オンライン起業・{儲かる仕組み・会員制システム・アーティクルヴァイラルマーケティング
Space Make
独立個人起業初心者が知っ得儲かる仕組み



| HOME || サイトマップ |
独立個人販売起業初心者のウェブサイトを収益体質に変える『儲かる仕組み』は、トラフィックを最大化する「理想客引込み自動拡散販売システム』を導入したマーケティングを駆使するプロモーション全般―
☆ 仕組みへのプロセス

起業達成を実現すべく「表裏の法則」!?

あなたの場合、臭いモノがあれば『蓋をする』といった感覚で、全く無視を決め込むタイプの人でしょうか?
それとも、臭いモノは『元から絶つ』といった感覚で、元を突き止めようとする探究心旺盛な人でしょうか?


それらマインド(思考)面から考察した場合、臭いものには蓋をすると、外面的な浅いところだけを捉えるタイプの人と、臭いものは元から絶つと、内面的な奥の深いところまで捉えようとするタイプの人とでは―

ビジネス(事業・商売)というものに対する嗜好性なり取り組み方なりが、全く異なったものになってきます。


オンラインで起業して成功したいという願望を抱きながらも、「あり得ない儲け話なんかに騙されるものか」と、端から無視を決め込んではみるものの、売り易く稼ぎ易い妥当なビジネスを追い求めては四苦八苦する―

そんな自分に気付かないまま迷路に迷い込み、散財した挙句に結局は断念せざるをえない残念な結末を迎えてしまう殆どの人は、目的も計画性もなく、ただ儲けさせてくれる稼ぎどころを闇雲に探しまくってる―

起業することの真意なり本質を理解してない、安易なマインド(思考性)が最大の悪要因なわけですね。


「負のスパイラル」なんてワードもありますように、玉石混合の様々な情報に翻弄されて路頭に迷い、つい甘言に心を掬われてどんどんのめり込んでしまい、路から脱線して軌道修正できないまま終焉を迎える―

このように、外面の浅く薄っぺらな情報だけに固執し、疑問すら投げ掛けることもなく一喜一憂しながら流される人たちもいれば、常に情報の裏側を考察することによって、儲かるビジネスに繋げてる人たちもいる―

そうした関係性がオンラインネットワークであるインターネット上でのビジネスを成立させてる側面もあります。


ウェブ上においては、『大儲けできる』などと謳ってる「胡散臭い、如何わしい」といったワードしか思い浮かばないようなECサイトを目にされることもあろうかと想いますが、『オンライン起業で成功したい』と願う人は―

こうしたサイトにこそレーダーを向けて、それらの販売手法を敏感に察知すべきで、『外面の表情報から、その内面の裏情報を考察する』、ビジネスに繋げる発想には、こうした考え方が最大のカギとなるのですが―

起業を志してる多くの人たちは、自分たちの置かれてる情態から、外面の情報のみを鵜呑みにして、それらの情報が全てのように信じ込み、それを正当なビジネスとして自身のマインドを固定させてしまうわけです。


そんな人たちに共通してることは、モノをクリエイト(創作)する『創造力』、機転を利かせたインスピレーション『閃き』や『発想力』、何がしかに繋げて応用すべくアイデア『想像力』やオリジナリティ『創意工夫』など―

実に、ビジネスには不可欠な要素の殆どを持ち合わせてないということに気付かれるはずですし、何かにつけて多様化してきてる現代において、自身のこれまでの既成概念に囚われすぎてるあまり、己の意識下に―

秘められてる多くの可能性に気付かず、その殆どを見落としてることに「勿体無い」という言葉しか出ません。



見えてない裏を考察する」というのは、外面の見えてるセールススタイルや各種情報を『建前』として、その内側にある体制や構造の『本質』を考察することによって、必ず儲けの法則(カラクリ)が潜んでいる―

というのがビジネスにおける普遍の条理で、比較できる事物や状況から考察すれば自ずと見えてくるもので、例えば、商品やサービスに対する評価を外面上の情報として捉えるなら、こうしたECサイトのようにする―

知識やスキル、行ってるセールスの流れそのものを考察し始めることによって、それぞれに様々な裏面の体制にフォーカスしてビジネスの実態を見抜き、サクセスパターンを見出すことがカギとなるわけです。


見出したサクセスパターンを適切に判断して、インスピレーション(閃き)を働かせて想像から創造に繋げて製品を創作し、他人のビジネスモデルをヒントに独自のビジネススタイルを打ち出して確立するということ―

つまり、表裏の法則を常に意識しつつ事物の裏側を考察し、『自分のビジネスにどう当て嵌めるか』ということを考え、有力なツールやシステムを導入することによって効率的なビジネス運営を展開するわけです。

そこで、ビジネスオーナーとして順調にやってゆくために必要なマインドとスキルについて確認しておきましょう。


ビジネス本来のあり方を認識した上で、物事の動機付けから『』を読み解くことができるか、真偽を見抜く洞察力があるか、行動するべく判断力や実践力があるか、独創性を発揮した想像力や創造力があるか―

アイデアや創意工夫によって差別化できるか、ぶれずに継続することへの覚悟や情熱を併せ持っているか、更には、イノベーションにおけるトレンドやニーズに対して柔軟に対応できるマインドを持ち合わせているか―


要するに、『臨機応変』な対応能力で、これがマインドにおける最も重要なキーポイントとなります。



このやり方で間違いない、何事も受け入れて対処することができる」と、確信的な境地に達することができれば、自身の決めたミッションやビジョンの定義した通りに展開することができるようになりますから―

ビジネスも自ずとスムーズに遂行できるようになるわけですが、実際にアクションを起こしてその道の表舞台に立って成功する人は実に5%未満というデータもあり、こうしたシビアな現実があるということを認識し―


また、物事の裏に潜んでる本質を考察して理解できれば、そこそこ高みを目差して躍進できる方って、結構たくさんおられるように想われるのですが、物事の『』に気づいて本質や構造のカラクリが見えたとしても―

そこに踏み込んで実際にアクションを起こさなければ全く無意味』ということを意に留めて、自身が将来的にやりたいこと、叶えたい夢に向かってひたすらに突き進んで頂きたいと思う次第です。


儲けられる成功事業家を夢見て起業したはずなのに、物事の『裏面を考察する』ということに全く気づけなくて、目標達成まで漕ぎ着くこともできずに、途中で挫折して断念してしまう、といった人たちもいれば―

ビジネスの本質をないがしろにして、善悪の分別もつかずに確証性のない他人の言動に感化されて同調し、意図してない方向へと振り回された挙句に破綻して断念した、という残念な結果を迎える人たちもいます。

そうした人たちが実に90%以上もいるというシビアな現実、これをどのように捉えるべきなのでしょうか!?



こうしたことも認知した上で、ウェブシステム『儲ける仕組み』のひとつである会員制サイト『儲かるシクミ』を構築して、ひとつの成果目標を達成するまでのプロセスとか、心構えなどを交えながら考察してみましょう。

役立つ商材を見つける「問いかけ基準」

まず、稼ぐべくインターネットで起業する目的と共に、どういった事物に役立つ商品を扱うか決めているか―

成果目標に対する目的意識と情熱的に挑むという決意と共に、ビジネスに対する信念は固まっているか―

また、「生涯を懸けて絶対にやり抜くぞ」と、信念を持って臨もうとしてるか、自身に確認をとっているか―

更に、提供する商品やサービスに「独自の付加価値を付与する」ということの真意を理解しているか―



「現況の収入では先行きが不安で心配だから、もっと稼げる何かをやらなければ」と、切実な思いに駆られるのは必然的かもしれませんが、知識もスキルもないシロウトが、オンラインビジネスという未知の世界で―

起業する」となれば、それ相当の覚悟を要しますし、ましてやインターネットでセールス(通信販売)を手掛けるともなれば、強固な信念がなければ並大抵の努力で目標を達成し得ることは困難極まりないこと―

なのに、成功するために「自分の思考や意識を変えよう」などと焦っても、何か事態が変わるでしょうか?


それよりも、自分にとって『起業する』ということにどんな意義があって、何を意味するものなのか、どのような製品を扱えば理想とする優良客層に喜ばれるのか、どういった付加価値を付ければベターなのか―

目的や目標と共に、こういったことを明確にしておくことが先決で、起業するにあたっては、全く未知の分野を目ざすよりは、これまでにに培ってきて身に付いてる事物であったり、自身が趣味でやってる事物であったり―

そういった分野と関連性のあるものを活用してビジネス化した方が合理的で遥かに効率的ですから、需要のありどころが分かりさえすれば、自身が夢見るオンラインでの起業を実現する確率も高くなるでしょう。


例えば、激太りで悩んでる主婦がたくさんのダイエット本を読みあさったり、様々なダイエット方法に取り組んだりした結果、グローバルレベルで活躍する有名なダイエットコンサルタントまでになったという実話があります。

また、料理が苦手で最初は自分が簡単に調理できる器具を創作して、そのコラムを雑誌に連載してたところテレビメディアに取り上げられ、起業への道を切り拓いて大富豪になったという女性の話も有名でしょう。



この人たちに共通する点は、強く深い欲求に対して正直に取り組んだだけで、凡人と少し異なる点は、身近な物事に精通して「自分たちと同じような境遇の人たちに役立てられないか」と考え商売に繋げたことです。

ビジネスに繋げる発想において重要なポイントは、消費者にとってのトレンドやニーズを幅広く捉え、どういったものに需要があるのかを把握し、『問いかけ3つ』を基準として自身の成すべきことを導き出します。

@ 自分の得意分野のスキルを活かして多くの人たちに喜ばれる製品はできないだろうか?
A それらの製品は何処でどんなことをしている人たちを対象にすれば役立てられるだろうか?
B その人たちにとっての問題や悩み事、願望といったものに役立てるにはどう作るべきだろうか?

その次に、商品の適正価格と販売数を決めるポイントは、『問いかけ2つ』を基準として導き出します。

@ ○○名程度の顧客で運営資金を賄う商品を提供するにはいくら位が適正価格だろうか?
A ○名程度の人員で運営資金を賄うには商品価格に対して顧客は何人が妥当だろうか?


このような考えから検証すれば、自ずと役立てられる商材からセールスの方向性までも打ち立てられますし、このことが意識下にあるかないかによって、ビジネスを展開する上において行動の加速度も違ってきます。

大事なことは、オンラインビジネスにおける適切なニーズ性と、後のトレンド(傾向)を捉えるべく情報に向けてレーダーを張り巡らし、『得意分野でスキルを磨き、活かせるやり方を工夫する』、これに尽きます。


「いくらかでも効率的に有益性のあるビジネスを手がけたい」と切望してる起業人が「自分を変えなければ」と躍起になって奮闘するよりも、重要視すべきことは「儲かる仕組み」というウェブシステムの体系を構築し―

ビジネスの本質に則って取り組めばよいだけの話であって、自分の意識を変えようなどと無理なことをしなくとも、本来の自分のままでも構わないので、販売する商品に『付加価値を付けて差別化する』ことを考え―

常に『信頼性/信用』といったことを心がけて、実直でシンプルに取り組んでさえいれば必ずよい方向に向きますから、過去の自分から今の自分に出来ることは何か、突き詰めて見出した上で具現化するだけです。


成功するかしないかは個人的な問題が絡むため確証性はありませんが、インターネットで活かせるスキルさえあれば、このことを知っただけでもオンラインビジネスの80%強を制覇できたと言っても過言ではありません。

まずは、自分にできる事物なり分野は何なのか、どんな事物をやれば愉しくできて飽きないで続けられるか、仕事として創作する製品を具現化するために、自身のやりたいこととしてプランシートに書き出します。

ビジネスの不条理な策略!?

雑誌の対談欄とかテレビのワイドショー番組などにおいて、ミュージックおけるCDの売れ行きに関する議題で「最近はCDの売れゆきが低迷してる」といったコメントを耳にしたとき、「そんなことはないだろ!?」と―

にわかには信じ難いような話ですが、そうした議論がされてる中で、ミュージックフェスタなるものが盛大に行われ、CDの売上げランキングにおいて、人気バンドが販売初日に『ヒットチャートミリオンセラー首位獲得』


といったような報道もなされ、矛盾した不条理な事態が起こってるものの、その報道情報を真に受けた人の中には購買意欲をかきたてられて購入してしまう人もいて、どちらが真実なのかどうかということではなく―

CDの売上げを伸ばすべく販売拡張を狙っての戦略であるということ、こうした不条理な仕掛けがなされてるということも、物事の裏を考察する」ということを知ってれば、ビジネスの裏側が透けて見えてきます。


インターネット上で目にするビジネスサイトで、儲けるための不条理なセールスフレーズを使ったサブタイトルにのせられてのめり込んでしまい、稼ぎ出すところまで至らないのに抜け出せなくなるといった方が実に多く―

「稼ぐためには自分が仕掛け人になる必要がある」といったワードの本質を理解しないままセールスをスタートさせる起業ビギナーの多くは、似非事業家のしかけた『儲かる仕組み』のトラップにのめり込んでしまって―

これまた不条理なサブタイトルを打ち出し、何も気付かないままセールスをするという、実に滑稽な話です。


そこで、実質的に儲ける方向に持っていこうと試行錯誤する人はまだマシなのですが、そのトラップ内で投資ばかりさせられ、儲けも得られずに振り回されただけで終わってしまうといった方たちが殆どなわけですよね?

目標としてる理想のビジネスを他人が既にやっていて、そこでトップに君臨してる人がいた場合、その人以上か同等の知識とスキルで、自分自身がトップの座に君臨しなければ、儲かる要素は何ひとつありませんね。

同じ土俵での後追いビジネスは成功し難い』と言われてる所以のひとつはそこにあるわけですね!


まず、ビジネスにおいてカギとなるポイントは、「総合して統括的に儲けを得ているのは何処の誰なのか?」、このことに意識を向けて、どのようなネットワークを組み、どのようなカラクリ(裏)を仕組んで儲けているのか―

儲かる仕組み』というウェブシステム全般の構造、ビジネスの裏側を的確に捉えることが大事なのです。

様々なシンガーやダンサーたちが歌い踊る華やかなステージ、実質的に儲けを得ているのは誰なのか―
カジノ・競馬・競輪・競艇といった賭け事、主催者とプレーヤー、確実に儲けを得ているのは誰なのか―
「億を稼ぐ方法」というノウハウ本、筆者・編集者・書店・購読者、最も儲けを得ているのは誰なのか―
ダイヤモンドの鉱脈、発掘すべくツール創作者、売人、購入発掘者、最短で財を成すのは誰なのか―

自分がトップになって大きく稼ぐためには、ビジネスの構造や裏側なるものを深く掘り下げて考えることが大事で、起業家として大成するためには「トップで儲けることの本質」を的確に理解することが重要なわけです。

トップになるために必要な洞察力と創造力!

ビジネスオーナー(トップマーケター)として躍進してる人の共通点は、信念をもってあらゆることに果敢に取り組む熱意が強く、あえて不条理な業界に飛び込んでリサーチする探究心旺盛な感覚を持ってることです。

有力な競合他者が「どのように集客をしてるのか、どうやって儲かり易くしてるのか」、オーナー自身が相手の顧客となって懐に飛び込み、そこでのやり方を徹底的にリサーチして、自分のビジネスに活かすわけです。


起業したて当初は、インターネットにしろ『儲かるシクミ』にしろ、あらゆることを身をもって実体験しなければ何も解らないことだらけですから、自身のビジネスを確立すべく目的意識をシッカリ持つことが重要で―

不条理な業界へ飛び込む目的は、ビジネスの手がかりとすべく『儲けるシクミ』をリサーチして、的確に自分のビジネスで活かせるところを探り、有益性のある実用的なシステムそのものをスパイすることにあります。


自身のビジネスに役立てられるシクミなりノウハウを満遍なく学習し、自身のビジネスに活かせると確証できた時点で脱退するわけですが、滞在中にリサーチすべき主だった事柄は、以下に示す2つですね。
リサーチすべきポイント1つめは、ユーザーを獲得する状況とか、カスタマーの心理や人物像をチェックする
= どんな消費者がどんな思惑でどんなサービスに興味を持っているかなど、実際の動向やニーズを捉える
リサーチすべきポイント2つめは、どんなシステムが組まれ誰が最も儲けているのかなどをチェックする
= そのサービスを仕掛けた人物は誰で、どんなシカケで儲けているかなど、裏の因果関係を観察調査する


成功するビジネスオーナーを目ざす上で大事な心構えとして、自身で稼いでゆくスキルを身に付けるために、調査力と観察力と洞察力を研ぎ澄まして真実の情報を見抜き、常に探究心旺盛であり続けること―

自己投資の観点から実体験による知識習得に努め、判断力と促進力を養うことであり、知識を修得する課目としては、検索エンジンに関すること、ウェブサイトに関すること、フェイスブックにツィッターにブログ―

メール配信に至るまで、思うよりもたくさんありますが、これらを身をもって体験することが重要なわけですね。


そこで留意すべきポイントは、個人的見解から知り得た情報の内容を真に受け、何の疑問符を投げ掛けずに信じきってしまうというのは愚の骨頂だということで、そうした情報だけで「知った、解った」というのではなく―

これらの実質的な信憑性や整合性、具現性などについて裏付けを立証し、確証された上で活用するというのが筋であるということ、そして、失敗したからといって諦めるのではなく、『失敗から学ぶ』という考え方―

これはビジネスオーナーとしての資質が問われる非常に重要な心構えで、成功は失敗からもたらされます。



常に物事の全てを否定観念で捉えてみて、自身のビジネスに対する倫理観、信頼性、信憑性、整合性、正当性、方向性などへの指標を確証性の高い情報から導き出し、自身のビジネススタイルを打ち出し―

専用のシステムを築き上げて、リサーチ(調査研究)を繰り返しながら、常に『情報の確認』を行うことです。


多くの起業家は、単純に「売れそうだと思える商材を扱うビジネスなら継続して収入になりそうだ」と錯覚させられてトラップに嵌り込み、食い物扱いされた挙句に終焉を迎える、このようなパターンを繰り返しています。

本物指向のビジネスだけが生き残れる時代、自身のビジネスをどういった方向性(ビジョン)で展開するかが決まりさえすれば、儲けるための不条理な倫理観を払拭することは、思うほど難しいことではないでしょう。

ビジネスにおけるミッションには「儲ける」を組み込む!

ビジネスで成功すっるためにで欠かせないものが『目標』と『ビジョン』を打ち出して掲げること、それらを決定する前提として、覚悟や信念と共にミッション(目的・使命)とパッション(熱意・情熱)も欠かせませんし―

その根底には、『儲ける・稼ぐ』といったコンセプション(概念・趣旨)が絶対的に欠かせない要素になります。


成果目標の達成に繋げるためには、根本に『儲ける』という概念を据え、プランには予定も含めて願望など自分のやりたい事物を克明に盛り込み、その実現に向けて遂行することが継続のポイントでもありますし―

成果目標としてに掲げた自身の願望とか夢といったものを意識下におき、その中にあるひとつの目標を達成して実現できたら、次に達成すべく目標掲げてアクションを起こす、それを繰り返すといった具合で―

この一連のプロセスが集大成となる成果目標を達成するための『見取り図/設計図』となるわけです。


行動もやり易くなりますし、プランシートに記したミッション(願望・目的・使命)がモチベーションとなって、「自分はこんな売り方をして儲けていこう」と、『儲ける』ことにフォーカスすることによって、販売体制からなる―

展開指針の具体的なビジョンが打ち出せて、自身のやるべき方向性を決めることができるというわけです。


起業家の目ざす第1の目標は、扱いたい商品の調達で、第2の目標は「儲かる仕組み」を構築すること、第3の目標とするものは、セールスを展開してゆく施策や運営指針などの『ビジョン』ということになります。

ビジネスを始めようとする人たちは、各個人で商品のセールスに対するそれぞれの思惑(目的)があって、その思惑に付随するのが、「○○をやる」「○○がしたい」といった使命や願望となる『ミッション』なわけですね。

* 多くの人に必要とされる便利で役立つヒット商品を次々と開発なり調達して提供し続けるぞ―
* 将来的に上場企業の取締役オーナーとなって、グローバルなみに事業規模を拡大していくぞ―
* 海外に進出して世界規模のトップリーダーとなって、困ってる人たちの支援や援助活動するぞ―
* 離れて暮らしてる両親や子供たちのために、広くて安全で安心できるハウスにリフォームするぞ―
* 豪華な屋敷や別荘、高級車やディナークルーズ、豪華な贅沢三昧の暮らしを実現してやるぞ―…


個人的な願望なり夢などに対してミッションに掲げる人、遂行したいビジネスに対してミッションを掲げる人、各々に思惑はあるかと思いますが、どんなミッションを掲げたにせよ、コンセプトの根底には『儲ける』という―

本来のミッションを組み込まなければ、功を成すといった成果目標を達成することには至りませんね?


意に留めておくべきことは、『如何なるミッションでも『儲ける』を根底に据え、それをモチベーションとして継続していくということ、大事なそこのところを押さえておかないと、ビジネスの意義も意味もなくなってしまいます。

とは云っても、ビジネスでは『信用』というのが最も重要な要素ですから、その『信用』を維持するためには、『拝金主義』に走らないように、儲ける』を成果目標に組み込まないということがキーポイントになります。

儲け』なるものは商品が売れることによって後から付いてくるものですから、まずは商品のクオリティを優先させて、「どのような儲け方をするか」、セールスの方向性である『ビジョン』がカギを握ることになるわけです。

ビジネスで成功するカギって何!?

一般論として『ビジネスで成功する』とは、セールスする商品が継続的に売れて順調に儲け続けられること、このように言われてますが、起業して間もないビジネスビギナーの方が、こうしたことを成すためには―

ただ単に他業者の受け売りをするだけでは到底不可能ですから、自身が手掛けるビジネスのコンセプトに相応しい特定分野において、人に教えられるほど深く精通し、専門的な知識やスキルを修得しておくこと―

そして、他業者とは多くを差別化し、異なる切り口のセールススタイルを打ち出し、独自の付加価値サービスで提供すること、これが絶対的な条件として不可欠であることをしっかりと認識しておく必要があるでしょう。


そこで、スキルと知識に関する精通度レベルの4ステップを確認しておきましょう―

レベル1: 単にスキルの存在を知ってるというだけのことで、その本質も必要性も全く認識していない

レベル2 どうやって特異なスキルを活かすのか、事実上スキルが全くないのに知ってるかのように話せる

レベル3: 得意とするスキルを活かして趣味としても楽しみ、その本質も必要性も完全に理解できている


レベル4 専門家として教えられるほどのスキルも知識もあり、セールスに関する発想もアイデアもある

云うまでもありませんが、オンラインビジネスで成功するためには、レベル4まで上りつめる必要がありますし、どんなにセールススキルがあっても、セールスページにおけるテキストとグラフィックスによる詳細な情報量―

ビジターを納得させられるだけの説得力なり訴求力のあるライティングスキルなど、これらを持ち合わせてなければ、一般的な論調の『成功者』と成り得ることは絶対的に不可能、と言っても過言ではないでしょう。


ビジターに信頼されるだけのスキルと知識があって、ハイクオリティな商品が揃い、安心して購入できる環境が整備されいて、相手に商品の必要性が伝わるほどの詳細な情報量があって、販売体制は万全―

これだけでは十分とは云えず、コンスタントに商品が売れるシクミ、消費者としての特性を感知したサービスによるセールス展開、満足感を付与するサポート体制、安定したシステム作りの構築が求められるのです。


ということは、レベル4から上のスキルには格段の開きがあり、そのレベルに到達するには半端でないほど桁違いな難易度であるということ、そのレベルまで到達できる人は、そうザラにはいないというのが実状ですから―

厳しい言い方をすれば、途中で挫折する人、或いはある一定以上の伸び率が望めない人というのは、こうした自分のスキルや知識におけるレベルを過大評価して、判断基準を誤ってるということが云えるでしょう。


よくあるパターンとしては、スキル2レベル程度の技能と知識しかないのに数百万円もの借金までして起業に踏み切ってしまい、「簡単に儲かる」というビジネスを手掛けてシロウトがシロウトを相手にビジネスをする―

また、スキル3レベルの技能と知識でスキル4のことができると思い込んで坩堝に陥るといった具合です。



成果目標を達成するためには、まず自分が得意とする分野の知識やスキルを向上させ、そこから拡散して学習を行うといった具合に、常に強い『自己成長意欲』を持って臨むことが大切だということです。

まずは、オンラインで必要な儲ける仕組みやシステムなどの知識を修得することが先決で、それからビジネスに関する知識を修得した上で、取り扱う商材やサービス、モデルやスタイルなどを決めるわけですが―

ビジネスに関するマニュアルを購入し、学習をしてビジネスの構築に着手し、更に自分の知識とスキルの質量を高め、常に向上と進化をやり続けられる学習意欲が旺盛であることが必須条件となります。


こうした強い『自己成長意欲』を保持してスキル3までのスキルと知識を修得し、スキル4のスキルと知識には何が必要なのかを理解して、そこから更に学習する必要があります。

あえて挙げるなら、経営学であったり法律や法規、ビジョンといったビジネスの本質等のスキルと知識です!


事業運営に関して云えば、経理財務から人員育成やシステム導入等に関するマネジメント、マーケティングやプロモーション、店舗イメージや経営理念、更に法律の知識や商材の提供手段などなど…

スキル4に達するには、自分の売り以外にこうしたビジネスに関するあらゆる知識を修得することが不可欠ですし、スキル4の領域まで確実に達していると認識できて初めて成功への扉のカギが得られるわけです。

成功すべく法則性の基本6つのプロセス!

儲かる仕組み』の総合的なおさらいになりますが、起業家志望者が販売サイトのシステム構築を達成する、ある意味ミッションとも云える6つのプロセスがあります。

これら6つのプロセスは、起業達成の夢を実現し易くするために必要な、ビジネスの成功法則とも云えるもので、重要なポイントは、適性かつ適切な判断力を発揮して1つずつ確実に積み重ねてゆくということです。



1つ目のプロセスは『穏』

まずは心を穏やかにして頭のレーダー(探知機)を稼動させること、感度の優れたレーダーを回すことによって、自分に必要な情報や知りたい情報を見つけ、それらに関連する様々な情報を蓄積してゆきます。

大事なポイントは、心を穏やかにゆったりした気持ちで探知することで、そうすれば良い情報に気づけますし、良い情報が集積できれば自ずと良識的な知識が身に付くことになります。

逆に、焦って張り詰めた気持ちで探知していますと、虚偽情報や詐欺情報などに惑わされてしまい、最悪の場合、あらぬ情報に振り回されて迷路に入り込み、時間や費用など尊大な損失を被る破目に至ります。


2つ目のプロセスは『索』

これは、探索・捜索・検索することを意味するもので、レーダーによって集積された情報を基に必要と思える事物や情報、導入すべきツールなどの選り抜きをしてリサーチ作業を行うということです。

例えば、自分の理想とする分野とかニーズ性の高い分野を含め、ビジネスの理想的なモデルなりスタイルを分析して、それに関連する真に必要な情報や導入物などを見つけ出してゆく作業を行うことになります。

ここでのポイントは、自身の決めた事業スタイルや趣旨に沿って『絶対にぶれてはならない』ということです。


3つ目のプロセスは『模』

これは、模倣する模り(カタドリ):似せて作る』ということを意味したワードですが、「似せて作る」というのは「偽物を作る」ということではありませんので、そこを穿き違えて制作してしまいますと大変なことになります。

周知されてますように、ビジネスにおける成功例のほとんどは模倣することから始まるとされてますから、まずは事業の基となる自分が理想とするビジネスモデルなりスタイルを徹底的に真似て作ることから始めます。


リバースエンジニアリング』なんてワードもありますが、今ある日本の電化製品や工業機器の殆どが海外から取り入れたもので、分析と解析と研究を繰り返し行ってきてトップレベルの技術向上を果たしています。

ビジネスにおいても、このように最初は自身が理想とするビジネススタイルやセールス形態などを模倣し、そこに独自の発想や創意工夫を施してレベルアップしてゆくという考え方をするわけです。


要ポイントは、全体的な構造や構成を適切に解析して、システムや仕組みを適切に組み立てることです。

模倣するビジネススタイルなりビジネスモデルなどが決まったとして、残り3つのプロセスは、『能』の世界で古くから伝わっている『守・破・離 =スキルアップするためのプロセス』を行使してオリジナリティを目差します。


『守』は、「基本の教えを守る」ということを示唆したもので、ビジネスサイトに置き換えますと―
「基本と本質を適切かつ適正に理解した上で忠実に模倣する」ということになります。

成功例を忠実に模写して徹底的に検証することによって自身のスキルアップに役立てるようにするわけです。


『破』は、「本来の型を破る」ということを示唆し、『守』を基に独創性を意識して自分らしさを出してゆくということで、模倣した容を基に自分の売りを前面に出して、徐々にオリジナルの容に変えてゆくことになります。

『離』は、文字通り「離れる」ということで、『守』と『破』で得たスキルや知識を活かし、やがては自分独自の容に変え、完全にオリジナルな独自の道を切り拓き、自身の事業を築くべく邁進してゆくことになります。



販売における要点は『創作性』と『継続性』ですが、ここで留意しておくべくポイントを申し上げますと、まずそのようなことを独りでこなしてゆくというのは、販売面でも運営面でも非常に効率の悪いことになります。

また、独りよがりな面が出てきたり目移りしたりして、ビジネス自体の方向性がぶれてくる可能性もあります。


要するに、上記6つのプロセスを独りでやるのは勿論なのですが、これと同じプロセスを経た1人以上の仲間を置いて、その仲間同士で補いながら遂行してゆくことで効率的なビジネス運営を可能にすることです。

ビジネスビジョンが固まってくれば、自ずとその方向で検討することになりますが、ただ、その際に金銭的なことも絡みますから、優秀で有能なパートナーを見つけることが重要なカギになることは云うまでもありませんね。


伝えたいと思ったことをアレコレと知り得てる範囲内で述べてまいりましたが、オンラインビジネスで成果目標を達成するために最も大事なことは、ビジネス書を読んだり『成功法則』を学んだりすることよりも―

まずは、売るための役立つ製品を創作する方法や儲けるためのシステム『儲かる仕組み』を構築する方法といった、実質的に必要なこれらについてのみ学び、成果目標に向けて尽力を傾け邁進することですね。

NEXT

儲ける仕組み
儲ける仕組みの概要
起業に不可欠な要素
販促のキーポイント
リピート有効化システム
Mail自動配信システム
アクセスアップツール
AIDAMの法則
仕組みへのプロセス
目標達成へのシナリオ
/ 儲ける仕組み / SEO.SEM必修ノウハウ / 独立個人起業セミナー / 詐欺ビジネス / ウェブデザイン速習法 /
/ HOME / プロフィール / 特定商取引法に基づく表記 / お問い合わせ / サイトマップ / 上まで戻る
● あなたにお役立て頂ければ幸いです― [ライセンスビジネス] スペースメイクメインオフィス