個人販売独立起業・インターネット・オンラインビジネス・運営スキルノウハウ
Space Make
独立個人起業初心者が知っ得ビジネス必修スキル


ON-LINE・BUSINESS・BEGINNERS・SEMINAR
個人起業ビジネスセミナー
| HOME || サイトマップ |
独立個人起業初心者が成果目標達成のプロセスで学ぶべき成功の秘訣は、デマンドマインドの意識改革によるビジネスビジョンの明確化と、SEO効果を意図したウェブ定義のデザイン構成力やビジネススキルの向上
【3.技法アップの応用】

サイト運営の心得
━━━━━━━━━


多くの情報で詳細に伝えて必要性を説く?

ここの項目では、前項の『伝えるスキル』伝達力について、具体的に詳しく解説するもので、そのカギとなるのは、『機能的にはどういった優位性や利便性があって、性能としてはどのようなことに役立つものなのか』

その商品を必要と感じてアクセスしてくる人にむけて、グラフィックスとセンテンスを用いて、詳細かつ具体的に伝えて更に必要性をアピールする、こうすることによって即決で購入してもらえる決定打とするわけですね。


成約率を高めるために、一般的に用いられている『解説書付き商品』と同じ定義のもので、ECショップにおけるウェブサイトに求められるSEOに関ってくる大事な要素となるもので、有効かつ効果的な―

解説の仕方とは如何なるものなのか、心に突き刺さるような印象深いアピールの仕方などをよく研究した上でデザインする、これは自身のセンス(感性)や創意工夫のあり方が問われるところであろうかとも思います。


『誰でも簡単にできそうなビジネスはリスクが高い』を実証

以前、荒稼ぎして大儲けすることを目的として、情報商材で儲かる系のノウハウを売るという、胡散臭いビジネスがウェブ上を賑やかせていましたが、あたかも凄い内容の情報があるかのように誇大表現を用いたり―

商品解説のある部分を伏字にしてみたり、如何に儲けてるか誇示すべく加工画像の入金明細を載せてたりと、あらゆる『煽りテクニック』を巧みに駆使して受注する策をとってたサイトがやたら幅を利かせてましたが―

では『なぜ、そのような如何わしいセールステクニックに凝る必要があったのか』ということを考察してみましょう。


このビジネスは、商材の『在庫』をかかえる必要がない、『サポート』も『アフターフォロー』もする必要がない、セールスレターのセンテンスのみによって売り捌く、誰もが儲かる夢のようなビジネスとして衆目を浴び―

商材を売り捌いて大儲けするために、同じようなセールスサイトを拡散させ、同じ内容で同じ売り方を奨励する、いわゆるライティングテクニックを駆使した、マネーゲーム感覚で広まった詐欺ビジネスだったのです。


販売元の仕掛け人たちは、アクセスしてくるユーザーたちに即決で購入させるべくセールステクニックを駆使してセールスページのデザインに凝り、一流のマーケターでありプロフェッショナルであることをやたらと誇示する―

そして、仕掛けられた側の人たちは、商材のノウハウを鵜呑みにしてしまい、「自分たちも儲けたい」と儲けることのみに躍起になり、儲け口を探してる同じ立場の人たちに向けて、『感単に儲かるビジネスなんだ』と―

同じように誇大表現や煽り文句を駆使して殊更アピールする、もはや詐欺のスパイラルといった様相です。


要するに、商材の内容云々ではなく、『セールス・ライティング・テクニック』といった、もっともらしいワードを打ち出し、売るための巧みなセールステクニックを凝らすことがミッション(目的)のようになってしまい―

誰でも簡単に儲かる』といったワードを殊更強調することによって拡販することがビジョンとなり、そのために如何わしいセールステクニックに凝った虚業ビジネスが蔓延した、という嘆かわしい結果になったわけです。



粗悪な商品とペラページで誰でも簡単に真似て売ることができ、簡単に儲けることが出来る!?
商品の内容云々ではなく、売れるようにタイトルとセンテンスを如何に凝らすことができるか!?


そんな如何わしいテクニックに労力を使うよりも、商品に購入するだけの価値があると判断してもらえるように、機能性に効力的要素を提示して必要性を感じてもらい、満足度の高いサービスに納得してもらい―

安心安全という『信頼性』の下で購入してもらえば、これほど利徳をもたらすセールス方法はないでしょう。


実際、「商品価値のわからない物にお金を払ってまで購入したくない」という人の方が圧倒的に多くおられますから、価値のある商品と判断してもらうために、その商品からもたらされるメリットをしっかりと伝え―

多くの競合他社を圧倒するほどの異なる真似のできない差別化した付加価値のあるサービスを付与する、そうやって満足度を高め、ショップサイト全体に信頼できる要素を満遍なく施せば、成約率もアップすれば―

リピート率もアップし、高い評価が高い評価を呼んで、より多くの受注が期待できるというものでしょう!


これらのことから考察すれば、差別化もなければ付加価値性もない、誰もが真似をすることができるような『簡単にできそうなビジネスほどリスクが高い』ということの意味がお解りになろうかと思いますし―

信頼性・満足度といった観点から鑑みても、受注率の度合いが大きく違ってくることも容易に推測できるかと思いますから、ビジネスとはどういったものなのか、その『本質』を認識することが如何に重要なことか―

全てのことを自身に置き換えて考察すれば、こういったことも容易に理解できるだろうかと思います。



細やかな付加価値要素が功を成す

大概の方は、テレビでの告知によって紹介される映画の予告シーンをご覧になることもあろうかと想いますが、例えば、映画が大好きでたまらないという人の場合、「コレってすごく面白そう」って思える映画であれば―

巨大なスクリーンで臨場感のある映像で楽しみたいから映画館で観ようって思うのが通常の心理でしょうし、わざわざ映画館に行ってまで観ないという人、都合上どうしても見ることができないという人であっても―

興味のあるものなら、もしかしたらDVDを購入してテレビで観賞するなんてこともあろうかと想います。


いずれにしましても、テレビで映画の予告シーンを見た上で、全編を映画館やDVDなどで観賞して期待した以上の映像美なりストーリー展開で感動できたとしたら、これほど最高にハッピーな気分はないはずです。

これはひとつのヒントとして挙げたわけですが、映画の予告シーンのように、その商品にまつわるメイン部分の機能面における効用性や利便性など、概要的な要素について簡略化して提示し、ユーザーに対して―

購入者が受けられるベネフィット(利得)の具体例を挙げて、購入する理由を述べて必要性を示唆します。


成約の段階においては、大きなベネフィットと感じてもらえるベストなサービスとして、競合他者のサービスとは異なるクオリティの差を打ち出し、付加価値の高いサービスを付与すれば、購入に至る割合いにおいても―

大きな差が生じてくることは明白ですから、リピート率も期待できることは容易にご推測頂けることでしょう。


商品に付加価値をつけ、興味のあるアクセスユーザーに対し、購入してもらうべく理由を与える情報によって必要性を感じてもらうこれがオンラインビジネスにおける販売テクニックの常套手段と云われてますが―

この販売テクニックは、実用的な商品に対して推奨されるものであって、前記したように『購入してみなければ分からないような類のものに使うと過大なリスクを伴う』ということだけは意に留めておく必要があります。


儲ける』ことを最優先に、大した内容でもない商品を売り捌くために、如何わしいテクニックばかりを凝らして不信感を抱かれ、信頼性を損ねて破綻するリスクを考えれば、伝えるべき情報とは何かを見定めて―

その商品に価値があると感じてもらい、購入して活用することによって得られるメリットに満足してもらい、多くの人に広めてもらう、こうのような販売の仕方が何よりも最善策だということはご理解いただけるでしょう。


お金を騙し取るような後ろめたい気持ちで収入を得るよりも、すべからく伝えるべきことを的確に伝えることによって、『対価報酬』として収入を得た方が安心して長期運営ができる賢明策ですし、はるかに得策です。

思案のしどころは、『コンスタントに安定収入を確保するためにはどうすべきか』といったところかと思いますが、それを実現するためには、自身が思う商材にユーザーのデマンドニーズを付与して関連商品を充実させ―

付加価値をつけて差別化して満足感を与え、コンスタントに収入が得られる販売体制を敷くことですね。


いかなる難問疑問にも応答できるか?

これは、IT(インフォメーションテクノロジー)に関連した問題点なり、オンラインビジネスなどについて、多くの人が疑問に感じてる様々な質問に応答することができるか」ということで、ビジネスの知識を要するスキルです。

現在のインターネット環境を考察してみますと、ウェブサイトだけでなく、ブログやメルマガなど全ての情報媒体を含むあらゆるコンテンツ(制作物)において、以前はあった「あたりまえ/常識」が殆ど失われてきています。


例えば、1990年代のころにはウェブ上のあらゆる場面でネチケットというワードをしきりと目にしてましたが、最近は、インターネット上の百科事典『ウィキペディア』に載ってるくらいで、ほぼ目にすることはありません。

これが何を意味しているのか、ほとんどの方は気付いてないと想いますが、あなたはお解りになるでしょうか?


このネチケットというワードについて、その意味と現状について的確な返答のできる方っておられますか?

これは「インターネット上でのエチケット/マナー」を短縮した造語で、主にウェブ上でのメールのやり取りをする際のマナーを指して使われてたワードで、これこそがビジネスの『本質』を適確に表してるもので―

個々における最低限必要な『モラル』でもあり、このことを認知されてる方ってほとんどおられないでしょう。


インターネット人口の急速な増加に伴い、ウェブサイトやブログなどを手掛ける人たちも一気に増加し、この『ネチケット』なるワードの存在を知らない人たちによって何でもありのビジネスサイトが拡散しました。

『類は友を呼ぶ』とでも云いましょうか、それに魅了された人たちが我も我もと取り入れて、インターネット上に溢れかえって常態化し、次々と何でもありのビジネスサイトがウィルスのごとく増殖していったとわけです。


そんな状況下にあるオンラインビジネスですが、15年以上も前からインターネットにかかわってますと、自身には当たり前に知ってるようなことでも、現在では全く知らないという人が大勢おられるということに気付かされ―

このことが何を意味してるのか、ここにオンラインビジネスにおける奥深い真相と共に、ビジネスを成功へと導くヒントとカギが隠れていて、このことに気付けてるかどうかによって成否が分かれるほどの重大なことなのです。


それは、インターネット上でビジネスを展開する際において、最も留意しておくべきポイントで、自身が認識してる事物において、自分以上に知ってる人たちもいれば、全く知らない人たちもいるということ―

このことからどういったことが考えられるかと申しますと、ウェブやビジネスに関する知識もスキルも全くないというシロウトレベルのビギナーから、あらゆる情報を熟知して知識豊富で、様々な卓越したスキルを兼ね備えた―

プロフェッショナルレベルのベテランが混在してるインターネットにおいてビジネスを展開するということです。


過去においては、虚業ビジネスにおける似非事業家が蔓延った時期もありましたが、オンライン起業において自身が特定ビジネスの覇者となるためには、このことに意識を向けることが非常に重要なカギとなります!

これまでインターネットを介したビジネスとか、ウェブに関連する情報などにおいて、ベテランの人たちの中にも、多くの疑問があった中で気付かないまま見落とした事物やら、聞き逃してる情報もたくさんあるということ―

物事の本質というものを蔑ろにしてる人たち、或いは全く認識してない人たちもたくさんいるということ―


ということは、自分で自分の首を絞めるような下手な誤魔化しは効かないということを意味するわけでもあり、これまでの間違った多くの情報を廃棄し、確実な情報を収集して発信する必要があるということです。

ですから、虚偽的で危ういビジネスをしてる人たちは必然的に淘汰(選抜・排除)されることになるわけです。


そこで、これだけ多くの情報を与えられてるにもかかわらず、何も行動に移せない、何も変われないとしたら、まず、自分自身に対して「何が必要なのだろうか?」と疑問を投げかけてみて、それを導き出すことです。

このウェブサイトに記載してある情報全てに目を通して、ジックリ確認してみていただきますと、ご自身に何が足りなくて何が必要なのか、何をどうすべきなのか、問題解決の糸口なり施策が的確に解ってくるはずです。

ここにきて、また新たな課題ができたかもしれませんが、簡単に理解することができるのではないでしょうか?


「成功は」最短コースで?

『成果目標の達成は、時間的に早く成就できる体制で臨みましょう』という意味での『成功は最短コースで』ということですが、これにも深い意味がありますから、起業を志してる個人の方々にシェアしたいと思います。

成果目標を早く達成するためには、特化したマニュアルやツールを使って、早く知識や技術のノウハウを収得したり、多くのチャンスに気付いたりすることが最短コースであることはご理解いただけるかと思いますが―

ここで重要なポイントとなるのが『今、自身にどの程度の知識やスキルがあるのか?』ということです。


例えば、問い合わせに『ビジネスは経験なしの初心者でもできますか?』といったような質問があったとして、販売面から捉えれば、初心者でも初心者のセールスに対するスキルレベル(能力程度)というものがあって―

セールスにおいて一切経験したことのない初心者なのか、ある程度は経験したことがある初心者なのか、どの程度の経験を持ち合わせた初心者なのか、ということが解答提供者側には全く見当も付かないですよね?


それと、個人個人における『得意・不得意』といった、その人特有の能力的資質とも絡むスキルもあるため、その人の実質的なセールス経験値というものを把握することは、どのような環境下にあってもできません。

そういったことから、『必要な知識やスキルにはこんなものがありますよ』と、ビギナーの方を中心として、必要と思える基本的な項目を誰もが理解できるように、カテゴリー別に分けてお伝えしています。


オンラインビジネスにおいて必要となるスキルを大まかに挙げるなら、プログラミングやアーティクルなどを記述するライティング面と、物品を創造するクリエイティブ面といったところで、必要となるスキルについて考えれば―

足りてないスキルが何なのか自ずと解ってくるはずですから、その足りてないスキルを補ったり伸ばしたりするための学習をして、それらを早いステップで収得して、どのようなセールス手法を取り入れるかというだけです。

要は、『メーカー販売』でやるか、『下請け販売』でやるか、それを決めた上でビジョンを組むだけですね。


すぐにでも着手できるノウハウやスキルというのが自身のレベルに適合したものですから、それらに関する情報を見つけ出して、『正しく理解して身に付けながらスキルアップを図り手際よく実行する』ということです。

理解して実行する』ということが肝心なことで、理解できて納得したというだけで実行しないのでは意味がありませんから、早い段階で『自分は何がやりたいのか、どうなりたいのか』を適確に決めておくことです。


ハイレベルなビジネス書からノウハウをたくさん学ぶことも決して悪いことではありませんが、あまりにも専門的過ぎるとか、断片的な内容であるとか、ビギナーの方にとって理解し難いノウハウがたくさん出回ってるため―

最短ではなく遠回りをさせられてる状況が現実としてありますから、起業を志してる方たちは、適切なノウハウから学びとった上で、計画を立てて順序よくこなしていかなければ、成果目標を達成することはできません。

自身にとって必要な知識やノウハウは何なのか、そこを見極めることが非常に大事なポイントになります。


要するに、自分にとって必要なスキルを身につけるためには、自身が今持ってるスキルのレベルがどの程度なのかを見極めて、『自身のスキルレベルにみ合った学習から始めることが大事なのですよ』ということです。

起業してオンラインビジネスで成功するための完璧なノウハウマニュアルがあったとしても、それだけで成功できるなんてことは絶対にありえませんから、まずはどんな事物で成功したいのかを明確に決めることですね。

その上で、自身が進むべき道筋を見つけること、全ての起業は、そこからがスタートになりますから!


着手し易い得意な分野で稼ぐ?

インターネットでのビジネスにおいて、順調に商品を調達して安定した収入の確保を望む場合、やはり会員制サイトを構築することが最もベターな策ですが、それ相応の知識なり創作的なスキルが必要になります。

その会員制サイトを構築する時間と労力を考慮した場合、どれだけのコストを要するか、そのようなECサイトを一所懸命構築してる合間に、『他で収入を得てはいけない』などといった規則も決まりもないですから―


いくらかでも収入があれば、誰だって余裕ができて安心して取り組めますから、張り切って頑張りますし、そのエキサイティングがビジネスに関するスキルさえもステップアップさせるエネルギー(活力源)にもなりますから―

できるだけ早い段階から収入を得ながらECサイトの構築を進める、といったやり方が賢明で得策なので―

・ イチかバチかのギャンブル的な分野は避けて、確実に稼げる堅実で得意と思える分野を選ぶ―
・ システムの構築を目標として、実践を積み重ねることで知識やスキルが身に付く分野を選ぶ―
・ 総体的にコストがかかるのを抑えるために、費用対効果と収益性の期待できる分野を選ぶ―



要するに、自身にとってあらゆる面において無理のないやり易い分野を抜粋して行うということで、自身にとってやり易い分野というのは、『やり続けることに苦痛を感じない、楽しく取り組める分野』のことを指し―

自身の独立起業という夢を実現するために、ビジネスにおける成果目標を設定して達成する、そのためにも無理をせずに愉しくできる副業を選抜すること、これを基本コンセプトにして副収入を得ながら遂行する―

その際に大事な心得として、自身が全ての責任を負える範囲内で行うということです。


どちらかが手付かず状態になって先に進めなくなってしまいますと、計画倒れになってしまう危険性もありますから、メインワ-クとサブワークのバランスを上手く調整して、主力として取り扱いたい商品にテーマを絞って―

それに関連付けできる分野のものを副業にすること、ここが考慮すべき大事なポイントになります。


真剣に取り組めるものでないと決して長続きなんてしませんから、自身にとって好ましくて得意と思える分野に特化した、趣味にも通じるような愉しく気楽にできそうなもので、ビジネスとして生涯を通して取り組める―

いわゆる、『やり続けていても決して苦痛にならない、自身が好む分野をチョイスする』ということです。


そこで考慮すべきことは、気楽に継続運営ができるように、作業のやり易い『運営スタイル』なるもので―

週に一日まとめて作業する運営スタイル』がやり易いか、或いは『毎日特定時間を費やして作業する運営スタイル』の方がやり易いのか、いずれにしても心に余裕のもてるような取り組み方をすることが大事です。


自身がオンラインビジネスに費やす時間に制約がある場合には、ツールを使って自動化することによって時間的に効率よくすることもできますので、ビジネスをチョイスする段階で理想のツールについてリサーチします。

個人でビジネスを展開する場合、『システムの自動化』というのは必須条件となりますから、必ず導入して、自動化システムの導入において、『コスト節減』の観点から、販売する商材について考察してみます。


例えば、ウェブやグラフィックのデザイナーとかアプリやツールのプログラマーのようなクリエイティブなことは難しそうだからと、「地道にやってゆくしかないな」なんて決め込まず、少し機転を利かせてみてはどうでしょうか?

ウェブサイトのデザインそのものを請け負うのではなく、「そのまま販売できるグラフィック素材集」であるとか、「プロのウェブページ雛形集」といった具合のオリジナルコンテンツを制作して、それらをDVDに落とし込んで―

付加価値のある満足度の高い特典を付与して販売してみる、というのもアイデアのひとつでしょう。


このようにアイデアを捻り出せば、稼ぐ方法というのは幾らでも出てくるはずですから、自身に合った販売方法を考察して、「如何に独創的な付加価値を付けて差別化するか」ということを考えればよいだけのことです。

このように、形のある物品を販売するというやり方であれば、安心してビジネスを手掛けることができますし、販売する商品に妥協は許されないかもしれませんが、作業に関して云えば、シンプルでイージーであること―

個人でオンラインビジネスに着手する際に大事なことは、『作業を効率化する』ということに尽きるのです。



成功の照準は目の前にある?

私事で、過去において個人レベルのビジネスとして、本気でいろんな販売サイトに加入して体験してきましたが、インターネットにおいて携わったオンラインビジネスの殆どに騙され裏切られるという虚業ビジネスでした。

ねずみ講とかマルチ商法と称されるもので、ひとつ例を挙げると『健康飲料生成機器』を1台購入して他の人に売って数%の利益還元を受けるというものですが、販売するためのウェブページは提供されず―


セールスサイトは参加者自身が作成して、その商品を販売するには、申し込みをした個人のグループ参加者と、『スカイプ』というパソコン間で行われる通話システムにおいて、最適な売り方を話し合って売るという―

これ以上詳しくは述べませんが、正統派と云いますか、通常のビジネスの流れであるとか、アンダーグランドのビジネスにしても、それらのトレンド(傾向)も見てきましたし、やり方とか組織形態などもリサーチしました。


インターネットにおけるビジネスが波及しだした当初は、とかく騙され易い環境にあったわけで、そんな体験を経て理解したことは、「インターネットで儲かるという話は、高くついてリスクがありすぎる」ということでした。

インターネットの利用者人口の増加と共にビジネスの移り変わりもめまぐるしく、スキルのない人は益々取り残される感はありますが、『儲け』の観点から云えば、ビジネスだけに固執する必要はないようにも思います。


また、現代においては、端末機器の機能性向上に伴って、多くの人の情報検索の能力が向上してきていることもあって、マニアックな世界においても、ある程度の市場性が確保されるようにまでなってきていて―

メルマガにブログ、物品販売にオークション、コミュニケーションに関連するものなども含め、オンラインにおけるネットワークの多様化、ウェブシステムの発展に伴う様々なウェブツールの多様性と向上、それらによって―

個人レベルでの情報発信においても、以前と比較すれば極めて便利で容易くできるまでになってきてます。


相当額の収入が期待できるだけのマーケットが既に出来上がってる現況ですから、オリジナリティのある発想とアイデア、適正な知識によるテクニック、それらを適切な判断力によって精査し、正確に手順を踏んで―

真っ当なビジネスを展開するなら、異なる個人個人のアイデアや発想を基に創意工夫することによって、今までは見向きもされなかった専門的な分野から、趣味的なマニア向けの分野まで、それらを題材とした―

ECサイトを開設すれば、集客することも販売することも便利で容易くできるようになってる、ということですね。


今でも先駆者や先行者の優位性に変わりありませんが、商品においては超高級なものからB級なものまで、これまでインターネットでは売り難いとされてたプロダクツでも、誰もが売買できる体制のシステムに―

整備されてきてるということであれば、個人レベルでのビジネスを手掛けようと思えば、適正な知識と適切な手順でビジネスを起こして、適正な行動さえ起こせば、『誰にでも稼げる可能性がある』ということです。


結論としては、必要な環境を整備し、必要な知識を修得し、自らのスキルアップを図ることに幾らかの資金と時間を投資して、行動を起こしさえすれば、個人でもインターネットで起業することが可能だということです。

『週末起業』とか『3時間副業』とか、個人の起業におけるビジネスサイトを目にされる機会も多々あろうかと想いますが、それほど極端に難しく考える必要なんてない、ということがご理解頂けるのではないでしょうか?


あなたが毎日繰り返してる日常の中に、わずか数時間のスケジュールをとって、『何かを書く』『何かを作る』といったクリエイティブな時間を持ちさえすれば、インターネットで稼げるチャンスはいくらでもあるということです。

もっと突っ込んで言えば、あなたが使ってるパソコンの中に、そう、ブラウザ画面を通してご自身が必要と思えるものを探し出して、それらを取り入れて創意工夫をすれば、ご自身独自の作品が創れるということです。

このことが何を意味しているかは、お伝えした内容全体を把握していれば、容易に理解できるはずです。


何から始めればよいの?

「やることはわかってるけどやりたくないだけ」っていう人には、「やろう」という気になった時にやって頂くとして―

『できることもわかってるし、やり方だってわかってる、なのにどうゆうわけかやれない』っていう人、儲けたいとという思いはあっても、一歩前に足を踏み出すことができないという人、どんな心理状態なのでしょうか?


また、『儲けるための商品はあるけど、やるべきことが多すぎて何から始めればよいのか分からない』という人、おそらく、「早く儲けたい」という気持ちばかりが先行して、焦りが要因となっているのではないでしょうか?

有料・無料、善悪を問わず、氾濫している情報過多ともいえる現在、その中から自分が必要と思えるものをチョイスすることは非常に難しい状況のようで、行動に移すにはかなり勇気のいることかも知れませんね。


しかし、何も難しく考える必要はありません、まずは、信用できるビジネスサイトなり専門書籍などがあれば、ご自身が売りたいとする商品に関する情報をリサーチすることから始めればよいだけの話なのです。

それらに記載されてるセンテンスとか、販売方法などを実行してみれば結構なのではないでしょうかね。


ご自身の直感から信用できるもので実行すればよいのであって、やる順序なりやるべきことが解ってない分、効率性という面においてはベターでないかもしれませんが、やらないよりは絶対タメになることですから―

例えば、Aのことをやる前にBのことをやれば結果が出難いというのは往々にしてあることですし、それもやってみてわかることですから、とりあえずやってみて体験しながら少しでも前進するようにすればよいことです。


『失敗を恐れて何もしない人は、成功することもない』、こんな格言もありますから、手順に沿って実践してみて効率のよい振り分けをすれば、数週間後、数ヶ月後に出る結果にハッキリとした差が生じてくるはずです。

一般的なサラリーマンの実務平均時間を月20日間として、毎日8時間の勤務で160時間、毎月の収入をおよそ30万円とした場合、時給で1250円、その“機会費用”を無駄にしても勿体ないですから―

できることなら、やるべきことを適切な手順に沿って、効率的に手際よくやって頂きたいと願うしかありません。


「まだまだこれから」の繰り返し?

私の場合、ウェブページを手直しする際、全体を客観的に観察して、補足と修正を繰り返し行ってまして―

ユーザーからのアクセスアップも考慮して、「読み手の人にとって読み易い文章や流れになっているか」とか、「リンクの構成や設定は的確かつ適切にできているか」といったようなことも確認するようにしています。


この修正という手直しによる作業は、結構キツイ作業ではあるのですが、「自身の希望してることを実現するためには不可欠なこと」と、常に目的意識を持ってモチベーションを絶やさないようにと心がけていますし―

自分のECサイトを利用してくれてるお得意ユーザーさんたちが、何度でもアクセスしてくれるようにと大いなる期待と、自身を奮い立たせる意味も込めて、定期的に取り組もうと決めた上で頑張ってるわけです。


なぜ、こういった修正作業を繰り返してるのかと申しますと、修正の言い方を変えれば更新で、SEO対策の一環として効果をもたらし、そのプロセスの間にアクセスも徐々に増えるようになってくるからです。

更新』を施す際には、集中できるタイミングを見計らい、気負わずに落ち着いて取り組めば、効率よく作業に専念できますから、これを意識的に繰り返すことによってモチベーション維持におけるパワーになります。


修正作業ばかりに専念してるわけにはいきませんから、商品開発などのクリエイティブな作業に切り換えることによって、作業の効率がよりアップして、販売ビジネスというひとつの目標達成への近道にもなりますからね。

このように、効率的に作業を進めるには如何にすればベターなのかを常に考えることが大事かと思います。


インターネットにおいて個人で起業を始めて、頑張って努力に努力を重ねて、もう少し頑張れば収入になるというところまできてるのに、その手前で断念してしまうというパターンの人も結構多いのではないでしょうか?

収入を得ようと販売サイトを構築してはみたものの、思うようにアクセス数が増えない、どうしようにも手の打ちようがない、売上げアップするための施策がわからないために断念せざるを得ないパターンが殆どのようです。


これは一般的な話なので、どの段階で断念するかは人それぞれで異なるとは思いますが、ご自身が決めた販売のコンセプトなり、目的や目標などから考察してみて、『やれると思うこと』『やった方がよいと思うこと』―

『起業する』という夢が実現すれば、そこからがスタートであり勝負のビジネスなので、必要と想える事物を取り入れて、「まだまだこれから」という気概と信念を持って臨むことが事業家の大事な心構えです。


NEXT

【1.起業目標の設計】
デマンドのマインド
目的意識と気構え
成功の定義と計画
成果目標への課題
【2.実践マップの構想】
独立起業前の準備
ビジネスの捉え方
運営の構成と構想
販売の発想と意義
【3.技法アップの応用】
販売の段階と基準
サイト運営の心得
個人起業成功法則
サイト構築の原則
/ 儲ける仕組み / SEO.SEM必修ノウハウ / 詐欺ビジネス / 独立個人起業セミナー / ウェブデザイン速習法 /
/ HOME / プロフィール / 特定商取引法に基づく表記 / お問い合わせ / サイトマップ // 上まで戻る
あなたにお役立て頂ければ幸いです― マテリアルギャラリー スペースメイクオフィス