように、利用ユーザーなどを相手に何らかのアクションを促す際には、常に返報品なる無料特典などを付与すれば、ウェブサイトへの反応も印象も全く違ったものになってきますので、大きなポイントになります。

例えば、「△△されますと○○をプレゼント、更に□□された方には◎◎をプレゼント」といった具合ですね。



一方ブログの場合は、検索エンジンでのトップポジションへの表示を目的として、コンテンツの充実という役割を担う重要なメディアですから、たくさんのアーティクル(記事)を記載することが大事なポイントになります。

とにかく、最大のベネフィットを得るべくあらゆる可能性を考慮したアイデアがビジネスを左右しますし、ご自身にも商品やサービスのアイデアが出せるはずですから、これらのことをシッカリと意識して取り組むことですね。

スキルアップのためのブログ記事!?

安心感を与えて信用を得るという意味においては、ブログもその担い手のひとつとして軽視できないメディアですので、アクセスアップから収益アップに繋げるアーティクル(記事)はどのようなことを書けばベターなのか―

ということで、ここからはブログに書記する記事ネタに関する事柄から、アーティクルを書記する際の留意すべきポイント、ブログを活用することのメリットやデメリット、プロ意識の本質などについてお伝え致します。



1.ブログ・アーティクルの意義と目的

セールスビジネスにおいてブログにアーティクルを投稿(書記)する内容ですが、自身がセールスサイトを立ち上げるに至った体験談であったり、そのプロセスにおいて学んだりして修得した数々の知的ノウハウであったり―

コンテンツスキルに関することとか、インターネットを利用するユーザーのニーズとかトレンドについてであったり、商品の販売促進(売上げアップ)に繋がるメリットな情報を盛り込めばベストであり、そうした記事を編集し―

副収入的なことを考えて、書籍として出版してみるなんてのも面白い展開が期待できるかもしれませんよ。


「ブログの記事にするネタを何にすればよいのか分からない」といった方のためにヒントのひとつとして、取り扱う商品に関連する事柄から書く内容のテーマを導き出して決める、というのが最も妥当で書き易いでしょう。

例えば、自分が商品を扱ってみて感じた効用性であるとか、制作から販売を実践した結果までのプロセスであるとか、インターネット上の情報などから得た知識やノウハウなどについて徹底的にリサーチを行います。


情報をリサーチした際、ただ単に受け売りでそのまま真似て書き連ねるだけですと、著作権侵害の「盗作」になってしまいますから、完全に自己観による主張としてセンスを前面に押し出すといったスタンスが大事で―

納得できる真の情報をチェックして、確信できるまで裏づけ(事実確認)を取り、十分に理解できた上で事前に下準備を整えてから、独自の視点を交えて書き込んで解り易くまとめるといった具合で、意識すべきは―

書くことによって学ぶということ、「知識の蓄積とスキルアップを目的とする」このことを意に留めておきましょう。



例えば、商品の優位な機能性の活用方法について記事を書くとした場合、自身がそのことについて実践して理解してなければ書記することはできませんから、理解できないところはリサーチしながらも実際に体感し―

その上で適切な記事を書くことによって専門的な知識が必然的に身に付きますし、更に専門誌なり参考書などで自身が得た知識から閃いたアイデアであったり、人から聞いた参考になる話から閃いたアイデアとか―

手間のかかるような事象を効率化して簡単にできる秘訣などを書記すればブログもかなり充実しますね。


読み手に伝わるように、上手い伝え方というものを常に意識して、自分のセンス(感性・感覚)から工夫を凝らして書くように努めて、ライティングスキル(文章力)に磨きをかけ、更に書き続けるよう努めることによって―

センテンススキル(文章構成力)を上達させ、伝え方が結構様になってきて、伝達力や構成力に磨きをかけて、精神的に余裕がでてくれば、相手の心に残る印象的な文章も自然と書けるようになってくるはずです。

相手の心に残る文章になってるかどうかという判断は、知人などの第三者に評価してもらうようにします。


あらゆるシーンにおいて適切なセンテンス(文書)が書けるように努め、そうしてライティングスキルが上達してきますと、セールスコピー、メール、解説、対話、伝達、情報の受発信なでプラスの効果をもたらしますし―

自身の学び得た知識やノウハウなどをブログで発信するセンテンスとしてまとめることによって、それらを再認識することができますから、学習した知識がより鮮明に理解できる上、自身の成長を促すことさえもできます。


ウェブページ制作専用ソフトの使い方、ウェブページを最適にデザインする技法、ブログ、ツイッター、フェイスブック、SNS、こういったメディアの活用の仕方、FFFTPの使い方やアップロードの仕方、サーバーのレンタル

ドメイン取得などに関するノウハウ、グラフィック制作ソフトの使い方、グラフィックの描画技法、アフィリエイトとはどういったビジネスで、どのように着手すべきものか、インフォビジネスとかライセンスビジネスとは何なのか―

インターネットの利便性と特質性、警戒すべきポイントや留意すべきポイントにはどんなことがあるのか…



アクセスしてくる理想客層の知りたいこと、自分が伝えたい真相や役立つ情報、これらを照らし合わせて検証し、書記しながらブログサイトを充実させることによって、自分自身のスキルアップにも大きく寄与しますね。

ブログに載せる記事を書くことによって、読む人や書く人の役に立つというのは、インターネットとパソコンというツールがあるから可能なことなので、これほど素晴らしく画期的なメディアは他にないですから感謝ですね?



専門誌や参考書を含むあらゆる関連書籍であるとか、インターネットやテレビといった具合に、役に立つ情報発信メディアはそこらじゅうにありますから、その気になって探しさえすれば、書くネタに事欠くことはありません。

ただし、自身のセールスサイトのテーマに沿ったアーティクルを書記することが大事で、一通り実際に実践して体験をするとかリサーチするなどして、適切に理解した上でできるだけ多くを伝えるようにすることですね。


常に「良質な役立つ情報をシェアする」という意識を持ってリサーチしていれば、自ずとその方向にレーダーが向いて、自分の書きたいブログの記事ネタが必ず見つかりますから、気になるポイントを書き留めておく―

これらはオンラインビジネスにおいて基本中の基本とも云えるノウハウで、それらから学んだことを自身の主観的見解から書記する、こうやって自身の独創作文を制作することが最もベターわけです。


2.プロ意識の適正な捉え方

ビジネスビギナーの方の中には、「プロ意識」や「親しみ易く」を履き違えてる人って結構おられるようで、顔も素性も知れないインターネットの「あなた」に対して、馴れ馴れしく主観による上から目線でのフレーズ―

おそらくシロウトと覚られたくないという意識からだとは想いますが、こうした書き込みは、相手に反感をもたれたり、下手をすれば逆鱗に触れてアウトという場合もありますから、思い当たる節のある人は要注意です。


上から目線で言語を発したり、何かにつけて自慢めいた見栄を張りたがる人というのは、顕示欲や虚栄心が強く、偏見的で何かしらのコンプレックスを抱えていて、自己中心的な言動を発する人に見られる特徴で―

性格上の癖は文面にも如実に表われるため、主観的観点から文章を書く場合には注意を要するのです。


記事を書く際の大切な心構えとして、『人をバカにしてると感じさせるような上から目線で教える』といったような感覚で書くのではなく、学習したことを再度繰り返し確認しながら相手が理解し易いように調整して―

分かり易く伝えるといったスタンスで構成すること、自分をプロフェッショナルのように見せようと、自慢めいたことや上から目線の命令口調のように書いてる人は、ビジネスオーナーとしてドシロウトだということを曝け出し―

自身の正体をばらしてるようなものですし、相手に押し付けがましく物事を要求するのもNGですからね。



全ての人から好かれようとしなくても結構ですが、警戒心や懐疑心を持たれて『信用』を失くしたらアウトですから、ブログなりメールの文章は「読者を自分に置き換えて書く」ということを心得として意に留めておき―

自身が他人のブログ記事として読んだ場合に、『不快に感じるか感じないか』ということを常に意識しながら書く(投稿する)ということが大事なことですし、常に相手を立てる、これが真のプロフェッショナルなのです。


いくらプロなみの秀逸で見映えよく印象のよいウェブサイトであっても、鼻持ちならないお粗末なブログ記事を書いたのでは完全にアウトですから、常に均等な目線で相手への配慮を怠らないことが大切な心得です。

何事も相手の立場に立って打ち出すことを心がける』、このことを強く胸に留めておくようにしましょう。

あらゆるメディアをマーケティングに活用する!?

「オンラインビジネスにおいて、動画や音声は訴求力アップや売上げアップには必須のアイテム!」なんてことを謳ったセールスサイトを目にされたことがあるかと思いますが、それって何を意味してるかご存知でしょうか?

起業するというのは「事業家/経営者」になるということですから、ビジネスサイトで謳ってあるセールストークを端から信じ込んで鵜呑みにするのではなく、一旦は疑問を投げ掛けてみることも大事な心構えです。


確かに、いろんなビジネスサイトで動画や音声が使われてるのを見かけますが、全てに通じる考え方として、何でも一方向だけから捉えるのではなく、相対的に全体を客観視して考察する、このことを常に意識して―

ウェブデザインのコーナーでもお伝えしておりますように、新しい試みやサプライズは、最初は物珍しさから有効に多くの人の関心を集めますが、訪問する度に同じ内容の動画や音声が見聞きしてると辟易してきます。


多くの人の場合、ひとつごとの繰り返しは飽きてくるといった性質になってますし、何も意図してない自慢めかしたサプライズは『百害あって一利なし』という、逆の効果をもたらす無意味な産物にしかならないわけです。

新しい情報を知るとすぐ有頂天になってしまい、無闇に納得して右へ倣えをしてるようでは事業家として大成することはできませんから、じっくり調査して適正かどうか事実確認をした上で判断することが重要なのです。


英語圏のビジネスサイトを調査観察しまくってましたら、エントランスページに意味もなく動画や音声を取り入れてるビジネスサイトは殆どなく、商品を紹介するページにおいて機能性や利便性などを解説しながら―

使用方法について実演し、付与されるサービスについて解説した後に価格が表示されて、オーダーページへ誘導すべくボタンをクリックするよう促し、感謝の意を述べて終了するといった設定がなされていました。


トップページでやにわに音響で迎え入れたり、自己紹介や会社案内を動画と音声を流して解説してるようなビジネスサイトの場合、せめてスキップボタンとか切り替えボタンくらいは設定するといった配慮が必要です。

動画とか音声といったものは、必要な場面で適切に活用すれば、有効なサプライズになりますし、セールスに絡めて商品の案内をすれば、必要としてるユーザーに対して効果的に作用させることもできますから―

動画や音声というツールを含め、それらの創作スキルを身に付けることは、決して無駄にはならないでしょう。



要は、「どんな場所のどんなシーンで使えば有効に活用できるのか」「何を目的にそれを取り入れる必要性があるのか」といったことをよく考えて、適宜に取り入れて有効に活かすことを本分とすべき、ということです。

例えば、上記したように動画制作をビジネスとしてるサイトでは、最大の効果を発揮することができますから、ビジネス上の目的を果たす手段として動画を活用すれば、有効なツールであることは間違いありません。


ビジネスで動画を導入する場合は、プロモーションアイテムとして活かすことが肝心なことであって、ただ動画を用いればプロフェッショナルに見られるという、はなはだ愚かな勘違いだけはしないで頂きたいと思うわけで―

結論としては、ビジネスの基本や本質についてしっかり理解した上で、有効に活用すべくマーケティングツールとして動画を取り入れるということ、見る人の感情に訴えるために動画という選択肢が出てくるわけですね。


音声入り動画を導入することだけが目的になっては、単なる自己満足にしかなりえず、ビジネスサイトで意味のない負荷の産物になってしまっては本末転倒なわけで、どのシーンでどう使えば有効化できるのか―

こういった考え方が大事なのであって、音声入り動画を設定する際は、スピーチに自信のない人がメモに書き留めて話すのと同じように、最適な解説と構成ができてなければ、人に伝わる動画は作れないでしょう。

ですから、事前の下準備をしっかり整えておいてからセールスページに組み込むことが望ましいわけです。


動画を活用したマーケティングのひとつに、「YouTube」に商品のサンプル動画をアップしてアクセスを促すといったプロモーション手法もあり、いわゆる無料レポートによるプロモーションの動画版といった施策ですが―

検索エンジンといったメディアとは別の角度から、『動画サイト』といったメディアを利用したプロモーションで、集客するといった点では同じものの、その流れと販売までの相違点となるステップを大まかに述べますと―

1. 自分がやろうと決めたビジネスモデルに関係するターゲット(対象)となる理想客層に絞り、それに該当する理想客層の人たちが集中してる場所へアプローチして、そこから効率よく集客する方法を考案する

2. 無料製品のオファーを通じて理想客層のメルアド収集と、ブログなりメールなどにおいてもセールスサイトのコンセプトやメリットを伝え、継続的に購入してもらえる環境、会員制サイトを導入装備して案内をする

プロモーションのための施策は、あらゆる媒体をマーケティングに活用すべきものと捉え、幅広く試してみることがポイントになります。 (※注意点: 他人のウェブサイトを利用する際は、必ず規約に目を通して遵守すること)

安定収入を継続すべくシステムを構築する!

オンラインセールスで稼ぎまくるぞ!」、夢や希望を持って挑んでも必ず多くの不安が過ぎるはずですし、実際の話、収入の目途が立ってない状況で稼ぐなどと意気込んでも、精神的にいかがなものでしょう?

できるなら、目標とかビジョンを決めて、収入の目途が立った状況でセールスに踏み切るのが賢明ですから、これからお伝えする情報を参考に将来的な予想を組み立て、販売方法や収益的なことを理解してから―

計画的に事を進めれば、儲け方も確実に現実味をおびてきますから、セールスが楽しみになってきますよ。


例えば、「月30万円は稼ぎたい」と一般的な会社の給料程度を目標にした場合、単純に5千円の商品であれば月に60品目売れば達成できる計算になりますし、1万円の商品なら30品目といった具合に―

月の売上目標とする30万円から想定して計算するだけですから、本当に単純な話ですね。


そこで、月の目標として「1万円相当の商品を30品売り捌こう」という計画を立てた場合、ひとつの品目だけを販売して順調に売上げを確保しようとしても、殆どの場合、計画倒れになる危険性がありますから―

「1万円の異なる商品を30品目取り揃えて売る」と、こういった考え方が重要なポイントになります。


また、『安定収入』といったことを考えた場合、販売する商品に付加価値商材をバンドリングしてオファーし、現状でのアクセス数、リスト数、成約率を掛け算して増やしていくことを考える必要がありますから―

定額課金制の会員制クラブ』を導入して運営すれば、安定した収入を得ることができるようになります。


例えば、ひとりあたり月3千円の会費で月額30万円の収入を確保しようと目標を立てた場合、単純計算でも、その会員制クラブに100人のユーザーに入会してもらわなければ達成できないことになりますし―

アクセスしてきたユーザーは、会員の登録をして、会費を毎月支払うとなれば、かなり慎重になりますから、ビジネス初心者が最初からこれらのことを手がけるとなれば、そのハードルの高さがネックになりますよね?


そこで、かなり大事なカギとなるのが、「安心感・安全性・誠意・丁寧」といった、信用面の要素です。

会費を徴収する以上は、何らかのメリットとなるサービスを付与する必要があることは当然のことなのですが、
「初心者がそこまでやるのは絶対に無理!」と言われるのも当然のことかと想いますし、私も同感です。


ですが、永続する課金制倶楽部を主宰すれば、毎月商品を調達してメンバーに届ける義務を負う代わりに安定的に毎月会費を徴収することができるわけですから、実現したいビジネスモデルではありますでしょ?

自動化できるのがオンラインビジネスの魅力のひとつでもありますし、ビジネスのスタイルや広告戦略を真似ることは違法行為にはなりませんから、大手企業のシクミやシステムを真似して導入できればベストでしょう。


勿論、容易くできることではありませんが、ウェブシステムを構築してプロセスを自動化させることができれば、後は精度を高めるべくブラッシュアップ(改善・修正)しながら続けることができればべターなわけですから―

難しく感じることでも順応しさえすれば、これほど画期的なシステムはないので、やり甲斐はあるはずです。


ただ、メンバーが少なくても多くても、対応や管理全般にかかる時間なり労力といったものはほぼ同じなので、ビジネスビギナーの方とか会員の少ないオーナーにとっては、大きな負担を強いられることなるでしょうね。

また、ユーザーの立場からですと、パーソナルブランドとしての知名度が低く、ある程度の地位も確立されてなくて、懐疑的な段階で永続的な会員制クラブに入会の登録をするとなれば、よほどクオリティが高く―

付加価値性の商品なりサービスなどが扱われてない限り、殆ど空振りなんてことは充分考えられるでしょう。


そこで、聞き慣れないとは思いますが、『Micro Continuity Model(マイクロ・コンティニュティー・モデル)』と云って、個人にとても人気の高い会員制のモデルで、まずはこのシステムを導入されることをお奨めします。

その最大の理由となるポイントは、、期間限定による『有期型会員制倶楽部』を主催することができるという、個人起業家が運営するには最も適したメンバーシップシステムで画期的なシステムとなってるからです。


この有期型会員制システムのやり方としては、最初にフロントエンド商品を購入してもらい、入会期間を1年とするなら1年間だけの契約を結んで、この会員制倶楽部へ案内してメンバーを確保するといった具合で―

そこでは、低価格の会費で1年間、システムと商材のクオリティを体験してもらうことを目的として、コンテンツはインサイダーレポートとCOMPANYDEALのスクリプトを予めセットしておき、月毎に案内して提供します。


そこで大事なことは、どんなオリジナルの付加価値商材をメインに展開するかを決めておくことで、それらのクオリティーに満足してもらったメンバーに対して、1ランク上の倶楽部へと格上げ(昇格)することです。

業績アップを図る最適な施策とは!

インターネットで「業績アップ」を促進する効率的な施策について、まずは以下の項目をご覧ください。

■ SEOマスター
キーワード対策やウェブサイトの内部外部におけるSEO対策を駆使し、各種検索エンジンの検索結果の上位に表示させるべくスキルを修得し、濃いアクセスを集めて売上げアップを図ります。
※ 世間一般のノウハウよりかなり深い知識とスキルが求められるということは認識しておきましょう。
■ PPCマスター
Googleアドワーズ、オーバチュアなどのPPC広告に関するスキルを修得し、より安価でより多く確実性の高い濃いアクセスを集めて売上げアップを図ります。
■ アフィリエイトマスター
アフィリエイターやアフィリエイトをする人たちを有効活用するために、独自のアフィリエイトシステムを構築するスキルを修得し、活動的かつ優秀なアフィリエイトをする人たちをたくさん募って売上げアップを図ります。
■ リストマーケティングマスター
売上げや反応を得るメーリングリスト/ハウスリストを収集すべくスキルを修得し、様々なマーケティングの手段を用いて、より安価でより多く確実性の高い濃い理想客リストを集めて売上げアップを図ります。
■ センテンス・ライティングマスター
セールスレターやメルマガなどの文章で反応が取れるセンテンスライティングスキルを修得し、購買意欲の高い人たちに対し、少ないアクセスでも多くの反応を得て売上げを上げるべく成約率アップを図ります。
■ ソーシャルマーケティングマスター
Twitter、FacabookなどSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)でマーケティンのグスキルアップを目的として、リサーチ、顧客サポート、ブランディングなど、サービスを強行することによって売上げアップを図ります。
※ 英語圏のTwitter、Facabookの市場は日本より遥かな倍率のメジャーなマーケットで、専門教材もたくさん販売されています。
■ 動画マーケティングマスター
YouTube、Ustreamなどの動画メディアによるマーケティングスキルを修得し、動画プロモーションを駆使してプロジェクトを遂行したり、サプライズ効果によってアクセスを増やなどして売上げアップを図ります。
※ 英語圏では動画によるオファーがメジャー化しており、プロダクトランチの時点からステップで動画を流すのが当たり前になっています。

これら7つのスキルは、集客する『売る力』として存分に発揮できる販売促進の武器となるもので、何れかのスキルがあれば容易に集客できますし、全てを集結すればビジネスの大いなる躍進が期待できますから―

いずれかのスキルと「売れる商品」を持っている人と組めば、アイデア次第で販促展開が可能になります。


必須条件は、とにかく「売れる商品」であること、その次に不可欠なスキルが『マーケティングスキル』ですが、「売る力」もなければ「儲けるシクミ」もなく、「売れる商品」を扱ってる人も少ないというのが現状です。

事実、どんなに優れたマーケティングスキルがあるとは云っても、『売れるシクミ』『売れる商品』がなければ、買ってもらうことはほぼ不可能でしょうし、売れなければ商売は成り立ちませんから、これらは大変重要です。


自分のスキルを活かしてアイデアを出し、販売システムとシクミを自動化して、売れる商品の開発(製作)できる人やマーケティングのできる人と組むなど、他の人に任せた方が効率化できる仕事は専門家に依頼する―

このような取り組みも、ビジネスを手がける事業運営オーナー/経営者には必要な考え方と云えるでしょう。


結論として、オンラインビジネスで本当に稼ぐ人になるためには、何か1つでも極めるべく『クリエーター』のプロを目指すべきであり、個人的には、便利で役立つ無二の製品を開発することが大事なことだと考えています。

苦手なことまでやろうとしないで、自分に向いてることだけを徹底的にレベルアップして、向いてないことは得意な人に任せるといった考え方ができるようになりますと、ビジネスとしてのレベルが飛躍的に向上するでしょう。

NEXT

儲ける仕組み
儲ける仕組みの概要
起業に不可欠な要素
販促のキーポイント
リピート有効化システム
Mail自動配信システム
アクセスアップツール
AIDAMの法則
仕組みへのプロセス
目標達成へのシナリオ
/ 儲ける仕組み / SEO.SEM必修ノウハウ / 独立個人起業セミナー / 詐欺ビジネス / ウェブデザイン速習法 /
/ HOME / プロフィール / 特定商取引法に基づく表記 / お問い合わせ / サイトマップ / 上まで戻る
● あなたにお役立て頂ければ幸いです― [ライセンスビジネス] スペースメイクメインオフィス