SEO・SEM対策・検索エンジン最適化・キーワード・ウェブポジショニング・マーケティングセミナー
Space Make
独立個人起業初心者が知っ得SEO・SEMノウハウ



SEOセミナー
| HOME || サイトマップ |
SEO(検索エンジン最適化)は当然の現代における検索エンジン結果の上位表示でサイトに人を呼び込むSEM(検索エンジンマーケティング)とウェブポジショニングとキーワード対策HTML最適化の真相と真意―
SEOとSEM SEOは検索エンジン最適化を意味し、SEMは検索エンジンマーケティングを意味します。
キーワードの特性 キーワードの種類と設定手法
集客アップのキーワード設定
キーワード強調手法の要点
コントラクトへのデマンド対応


☆ キーワードの種類と設定手法

『ロボット型(巡回式)検索エンジン攻略法』と銘打ったノウハウ、SEO対策の中で最も重要とされてるものとして、「キーワード」による実践テクニックについて、概要的な例と共に、詳細かつ具体的にお伝えします。

ご自身のウェブサイトに当て嵌めた捉え方で、WEB上において参考にして活用して頂ければと思います。


目的を考慮した「キーワード」を設定する?

メイン(トップ)キーワード
【広規模検索語域】
ミドル(サブ)キーワード
【中規模検索語域】
ニーズ/デマンド(ニッチ)キーワード
【狭規模検索語域】
ビッグキーワードSEOレベルスモールキーワード

複合キーワードによる適切なタイトルフレーズがカギ

「メイン(ビッグ)・ミドル(サブ)・デマンド(スモール)の複合キーワードをタイトルに設定する意図は―
@ 検索結果において、競合の多い検索ワード枠を分散することでトップポジションへ表示される確率を高めるため
A キーワードを適切に配置したタイトルによって購買意欲の高い優良ユーザーにアクセスされる確率を高めるため

まず、検索結果において基準のない場所(ページ)へ表示されてしまわないように、何を基準にしたスモール(デマンド)キーワードなのかを示すことによって、消費者(理想客層)の目に留めることがカギとなりますから―

標準となる対象ユーザー全般を考慮した、広い概念のビッグキーワードを軸として、それに関連して付随するサブスモールキーワードを組み合わせた『複合キーワード』をタイトルフレーズにして組み立てます。


そうしますと、購入する目的を明確に決めてる、購買意欲の高い理想優良客層の人たちがその商品を購入しようと、タイトルフレーズに近い検索ワードを入力して検索をかけ、セールスサイトにアクセスしてきた際―

そこに、タイトルに記述されてるフレーズ通りの商品の詳細な画像と解説が記載されていて、優位性や利便性は勿論のこと、満足度の高い付加価値性のある独自のサービスと、信頼性に値する環境を整備して―

意図する商品があれば、顧客になる確率もリピーターになる確率も高まることは間違いないでしょう。


ということで、『販売してる商品とサービスの内容を的確に表現した、複合キーワードによるタイトルフレーズが大きなカギを握る』、このことを認識して、それぞれの商品に見合ったタイトルフレーズを打ち出すということ―

これで、デマンド(ニッチ)キーワードによってトップポジションに表示させる意義がお解りいただけたでしょう。



「ニーズキーワード」こそ購買確率を高める主力ワード

サービスなど狭い概念となるスモールキーワードのニーズ/デマンド(ニッチ)キーワードを設定する意図は―
@ ライバルの少ないニーズ検索ワード枠に絞り込むことによって検索結果でのトップポションをより狙い易くするため
A デマンドニーズに応える商品を揃えて購買意欲の高いユーザー(消費者)にアクセスされる確率を高めるため

例えば、プリンターを購入しようと考えてるユーザーの場合、ビッグキーワード(広い概念の検索ワード)となる『プリンター』といった検索ワードだけでなく、「新品」「バーゲン」「○○機能」「○○製」といった具合に―

自身が意として求めてる更に絞り込んだデマンドワードを加えて検索する傾向にあることが分かっています。

このことから、購買意欲の高い検索ユーザーの獲得に最も効力を発揮するキーワードは、デマンドニーズにまで絞り込まれたニッチなキーワード『スモールキーワード』にあるということがお解りになろうかと想います。


そこで重要なポイントとなるのは、検索ユーザーが『何を目的として購入したいのか』といったワードを、憶測的観点から商品そのものにおける特出した機能性や利便性をアピールするのではなく、販売してる商品の―

自身が行う『ウリ』とすべき付加価値を付けたサービスを決めるということで、そうしたデマンドニーズに応えるワードを組み込むことによって、その『決めたサービスを求めてる理想客層がアクセスしてくる』というわけです。



キーワードを設定する際の秘策ポイント!?

ロボット(クロール)型検索エンジン運用による検索サイトにおいて、複合キーワードを入力して検索をした際、タイトルフレーズとマッチングしたウェブサイトが検索結果のトップポジションに表示されますから―

検索ユーザーが入力すると思しきデマンドニーズのキーワードが最大のカギを握ってるということはご理解頂けてると想いますが、その次に重要となるのがスモールキーワードとビッグキーワードの間に記述する―

つなぎの役を担うサブキーワードで、ビッグキーワードを補完する『ミドルキーワード』になります。


ビッグキーワードに付随するワードとなるため、メインのビッグキーワードを商品名とした場合、1ページにひとつの商品を案内するなりオファーするセンテンス(概要文章)のどこかに商品属性となる『メーカー名・型番』

といったワードを組み込み、1商品に関する細かい解説をしたページを必ず複数に分けて作成し、その商品個々に適切なミドルキーワードとニーズキーワードを決めて、それら個々の商品に必要なワードと共に―

それぞれのキーワードを適切に配分して、タイトルのフレーズにすることが重要なポイントとなります。


要するに、タイトルに組み込んだビッグ・サブ・スモールのキーワードと同じワードをテキスト文中へ適宜に書記して、それぞれのキーワードを強調させることによって、ウェブポジションのトップを狙うというわけです。

このようにして商品数とページ数を増加してゆき、ウェブサイトの充実性を高めることによって、トップポジションへ近づけることができれば、キーワードによるSEMは、ほぼ50%達成できたと云っても差し支えないでしょう。


ビッグキーワードは1カテゴリで統一し、総体系で有効化する

限定的なミドルキーワードにおいては、分節した理想客で絞り込まれるため、同じキーワードでSEO対策を行う競合他者は比較的少ないと想われますが、ビッグキーワードの競合他者は非常にたくさん在ります。

ですから、競合他者のウェブサイトとトップポジションを競う場合、ウェブサイト全体による総力戦がポイントとなり、ページ毎で異なるビッグキーワードを設定してしまえば、効力が分散して効果が半減してしまいます。

その結果、どんな複合キーワードを組み合わせようともトップポジションに位置付けることはできません。


ひとつのカテゴリーに総体的なメインキーワードを設定することが原則となってますので、ビッグキーワードひとつだけに絞って統一するということと、サブキーワードにおいては、その商品の特徴とか事柄に関するワード―

機能性や利便性、優位性などのワードで、最大のカギとなる二ーズキーワードにおいては、その商品のウリとすべきワードやサービスとなるワードを付記して、それぞれのページの概説と適合するように絡めて表現し―

複合キーワードとして、ビッグ・サブ・スモールをうまく組み合わせて、自然なタイトルフレーズにすることです。


一度設定したメインキーワードを変えるとなれば、ウェブサイト全体を調整するのに過大な時間と労力を要する場合もありますから、SEO対策を講じる前段階において、リサーチと検証をしておくことがカギとなります。

如何なる都合上の問題があっても、ウェブサイトがほぼ完成という状況になってメインキーワードを変更するとなりますと、思う以上に大変なリスクを伴いますので、最初にビジョンを確実に固めてから着手しましょう。


キーワード効果を最大化する設定方法

セールスを目的としてSEMを講じる場合、理想客を的確に獲得することが目標となりますから、狭い概念のスモール(デマンド・ニーズ)キーワードで消費者のデマンドニーズに絞り込むことがキーポイントになりますし―

ビッグキーワード1語にスモールキーワードを選定した上で、サブキーワードと絡めてフレーズ化し、1カテゴリーにタイトルとして設定するわけですから、プリンターを例に具体的なやり方について考察してみましょう。


トップ(メイン)キーワード
【広規模検索語域】
ミドル(サブ)キーワード
【中規模検索語域】
デマンドニーズ(ニッチ)キーワード
【狭規模検索語域】
ビッグキーワードSEOレベル スモールキーワード
プリンター一般個人用
法人業務用
(メーカー名)
(機種・用途・地域)

このように、「プリンター」というビッグキーワードをメインとして、それに当てはめる複合キーワードとして―
【売買系】=○○期間販売 通信販売 ○○専用 ○○製品 made in **
【価格系】=○○割引 ○%OFF ○○限定 ○○セール 特売 格安 バーゲン キャンペーン
【特典系】=プレゼント 贈呈 ギフト 贈り物 試供品 ○○(祝日)の日 ○○(季節)

このような具合に、メインのビッグキーワードに続くワードを思いつくだけ打ち出してみて、フレーズに相応しいと思しきワードをチョイスして、適切と思えるワードを隣接させてタイトルのフレーズにまとめるわけです。

例えば、サブキーワードに『○○製品』を選定し、デマンドキーワードには『○○セール』をあてたとしますと、『プリンター・○○製品・○○セール』これらのワードを上手くフレーズ化するということですね。


おさらいになりますが、ビッグキーワードの『プリンター』というワードをウェブサイトの全ページの『タイトルタグ』や『メタタグ』のキーワードセクションに常設し、サブとスモールのキーワードは商品の特性に合わせて決め―

絞り込んだスモールキーワードとなるニーズ(デマンド)要素のワードを、商品に関する概要文と共に、適宜に盛り込むようにするということ、ここのところが非常に重要なポイントになりますし、更にもう一工夫して―


サブ要素のキーワードとして、『リンク集』とか『サイトマップ』のように、トップページと同等レベルにあるページに『格安プリンターリンク集』といった具合で、複合キーワードとしてまとめることによって効力を高めること―

そして、更に効力を発揮させるために、ビッグキーワードをサイト名にあてることができればベストでしょう。

UP


☆ 集客アップのキーワード設定

キーワードは「近接度」で効果を発揮する?

検索エンジンのプログラムには、キーワード近接度(Keyword Proximity)』という概念があり、タイトルでの『ビッグ・ミドル・スモール』それぞれのキーワードが隣接して配置されてるタイトルを読み取った上で―

ウェブページの質と量から優先順位を割り出して、検索結果のページに反映すべくプログラミングされており、アルゴリズムの概念に基づいて、より適切なリスティングを可能にして、利便性を発揮してるというわけです。


ウェブページにおいて強調させたいキーワードが複数の単語から構成した文書の場合、キーワードの近接度を念頭において取り組むことで、そのウェブサイトをより的確にヒットさせることができるということです。

基軸とするメインの「ビッグキーワード」、それに付随する「サブキーワード」、相手のニーズに絞り込まれた「デマンドキーワード」などを併せた『複合キーワード』によるタイトルを構成するといったことを意識して―

副助詞などで隣接させて、端的なひとつのかたちを成したフレーズとして併記することがポイントになります。


例えば、『プリンター通販○○…』のようなタイトルにするなら、『プリンター通販○○の割引キャンペーン』であるとか、『プリンター通販○○の限定製品』といった感じのフレーズにするのが理想的だということですね。

これを、『○○製○○プリンター●●通販ショップ夏限定価格○%offの格安でご提供』といったタイトルにした場合、上手くキーワードを盛り込んで伝わり易いフレーズになってるように想われるかもしれませんが―

検索エンジンの概念である『キーワード近接度』から捉えば、適切でないタイトルということになります。


タイトルで留意すべきポイントは、検索ユーザーの立場になって適切なキーワードだけでまとめるということで、『プリンターの○○を格安で提供する●●通販』と、できればこんな具合でまとめられるとベターですね。

意図した検索ワードで検索結果ページのトップポジションを狙う場合は、この『キーワード近接度』と順序といったことなどを意識しながら、ウェブサイト全体の質量を高めてゆくこと、これが大きなポイントになります。

キーワードを含む文書の留意点

クロール型検索エンジンの場合、『形態素解析』によってキーワードを切り出して繋ぎ表示しますから、各々のキーワードがバラバラになっていても、一連の検索ワードとして検索結果に表示される場合があります。

例えば、『ここではパソコンスキルが激安で習得でき、誰よりも早く通販ショップの知識が身に付きます。』と、このような文章であっても、それぞれのキーワード単語が含まれるため、該当する検索ワードでヒットします。


しかし、このような文章ですと、ウェブサイトのコンセプト(趣旨)からずれてることになりますし、検索ユーザーの意図しないウェブサイトが表示されることになりますから、どちらにしても都合の悪い結果になってしまいます。

ですから、キーワードを隣接させて適切なタイトルフレーズにするということが要点になるわけですね。


この他に、キーワードに関する留意点として、『同じ意味の異なるワードを並べない』というのがあります。

『パソコン/PC』『プリンター/コピー機/・複写機』『通販/通信販売』『タイトル/表題』『トラベル/旅行』…

ユーザーが検索ワードを入力するとき、ビッグキーワードの同義語を並べるパターンは殆どありませんし、期待を込めてキーワードを増やせば、それだけキーワード効果が分散して、効力さえも半減してしまいます。


また、メインとなるキーワードばかり並べ立ててトップポジションを狙うといった『同語キーワードの羅列』という『キーワード近接度』とは次元の異なる、スパム行為にも匹敵するグレーなケースの事例もあります。

トップポジションを狙うのであれば、ビッグキーワードにミドルキーワードとデマンドキーワードで絞り込む、こうした複合キーワードによるタイトルフレーズの原則に基づいて、適切にワードを固めた上で実践することです。

集客(顧客獲得)を意識した複合キーワードを選定する

ビッグとサブとスモール、それぞれキーワードの組み合わせを入れ換えることによって、検索結果ページの表示順位が変わるのは当然のこと、ウェブサイトへアクセスしてくるユーザーの属性や人数なども異なってきます。

ここはやはり理想的な優良客にアクセスしてもらうことがベターなわけですから、自分を消費者側の気持ちに切り替えて、効率よく商品が売れるように絞り込んだ検索ワードを選定することが大事なポイントになります。


販売サイトとして「売る」ことを前提としたワードを打ち出す

インターネットで物品販売を手掛ける場合、販売店としての複合キーワードの選定基準は、「売る」という事象を目的とした販売サイト特有のワードを前提として打ち出します。

『○○販売・○○通信販売・○○販売店・○○専門店・○○ショップ・○○商店・セールス』

消費者感情を惹き付けるべく「サービス面」を強調したワードを打ち出す

メーカー商品やブランド物の商品など、商品自体はどのショップで買っても基本的に同じなわけですから、そこはやはり価格の差で検討したいのが消費者感情ですから、「安さ」を強調したワードまら―

『激安・格安・割引・バーゲン・半額・ディスカウント・安売り・特売・特価・○○セール・○○キャンペーン』

「贈り物」「お祝い」「イベント(催し・祭り)」などニーズのワード

お世話になった人へのお礼の品、お祝い事の差し出し物などに利用したい商品、季節毎の祭りやイベント年間行事など、これらに用いられるワードも複合キーワードとして付記すると効果的です。

『プレゼント・贈り物・贈答品・ギフト・進物・お土産』
『バースデー・誕生日・ウェディング・結婚・出産・寿・還暦・七五三・新築・引っ越し・開店・オープン』
『お正月・元旦・お盆・クリスマス・お歳暮・お中元・端午の節句・雛祭り・バレンタイン・ホワイトデー』
他…

その他―

海産物とか農産物、生鮮食料品や特産物などに関して消費者の多くが連想する検索ワードとしては、『原産地・特産品・産地直送・生鮮』などが挙げられます。

名産物としては、『白桃+山梨』『リンゴ+青森』『マスカット+倉敷』『さくらんぼ+山形』『うどん+讃岐』『みかん+信州』『キリタンポ+博多』『きびだんご+岡山』―など、地域名を入れて検索します。

また、不動産関係『賃貸住宅・マンション』や旅行関係『旅行先やホテル・旅館といった宿泊先、温泉地』なども地名を入れて検索します。

インターネットで集客を目的とする事業の場合、インターネットだけで終結するか否かで分類ができます。

例えば、弁護士とか税理士、看護士や福祉士といった業務を生業としている人たち、その他クライアントと直接会うことが求められるビジネスでは、複合キーワードに地名を追加して検索します。

ただし、こういったケースの場合、『沿線名、駅名、繁華街の名称や河川などの地形名』といった視点から地域を特定するキーワードを考慮することも重要なポイントになります。

消費者サイド「買う」側の視点と、少数物といった「希少性」

ショップ側からみた「売る」行為は、消費者側からみると「買う」行為になり、『ショッピング・買う・購入』
そして、扱っている商品が希少性のあるものなら、『在庫・プレミア・限定・手作り』となります。

「切り口」を分節して攻略する

サブキーワードといった要素は、分節化したマーケティング攻略として有効な手法で、例えば、「何よりも安い物を購入したい」といった、分節した消費者に対しては、『激安』といったキーワードが効果的です。

こうした視点から、分節化手法をサブキーワードに応用した切り口を考察して絞り出します。
性別層
年齢層
家族親族
趣味嗜好
地域気候
ガールズ;レディース;ウーマン;婦人;女性;ボーイズ;メンズ;男性
ベビー;幼児;チャイルド;子供;若年;ヤング;若者;成人;中年;高齢者;主婦;ミセス;○年代
子供;兄弟;姉妹;親;父;母;祖父;祖母;孫;叔父;伯父;叔母;伯母;既婚;未婚;独身
玩具;ホビー;ゲーム;ブック;文具;書店;野球;映画;スポーツ;トラベル;オタク;宝くじ;パチンコ;競馬;競艇
都;道;府;県;市;区;町;村;地方;陸;海;山;河川;北国;雪国;南国;寒;令;暖;梅雨;台風;嵐

UP


☆ キーワード強調手法の要点

キーワード頻度(回数)と、キーワード密度(割合)

検索ワードとして使われ易いキーワードとなるワードをページ内の文章中に、記載する回数と割合を考慮して書き込むことによって、ウェブポジショニングの該当キーワードを強調するテクニックです。

キーワード頻度:Keyword Frequency】=ページ内文章中にキーワードが出現する回数
キーワード密度:Keyword Density】=ページ内文章中にキーワードが出現する割合(%)


クロール型検索エンジン』においては、文章中で比較的書き込み回数の多い単語をそのウェブページのキーワードとして認識してますから、キーワードとするワードを意識的に多く記述するようにするわけですが―

こうしたことで、『キーワードを適当に強調したり、やたら多く並べたりしさえすれば上位表示ができる』と、安易な捉え方をしている人もおられるみたいで、よくキーワードを羅列したウェブサイトを見かけることがあります。


いわゆる『キーワード連呼型』と言われる手口で、このように好ましくない希薄なウェブサイトが上位に表示されるようになりますと、検索エンジンとしては、非常に使い勝手の悪いものになってしまいますから―

キーワード連呼型は『悪質なスパム行為とみなされ、検索対象から除外されるペナルティが科せられます。

ですから、ウェブサイト全体のワード数に対する割合指標であるキーワード密度を算出し、適度なキーワード出現回数を意識した自然な文章の流れを考慮しながら作成することが大事なポイントになります。


キーワード密度(割合)計算ツール

ページ内においてキーワードの出現頻度が多くなれば、キーワード密度も当然大きくなってくるわけですから、キーワードの出現頻度に限度を設ければ、キーワード密度にも必然的に上限を設けることになります。

このキーワード密度といったものを頭で算出するとなりますと、かなり時間がかかりますから面倒にも感じるかと思いますが、これを簡単に計測してくれる『ぐーまに』といったフリーウェアの便利なツールがあります 。


このツールの『ウェブページ調査』という機能を使いますと、グラフィック属性である「alt」タグや「title」タグに書き込まれたワードまでもカウント対象として、キーワードの出現頻度数を一覧表示してくれます。

キーワード密度は『キーワード÷ワード数×100』の計算式で求められますが、『ワード数』というのは単語の種類のことを表してますので、同じ単語の場合は、いくらあろうとも1種類として計算することになります。


キーワード出現頻度とテキストマッチと本文の最適化

SEO対策を考慮したウェブサイトのセンテンス構成は、キーワードの出現頻度とテキストマッチが基本となりますので、ポジショニングしたいキーワードをほどよく組み込むようにしながらセンテンスを構成していきます。

キーワードとコンテンツとを対応させた構成で、カテゴリーを分けたりリンクの設定を行ったり、ひとつのコンテンツ内容にテーマをあてがい、各ページで強調すべきキーワードを決めた上でセンテンスを構成するわけです。


メインとしたビッグキーワードを冒頭に書き込み、キーワードの出現頻度やテキストマッチを加えたセンテンスの整合性を図り、文中ではビッグキーワードに関連したワードを意識して組み込むように構成します。

内容など場合によっては、ビッグ(メイン)キーワードの同義語なども適宜に記述するとか、そのウェブページにおけるビッグキーワードの出現頻度が下がりすぎないように、関連するワードを含めながらうまく調整します。


Googleツールバーで目視チェック

Googleツールバー』には、キーワードをハイライト表示する機能がありますから、この機能を利用しますと、ウェブページに設定したキーワードをブラウザを表示したままハイライト表示することができますから―

キーワードの位置関係であるとか、強調具合や近接度などが目視でチェックして、それを参考にセンテンスの構成を変更するなど、『SEO効果』の確認をしながらウェブページを調整して制度を高めてゆくわけです。

UP


☆ コントラクトへのデマンド対応

消費者のデマンドを想定してキーワードを組み合わせる

ビッグキーワードに付随する『ミドル』や『デマンド』といったキーワードをページの内容(テーマ)から導き出すことによって、アクセスされ易いタイトルフレーズを決めるわけですが、そこで大事なポイントとなるのは―

ユーザーのデマンド(要求)のパターンを想定して、有力で適切なキーワードのみで対応するということです。


ページの構成具合によっては、想定されるユーザーデマンドに対応するために、各種ニーズキーワードによる別のページをそれぞれ準備しておくことによって『顧客獲得』の最短コースのひとつになるでしょう。

例えば、商品名で直接的に検索をかける場合、購入目的なので買うものが確定しているだけに購入意欲は非常に高いと云えるわけですが、「一番安いところで買いたい」という消費者の可能性もあるでしょう。

ですから、検索結果の上位にある数サイトと価格の比較をされる可能性も大いにあり得るわけですね。


価格面で他の数ある各種専門サイトなどに勝てないとなりますと、送料や手数料、試供品やプレゼントなどサービス面での差別化による訴求であるとか、信頼感や安心感などの充足以上での訴求であるとか―

自分の商品を販売してるショップサイトにおいて「買ってもらう理由」、他の販売サイトにない真似され難い『付加価値による差別化』というのが非常に重要なポイントになることがお解りになろうかと思います。


このポイントを考察すれば、ガンガン売れる(儲かる)ページに大変身する可能性が増しますから、キーワードから連想される消費者デマンド(要求)を汲み取ったアイデアと工夫が売り上げを伸ばすことになります。

センテンス(文章)はバリエーションを効かせる

キーワードをリサーチして分析する

商品に関するセンテンスなり概要文章等を書く際には、商品の状況や状態などはもちろん、キーワード対策による事前の下準備が抜かりなくできてるかどうか、このことによって顧客獲得の成否に影響を及ぼします。

まずは、自分の商品名においてメインテーマとするビッグキーワードを検索サイトの入力フォームに入力して検索してみて、検索結果ページのトップポジションに表示されてるウェブサイトを5つほどリサーチします。


それから、自分のサイト名で検索して検索結果のトップポジションに表示されるか確認する必要があります。

何をバカな!」と思われるかもしれませんが、実はこのことが結構見落とされがちなポイントなのです。

多くの検索ユーザーの一般的な傾向として、検索してみて興味を持ったウェブサイトがあれば、『サイト名』で検索してアクセスする人が多いという事実、このことに気付いてるマーケターがどれだけおられるでしょうか?


あくまでも例えばですが、ECショップのサイト名を正式に『e-おかいもの通販ドットコム』とした場合、この『イーオカイモノツウハンドットコム』を検索ユーザーはどのように解釈して検索をかけてくるかということです。

『イーおかいもの通販.com』・『イーおかいもの通販ドットコム』・『イーお買い物通販.com』・『買い物通販』・『e-お買い物通販.com』・『e-お買物通販.com』・『e-お買い物通販ドットコム』・『いいお買いもの』・・・

『漢字』『カタカナ』『ひらがな』『アルファベット』― あなたならどのようなワードを入力して検索するでしょうか?


実のところ、『見たサイト名と聞いたサイト名』というのが注意するべきポイントで、検索ユーザーの多くは、『文書や書体など正確に把握していない』という、実に曖昧で自分勝手な解釈をするということです。

そう、これがインターネットを利用するユーザーに結構ありがちな日本語特有の問題点であり、こうしたケースの場合には、各種のサイト名で検索結果に表示させる工夫をしてカバーする必要があるということです。


如何なるプロモーションを展開して集客するか、オンラインセールスで最も大事なことは、理想客を呼び込むべく『トラフィック』を引き起こすこと、これに尽きるわけですから、『クチコミ』によって『サイト名/ショップ名』で検索してくれる最高の優良見込み客を呼び込めないというのは、実に勿体ない話ですよね?

ですから、サイト名/店名をキーワードとする検索パターンを想定して、それらを検索ワードとして入力してみて検索した際に、「検索結果において上位に表示されるかどうか」を検証しておく必要があるわけですね。


ウェブサイトの正規表記以外の文字も含めて、様々な文字パターンのページをたくさん作成することによって検索ワードを漏れなく埋め込み、トラフィック効果を高めて『集客』を最大化する必要があるわけです。

しかし、目立たせようと、こんな面倒しいことをしなければならないような、小難しいショップ名は極力避けて、シンプルで間違えようのないショップ名にすること、これが最もベストな選択肢です。



ウェブページのHTML内部を最適化する

選定した『複合キーワード』によって上位に表示されているウェブサイトの内部の構造や構成をリサーチし、それを元にSEOを講じて理想のアクセスを集めるように工夫することが大事なポイントになりますから―

とりあえず、検索ユーザーが入力しそうな複合キーワードをタイトルフレーズに組み込み、タイトル内の主力キーワードをウェブサイトのテーマとして、ウェブページ内部の構成を手直ししながら充実させてゆきます。


コンテンツやドキュメントによってページ数を充実させるべく継続していれば、結果の出せるワードが自ずとできてきますから、最初から上手くやろうと考えず、ウェブサイトを充実させるべく継続する努力が大事です。

その後は、いろんな情報を参考にしながら自分のウェブサイトを上手く調整することで最適化するだけです。

NEXT

SEO,SEMノウハウ
SEOとSEMの概念
検索エンジンとの関係
仕組みと不正行為
キーワードの選定
最強マーケティング
ポジショニング技法
キーワードの特性
SEMの効率的な構成
PPCとブログ
ブログとプロモ強化策
/ 儲ける仕組み / SEO.SEM必修ノウハウ / 詐欺ビジネス / 独立個人起業セミナー / ウェブデザイン速習法 /
/ HOME / プロフィール / 特定商取引法に基づく表記 / お問い合わせ / サイトマップ / 上まで戻る
● あなたにお役立て頂ければ幸いです― マテリアルギャラリー スペースメイクオフィス