SEO・SEM対策・検索エンジン最適化・キーワード・ウェブポジショニング・マーケティング
Space Make
独立個人起業初心者が知っ得SEO・SEMノウハウ



SEOセミナー
| HOME || サイトマップ |
SEO(検索エンジン最適化)は当然の現代における検索エンジン結果の上位表示でサイトに人を呼び込むSEM(検索エンジンマーケティング)とウェブポジショニングとキーワード対策HTML最適化の真相と真意―
SEOとSEM SEOは検索エンジン最適化を意味し、SEMは検索エンジンマーケティングを意味します。
キーワードの選定 「SEO」とキーワードの考え方
「SEO」と「SEM」と対象客層
SEOの具体的テクニック
SEOとっておきの秘策


☆ 「SEO」と「キーワード」の考え方

「SEO」で成果に導く要素

SEO対策におけるペナルティ

SEO(Search Engine Optimization)、いわゆる『検索エンジンに対する最適化対策』といった意味ですが、ウェブサイトの内部要素の最適化と、外部要素となるリンク先であるウェブサイトの周辺環境を最適化―

検索エンジンのプログラムに対して正しく評価させられるように、ウェブサイトの内部と外部2つの要素における連係構成と体制を適正かつ適切に整えることによって、ウェブサイトのテーマなりコンセプトに関連した―

ワードで検索された際に、該当キーワードにフィットした検索結果ページに表示されるということになります。


検索結果ページにおいて、トップポジションの10位内に表示されさえすれば、検索ユーザーに対して効果的にアプローチができるということから、理想客の獲得には欠かせない必須のマーケティング手法ということで―

ビジネスサイトのシステム構築には最も重要な要素として、多くの個人や大手企業のオーナーやマーケターに衆目されたSEO対策』ですが、一時期、ウェブサイトを高く評価させるべく、過度にキーワードを入記する

キーワードスパム』といった不正を行うウェブサイトが多く横行し、弊害を撒き散らして問題視されました。


検索ユーザーに弊害をもたらすようなウェブサイトが蔓延った場合、検索エンジンを運営する事業者からしてみれば、これほど悪評を買う材料はないわけで、そこで考案されたのが『ペナルティ(罰則)』なるもので―

SEO対策において『不正なSEOスパムを施したウェブサイト』と見做された場合、『検索ランク対象外として検索エンジンのデータベースから抹消する』といった、かなりシビアなペナルティを科す規制が設けられました。


大手企業のショップサイトは、検索してからアクセスしてくるユーザーに対して、販売してる商品の優位性とか利便性については勿論のこと、購入者の評価といった魅力的な付加価値要素についてもアピールをして―

信頼性を考慮したサービスにおける適切なキーワード構成を施すことで好結果を得ていますが、キーワードと内容とが伴わないようなショップサイトの場合は、瞬時に悪評が立って信用失墜で破綻という結果にも―

ですから、『多くの利用客層から支持の得られる付加価値サービス、これが重要なポイントになりますね。


要するに、メインキーワードに付加価値のあるサービスを組み合わせたフレーズをタイトルにするということと―

検索ユーザーに対して、優れた操作性の『ユーザビリティ向上』と『クオリティ向上』を促進することによって、価値あるウェブサイトとしての『信用』に寄与すること、これが検索エンジン最適化本来の意義なのです。

SEO対策本来の目的

SEO対策』を講じる際、キーワード個別の優劣にこだわって制作してるという人もおられるかと想いますが、『成果目標を達成する』ことがビジネス本来の目的で、SEO対策は、そのプロセスの一端にすぎないため―

キーワード個別のテクニックばかりに終始しても無駄な労力でしかなく、SEO対策をトップポジションへ表示させるためのテクニックとして捉えて制作するのではなく、あくまでも『成果目標の達成』をミッションとして―

『マーケティングの強化を念頭に訴求性を講じる』ということを意識して制作することが本筋なわけです。


ショップサイトとして多種多様の商品を取り扱う場合、それらの商品を販売して購入してもらうことをミッションとするなら、成果目標は『収益を確保し続ける』ということになりますが、そのために大事なポイントとなるのは―

商品個々の案内ページを作成する際のページデザインで、SEOを意識した構成を施す必要がありますし、サービス面だけで云えば、問い合わせや資料請求など、購入に繋がるアクションを起こしてもらうこと―

これが成果目標の達成に繋がりますから、これらに関する知識やスキルが求められることになりますね。


SEO対策は講じるべきですが、こだわりすぎて「本質」を見落としていては、進展性のない苦闘ばかりすることになりますから、販売するための作業に時間と労力を注ぎ、内容の充実を図ることを先決課題と心得て―

短期的に捉えてると見落としがちになりますから、長期的に捉えて販売体制を整える作業を優先して効率的に物事を進める、そうすることによって後において自ずとSEO効果が発揮されてくるということになるわけです。


SEO効果が発揮されるようになってくれば、検索結果においてトップポジションに表示されて、たくさんの理想客の目に留まり、興味のある人たちがアクセスしてきて、売上げに大きく貢献することになるわけですが―

インターネットの特異性は、先行者有利の傾向があって、SEO対策におけるテクニックを講じて効力が発揮できたのは過去の話で、如何なるノウハウもそうですが、小手先のテクニックは殆ど通用しなくなっています。


実際問題としてこれが現状ですから、『SEO対策』を意識しつつ優先課題をクリアすること、つまり、内容を充実させるように努めながら販売促進に注力すること、これを繰り返すことによって売上げと顧客を確保し―

これを継続して積み重ねることによってリピート率もアップさせる、そうすればSEO効果も更にアップします。

後は、築き上げたウェブシステムとストックされてる余分なコンテンツを最適化しながら維持と継続を推進し、更なる高みを目指して邁進する、これがベターなやり方であり、SEOにおける最善策となります。

SEO対策の取り組み方6つのポイント!

@ 【Kiss】⇒HTMLファイルの文書構造や情報構成など、検索エンジンを考慮した最適度を検証する
A 【内部要素のテーマ】⇒サイト内部のリンク形成や構成体系等とテーマとの適正度具合を検証する
B 【サイトボリューム】⇒ウェブサイトにおける情報量やページ量、バイトサイズ(容量)などを検証する
C 【外部要素のテーマ】⇒自身のサイトとリンク先である外部サイトのテーマの適正度具合を検証する
D 【テキストマッチ】⇒キーワードを含む記述したドキュメントの比率やテキスト構造の適正度を検証する
E 【リンククオリティーとポピュラリティー】⇒外部サイトへのリンク構成の適正度や利便性等を検証する

SEO対策におけるウェブサイトの最適化について大まかに述べれば、上記した6つのポイントを意識した上で内容を充実させ最良と思えるHTMLファイル(ウェブページ)に仕上げ、テーマとコンセプトに照らし合わせて―

外部サイトからの適正かつ適切なリンクを取得すること、これらに集約されますから、内部と外部の各要素をフィット(適合)させるべく適切な調整を行い、ウェブポジショニングによる検索結果のランクアップに繋げるべく

コンテンツの質と量を増強させるためのアイデアと工夫、これらを打ち出すことが最大のポイントとなります。


ビジネスサイトにとって、検索エンジンの評価指数を高める何よりも重要なSEO対策のポイントは、ユーザーにとって使い勝手のよさ『ユーザビリティ』といったものを常に意識しながらウェブページを充実させることです。

SEO対策による成果へと導くための主要ポイントをあえて挙げれば、次の4つがピックアップされます。
1 扱う内容(商品やサービス)の強みや弱み、市場環境などを見直して適正なコンセプトを明確に打ち出す
2 「見込み客/理想客」となりうるターゲット層を絞り込み、そのプロファイリング(属性)について熟慮する
3 ターゲット層の興味や関心事に適切な主要キーワードと、検索結果から誘導するページを適合させる
4 アクセスユーザーのアクセス動向をチェックし、ページ構成や動線要素のブラッシュアップ(改善)を試みる




☆ 「SEO」と「SEM」と対象客層

キーワードの選定


「ビッグ・ミドル・スモール」でキーワードの連携

SEO対策』というのは、検索エンジンに対してウェブページを最適に調整することを意味するワードですが、検索エンジンを有効に活用してマーケティングを行うワードであるSEM(サーチエンジン・マーケティング)

この検索エンジンを利用したマーケティングのワードには、どんな意味が含まれてるのか、ご存知でしょうか?

SEO対策においてSEMを講じる際は、ウェブサイトのキーワードと検索ユーザーが入力するであろうワードとの共通性を見極めることがポイントになりますが、理論的に述べるほど容易くできることではありませんよね?


SEMは、検索ワードを介して『販売してる付加価値商品や独自サービスに最も興味のある対象理想客層のみに対して効率よくオファーすることができる』といった、画期的で魅力的なメリットがあるのですが―

検索される確率の低いキーワードをタイトルに組み込んで、検索結果におけるトップポジションの表示獲得に成功しても、ショップサイトへアクセスされる可能性はほぼありませんから、集客云々の話にはなりません。

そのため、検索度数が一定以上あってアクセスに繋がるキーワードを見極める必要があるわけですね。


ですが、如何なるウェブサイトであろうと、中小規模のウェブサイトが検索度数の多いキーワードを設定しますと、検索結果における難易度は非常に高く、トップランクに表示される確率は極めて低いものになります。

ですから、該当するキーワードを検索エンジンでリサーチしてみて、検索結果ページのトップポジションに表示されてるウェブサイト以上に優れた内容や構成にするということが大きなキーポイントになってくるわけです。



例えば、「プリンター」に関連した商品を扱っていたとして、アクセスユーザーの検索ワードとして最も使用頻度の多い「プリンター」というビッグキーワードによるトップランク表示を画策してみたいのが当然の心情でしょう。

しかし、実際問題として「約5240万件(2016/9現在)以上もの関連サイトが軒を連ねるビッグキーワードで、中小規模のウェブサイトがトップポジションに表示される確率は、皆無に等しいと言わざるをえませんね。


たとえ「プリンター」のキーワードで上位に表示されてトラフィック誘導ができたとしても、アクセスしてくるユーザーは、個人個人で幅広い意図を有するため、単発販売で成果に至る確率は低いということが想定されます。

「プリンターは単体か一式か」「オプションの有無」「新品か中古か」「周辺機器は込みか別か、機種は…」「重要視するポイント要素(価格・品質・性能・利便性・大きさ・優位性・保証)はどんなか」などなど―


「プリンター」というビッグキーワードに関係する複合フレーズとして、販売するプリンターの特徴やサービスなど、メリットとなるポイントを含んだタイトルと、それを補足するサブタイトルを考えて書き込むわけですが―

ユーザーの検索ワードとフィット(適合)する効率のよい訴求をすることが重要なポイントになってきます。

いろいろと探索しているビッグキーワード【大規模域検索ワード】 アクセス率
「どんなプリンターがあるかな…」
「ボチボチ買い換え時かなァ…」
メインキーワード
『プリンター』『ビジネス』『パーソナル(個人)
検索数=多い
SEO難易度=高
成果=低い
購入を検討しているミドルキーワード【中規模域検索ワード】 アクセス率
「近くの地域にはないかな?」
「予算に見合うのあるかな?」
「○○メーカーはあるかな?」
サブキーワード
『型 機種 仕様 価格帯 地域 メーカー
地域 機能性 容量 複合器 FAX仕様』
検索数=やや多い
SEO難易度=中
成果=やや高い
すぐにも購入したい!スモールキーワード【小規模域検索ワード】 アクセス率
「この型のこの仕様にしよう!」
「比較して安いのを買いたい!」
「○○ができるのにしたいな!」
ニッチ(デマンドニーズ)キーワード
『キャンペーン プレゼント 割引 保証有無
年式 色合 印刷量 用紙枚数 サイズ』
検索数=少ない
SEO難易度=中〜低
成果=高い

個人の思惑によっていろんなパターンでキーワードを打ち出して検索しますから、商品に適切なワードをあててタイトルを打ち出し、対象理想客層の特性を考慮した検索ワードをセレクトすることがポイントになります。

つまり、販売サイト全般のイメージから捉えたキャッチフレーズや専門用語だけではなく、対象客が検索用語として使うと想定されるワードを意識した、適切なフレーズでオファーすることが望ましいということになります。

そのためには、ユーザーのデマンドニーズを満足させられる商品を多数取り扱うということがカギとなりますね。




☆ SEOの具体的テクニック

SEO対策実作業前に整備すべき環境


ホームページ(ウェブページ)専用ソフト―

ホームページ(ウェブページ)を作成する専用ソフトウェアの中には、SEO対策において重要な要素が編集できないとか、記述されたHTMLソースコードに余分なメタタグやソースなどを書き加えてしまうものもあります。

ウェブページを作成する際の大事なポイントは、テキストによるドキュメントが主体ですから、装飾といった他の要素はCSSで補完的に扱って、快適な操作性であるとか、優位性や利便性を考慮しながら、SEO効果を高めるように構成をとり、独創性を盛り込んで差別化を図ることです。


何にしましても、ウェブページ(HTMLファイル)の快適性というものを考慮して、ソースやタグなどは極力簡素化すべく整理することがポイントになりますから、全てを作成ソフト任せにするわけにはいかないということです。

独自ドメインとサーバーの手配

検索エンジンのウェブページクロールプログラムがデータを検知収集するために、サーバーにアップロードしてるウェブファイルにアクセスしてきた際、サーバーに不具合とか何かしら不都合なことが生じていて―

データをうまく検知することができず、検索結果ページにおいて、表示対象から外れてしまう場合がありますから、サーバーによって戦力が左右されるようなことがあれば、ビジネスサイトの場合ですと大打撃を被り―

売上げに響いてきますし、信用面にも影響してきますから、大きな成果を期待して販売サイトを構築される場合は、信頼できるサーバーをレンタルして、なるべく問題の生じない環境を整えて着手すべきですね。


売上げアップのための販売力強化をビジョンとしてるのであれば、「信頼性=ブランドの確立」という差別化した付加価値販売が最も重要な戦力となりますから、「独自ドメイン」を取得することも心するべきです。

『信頼度の高いサーバー環境の確保と、独自ドメインによるブランドの確立』、これら2つがビジネスサイトの信頼度アップに繋がりますから、オンラインビジネスを成功に導くためのツールとして欠かすことは出来ません。

ブログでのSEO

テキストの入力やグラフィックスの挿入などができるだけでなく、様々なプラグインを導入することによって専用のウェブサイトとして活用でき、ウェブツールとして機能的にも利便性の高い「ブログ」なるものがありますが―

そのブログでSEO対策」を講じる場合、まずは、テンプレートを直接編集するための知識やスキルが必要になりますから、通常のHTMLファイルを編集することができれば、ある程度の知識は身に付いてるはずです。


ブログを使ってビジネスを展開する場合、やはり、『信頼性』を意識した作りがサービスを選定する際の決め手となるのは至極当然のことですから、ウェブページアドレス(URL)に不信感を抱かせるような数値であるとか―

「?」「&」「%」などの記号を含んだ動的なページは作らないといった配慮が信頼度アップのカギとなります。

アクセス解析ツール

消費者のデマンドニーズに応える、トレンドにマッチしたニーズ性を考慮することは、いつの時代であっても、如何なる商品であっても、不変の捉え方であり、差別化とか付加価値においても同じことで―

商売/ビジネスを展開する上においては、原則であり鉄則とも云えるもので、心しておくべきポイントです。


消費者が個人的に欲する要求を満足させられる商品やサービスを提供するということは、年代別のトレンドを見極めて対応する必要もあり、これはビジネスのコンセプトのひとつとして常識の範囲内でもありますし―

これができなければ、ショップサイトを繁盛店にするにはハードですから、かなり厳しいものになるでしょう。


オンライン販売において、そういった消費者の動向を探る重要な役割を担ってくれるのが、『アクセス解析』というツールであり、「仮説・実行・検証・改善」のサイクルを試みるためにも必須ツールと云えるものです。

検索ワードの分析であるとか、各ページへのアクセス状況や滞在時間など、販売サイトでのユーザーの動向をチェックすることができるように設定することによって、ブラッシュアップの目安とすることができるわけです。


【ウェブサイト内部要素のSEO】

冒頭で既述しました『SEO対策の取り組み方6つのポイント』について具体的に考察してみましょう。

【KISS】Keep it simple stupid

このKISS(Keep it simple stupid)」を直訳しますと、「愚かしくシンプルに保持する」となります。

検索エンジンクロールロボットのプログラムに読み取り易くなるように、「ウェブサイトの構造をシンプルにまとめて最適化する」という意味で使われてるワードです。


作成したウェブページを検索エンジンに適切な評価をしてもらうためには、スパイダー巡回プログラムによって各ウェブサイトのデータが検索プログラムのデータベースにシッカリと記録保存されることが前提となりますから―

クローラーは、<a>タグによるリンクを辿ってデータを集めるため、全コンテンツをナビゲートしたサイトマップとか、個々のページに共通したメニューなどを設定することによって、スムーズに検知させる効果が期待されます。

ウェブサイトのボリューム

ウエブサイトのボリュームとして、ページ数をある程度保有するためには、キーワードを挿入する認証ページの情報量であるとか、1ページの文章量などを自分の感覚で意図的に構成することがポイントになります。

ウェブサイト全体のデザインを整然と最適化しながら、ヘッダーのグラフィックスとかメニューのナビゲーションなどを統一し、ハイクオリティなアーティクル(記事)といったコンテンツを増量することによって充実度を高めます。


『商品・サービス・利用ユーザーの声(意見や感想、体験談など)・用語集・FAQやQ.&.A(よくある質問や質疑応答)など、これらのページを充実させれば、比較的容易にサイトボリュームを増大することができます。

更に、『ある情報を知れば、その中のこの情報も知りたいのではないか』とか、『この情報を知れば、この情報についても知りたくなるだろう』といったように伏線を引きながらページ数を増やすのもよいアイデアでしょう。


また、ビジネスや商品に関する事象などを日記のように書き足すとか、更新した情報を常に更新履歴として残すとか、利用ユーザーから情報やコンテンツなどを募集して増量を図るというのもアイデアのひとつでしょう。

ウェブサイトのテーマ

ウェブサイトのテーマを基準に、リンクの形式やサイクル、フォルダ構成などを整理して最適化を図ります。

ディレクトリをテーマ別に適切に分配(フォルダ分け)し、カテゴリー個々のコンテンツのテーマに関連する内容を1フォルダ内に収容して配置することで、各種テーマキーワードを強調して増強を図ります。

これら一連の作業は、SEO対策だけでなく、メンテナンスにおいても過大な利便性を発揮します。

各ディレクトリにおけるカテゴリーのトップページから下層ページに至るまで、重要項目を共通メニューに載せて『<a>(リンクアンカータグ)』でのワード、グラフィックスによる『<alt>(アルト)属性』などでの文書の記述には―

リンク先カテゴリーのテーマとなるメインキーワードを適切に組み込むことが重要なポイントになります。

テキストマッチング

キーワードを含んだ対象ページ内に記述されているテキスト文を調整整理することで最適化を図ります。

ウェブサイトのタイトルを表示する『<title>(タイトルタグ)』とか、強調表示の論理タグ『<em>・<strong>』などでキーワードを書き込み、量的にオーバーしないよう意識しながら本文内で適切に用います。


HTMLファイル内で用いる指令タグによる強調ワードと、テキスト文全体量との規格割合数とのバランスとか、関連付けによるキーワードの記述の仕方や配置といったものが重要なポイントになります。

<title>のタグ内には、先頭からメイン順に複合キーワードを設けたフレーズにすることがポイントになります。

HTMLファイルの内部構成を検索エンジンに検知され易くするように、タイトルフレーズに記述したキーワードと同じワードをページ本文の先頭から組み込むように意識して記述することです。


【ウェブサイト外部要素のSEO】

外部ウェブサイトからのリンクも検索エンジンへの重要な評価対象となっており、検索結果ポジションに影響を及ぼすため、外部環境の最適化もウェブサイト内部の最適化に匹敵するほどの重要性を有しています。

リンククオリティーとポピュラリティー

SEO対策』の一環として、外部要素となるリンク先ウェブサイトを最適化するためには、内部要素と同様にリンクの形態や形式などと共に、内容の『』と『』の配分を考慮することが大事なポイントになります。

外部のリンク先ウェブサイトの殆どが最適であれば、自分のウェブサイトに対する好評価対象となりますから、検索エンジンにこれらを得点評価されることによって、ある程度の『信用度指数』として貢献されます。


そのため、『Yahoo!などのディレクトリー登録』、『関連サイトのリンク獲得』など、できるだけ人気評価の高いウェブサイトから多くリンクを得ることが自身のウェブサイトをランクアップさせる秘訣と云われる所以です。

信用できるできないにかかわらず、有料のSEO対策代行業者に依頼したところで、トップポジションに表示されるといった確率も保証もないわけですから、なるべく自力で結果を出すように努めることをお奨めします。

ウェブサイトは同一テーマで

自身のウェブサイトの内部要素と,リンク先のウェブサイトである外部要素とのテーマ(コンセプト:趣旨)における適合度や整合性などを考察し、近接したコンセプトであることを検証したうえで最適化を施策します。

外部のリンク先ウェブサイトのコンセプトとか、内外要素へのリンク形式も受け手に過大な影響を及ぼすことを考慮し、適切な案内文や説明文を記載してもらうこと、これが最も留意すべきポイントと云えるでしょう。


例えば、SEOという商品を販売してる『SEM商店』であれば、ただ単に『SEM商店』だけでリンクされるよりは『SEOのSEM商店』でリンクしてもらった方が俄然有利で、これが理想的なリンク形式ということなります。

ですから、リンクに添える案内文や商品の解説文などにも、これらのワードをなるべく入れるように促すということ、或いは、自身で提示したリンク用バナーを予め用意して、そのままウェブページに設置してもらうことです。


そして、これから新規にウェブサイトを立ち上げて、検索サイトで絶対的ヒットをと願っておられるのであれば、個人的には、パソコンサーバーの構築から始めることを検討してみられるのもアイデアのひとつかと思います。

レンタルサーバーよりはマイサーバーの方がSEO対策には俄然有利であること、これは周知の事実です。




☆ SEOとっておきの秘策

検索エンジン最適化の概念と意義

キーワード攻略の決め手!?

検索結果ページのトップポジションに表示された場合、興味のあるユーザーの目に止まり、大量のアクセスが期待できますから、検索結果においてトップポジションへの表示を可能にする秘訣となるポイントとしては―

各種コンテンツやドキュメントの充実を施しながら、ウェブサイトのテーマなりコンセプトに関連したキーワードで常時検索してみて、その都度『把握・分析・調整』を行い、継続的にブラッシュアップを繰り返すことです。


そうかと云って、ただ勘だけに頼ってやったところで期待するほどの結果が得られるものではないですから、そこはやはり、同業者の友人や知人との情報交換とか、専門家のコンサルティングなども必要になるでしょう。

更には、自分が知りたい良質情報を随時継ぎ足し、そのコンテンツを充実させるべく『把握・分析・調整』で検証を繰り返し、メインキーワードを割り出してサイトを分散することで、より上位表示の画策をします。


つまり、メインページとサブページのサブ部分で他のウェブサイトと差別化を図り、検索数が多いのに取り扱いショップサイトが少ないワードを盛り込むことによって、トップランク表示の確率を高めるようにするわけです。

ドキュメントを別カテゴリーに分散してサブキーワードのページを充実させれば、検索ワードにヒットし易くなり、メインサイトのひとつで取り扱っている他のウェブサイトには少ないキーワードで検索をかけた際に―

トップポジションに表示されるだけでなく、サブカテゴリーのページまでも表示されるようになっています。

キーワード対策とユーザビリティ!

SEO対策においてはキーワードの選定や記述比率を考慮する必要がありますし、取り組みの基本を重視しながら視覚効果と操作性を考慮したサイト作りを心がけ、常にユーザビリティを意識する必要があります。

また、検索エンジンに認識してもらうために、規定数を考慮して適切なキーワードをページ内に埋め込むわけですが、やはり読み手にとって読み易く扱い易いように工夫することが最も重要なポイントになるでしょう。

 検索数の多いキーワードを考察して、適切なタイトルやセンテンスアーティクルを記載すること―
 利用するユーザーにとって操作性が良好で読み易く、真摯なサイトページ作りを心がけること―
 ウェブサイトの内部構造と外部構造を最適化してウェブサイト全体を質と量によって充実させること―
※ SEO対策の本質は、ウェブページ(HTMLファイル)の最適化と共にこれらの要素に集約されます。

また、キーワードを選定するにあたって、日本語という観点から考慮すべきポイントとしては―
「漢字」「片仮名」「平仮名」 ―これらついても意識下に置いて考察検証する必要があるでしょう。

オンマウス時の文字表示、画像ナビゲーションを用いた『alt』属性や、テキストナビゲーションによる『title』属性など、検索ユーザーが、どんな文字で検索をかけても対応できる応用力が功を奏することになります。



よくSEOテクニックとして、「<H1>」といった見出しタグの使用についての解説がありますが、デザイン的な観点からは実用的ではありませんし、色文字(赤文字など)指定の重要度についても実用性はありません。

【コラム】 見出しレベルの「<H>(ヘッディングタグ)」にSEO効果ナシ!

ウェブのスタンダード(標準的)なドキュメント形式のHTMLは、文書の論理構造を伝えるのに適した文法であり、その特徴的なものに段階的な見出しレベルを示すタグ『<H1>〜<H6>』なるものがあります。

<H1>』は一番大きな見出し(Heading)をあらわしたタグで、適正な使用方法はトップページで1回のみと提起されており、IEブラウザでは『フォントサイズ』の太字(ゴシックボールド)として表示されるものです。


Googleの検索エンジンプログラムにおいて、SEOテクニックとして、『<H1><H6>』の見出しタグでマークアップされたワードをナンバー順に重み付けしてるといったノウハウ情報が実しやかに語られていましたが―

近年において『見出しタグにSEO効果はないことが実証されている』といった報告がなされています。



以前、空白行の強制挿入や強制改行の調整にスタイルシートを利用するのは、SEOスパムの不正行為に当たるとされていましたが、利用する意味がなくなりましたから、タイトルフレーズで上手く活用しましょう。

また、色文字指定においても、視覚効果やメリハリ効果には有効ですから、うまく活用するとよいでしょう。

NEXT

SEO,SEMノウハウ
SEOとSEMの概念
検索エンジンとの関係
仕組みと不正行為
キーワードの選定
最強マーケティング
ポジショニング技法
キーワードの特性
SEMの効率的な構成
PPCとブログ
ブログとプロモ強化策
/ 儲ける仕組み / SEO.SEM必修ノウハウ / 詐欺ビジネス / 独立個人起業セミナー / ウェブデザイン速習法 /
/ HOME / プロフィール / 特定商取引法に基づく表記 / お問い合わせ / サイトマップ / 上まで戻る
● あなたにお役立て頂ければ幸いです― マテリアルギャラリー スペースメイクメインオフィス