情報販売起業・ウェブデザイン・SEO・メルマガ・アフィリエイト・ネットオークション・オンラインビジネスの落とし穴
Space Make
個人起業初心者が知っ得詐欺虚業ビジネスのトラップ



ビジネスセミナー
| HOME || サイトマップ |
[詐欺/虚業ビジネス]オンライン起業で個人事業オーナーが陥り易い、販売サイト・SEO・ブログ・メルマガ・アフィリエイト・ネットオークションにみるマーケティングプロモーションの落とし穴、不正な裏テクニックに嵌るインターネットの特質性を暴く

☆ インターネットの特質性
虚業詐欺ビジネスの発端から現代

「どんなビジネスもインターネット(オンライン)でなら、パソコンを遣って簡単に儲けることができそうだ!」―

あなたもこのように想って、インターネットでの個人独立起業を夢見てるおひとりでしょうか!?


過去においては、個人の独立起業に関するノウハウやら、オンラインビジネスの裏ワザ的な儲ける情報やら、優良と思える情報からクズ同然の情報まで、ライティングテクニックなどともっともらしいワードで騙って煽り―

如何にも凄い内容のドキュメントデータであるが如く謳い、巧く儲けたものが勝ち組といった風潮がもてはやされ、そうした情報を転売するといったビジネスまで登場し、多くの似非事業家が誕生した時期がありました。


それらの情報に記述されてる内容の信憑性や再現性、具体的な整合性や確証性など、自身の心情なり信念として適正かつ適切な裏付け(別角度による事実証明)を取るためのリサーチ(調査)を敢行して―

徹底的に真偽のほどを確かめようとする人はおられなかったようで、「これは画期的なビジネスが登場したぞ」とばかりに、胡散臭さを撥ね退けて、オンラインビジネスをリスペクトしてた人たちが我先勝ちにと飛び付き―

そこから成功した人がいれば、失敗した人もいて、様々な起業志望者が参入と退去を繰り返してきました。


そして、「未だに」と言うべきでしょうか、それとも「歴史は繰り返される」とでも言うべきなのでしょうか、トップアフィリエイターを気取ったスパマー、多くの人が反応し易い儲け話を紹介してるつもりなのでしょうか―

自身がアフィリエイト報酬を得るためなのか、『この○○なビジネスで、あなたも簡単に儲けてみませんか!』みたいなスパムメールを執拗に送りつけてくる人がいますが、如何わしいリンクを載せて仕掛けるメール―


いわゆる『メールマーケティング』なるものを実践されてるのかもしれませんが、メールによるアフィリエイトなるマーケティング手法をどのように捉えて実践されてるのか、実質的に儲けが得られているのか疑問ですし―

儲かる」「稼げる」なんてワードでメールしてくるスパマーの人たちって、他人が儲けてる手口とか儲かってるビジネスを紹介してくるのであれば、「そもそも、どうして自身がそれをやって儲けないのか」って話ですよね?


自分が稼ぐためのアフィリエイト商品を案内してくるのに、首を傾げたくなるようなメールを平然と送りつけてくる人の感覚って如何様なものなのか、そのことにその人自身が気付いてないということに驚かされますし―

そのアフィリエイトリンクがクリックされても、アクセス先のサイトで商品が購入されなければ報酬は発生しないわけですから、そういったことを考慮した案内文を打ち出さなければ、全てが無駄に終わってしまいますね。


オンラインにしろオフラインにしろ、目先を変えたビジネスが登場してくる中、詐欺にも匹敵する販売スタイルや体系、金儲けのみを追求した道義上許し難い不正な手法、こうした実態が未だに後を絶たないという―

それどころか益々巧妙化してきている詐欺商法、実に嘆かわしい報告がしきりですね。

虚業詐欺ビジネスのカラクリと志向性

アフィリエイト・情報販売ビジネス・コンサルタントビジネス・輸出入ビジネス・仲介ビジネス・競馬・宝くじ…
参加してはみたものの、殆ど進展しないし収入にならない― 無意味な時間が過ぎただけ…

儲かる完全成功マニュアル・簡単に儲かる**ビジネス・簡単な**集客ノウハウ・簡単に稼ぐ**活用術…
どれも高額なだけで、胡散臭い似たような粗悪な内容ばかり― 無駄な出費が嵩んだだけ…



これまで、もっともらしく説いた虚偽の情報やノウハウを鵜呑みにして、詐欺ビジネスとは知らずに多くの人を巻き込んだり、巧みなトラップの片棒を担がされたり、散財した挙句に悲惨な事態にまで発展してしまい―

窮地に追い込まれた多くの起業ビギナーの人たちや堅実な事業オーナーの面々、その主な要因は、『簡単に儲かるビジネスはないか』といった短絡的なマインドをした人たちが似非事業家の巧みな甘言にかかり―

オンラインビジネスに興味本意で参入するパターンが殆どで、後に淘汰されて衰退の一途を辿りました。


インターネットを利用したビジネスもグローバルに展開されてはいますが、ウェブページ上において、自慢気に『年収○億円儲けた○○…』などと、実質的に不可能な収益額を謳ってる可笑しげなビジネスサイト―

それの何が可笑しいのかって?―そんな謳い文句を載せてること自体も可笑しいですし、年収として“億”もの額を稼いでるというのが本当のことであれば、それ相応の納税義務というのも発生するわけですから―


各種経済誌等に何らかの形で取り上げられるはずですし、長者番付のリストにだって載るはずですよね?

それなのに、その人の個人名なり企業名なりが、それらの書誌に全く掲載されていないという事実、それよりもマスメディアなどに一切取りあげられたこともない、要するに認知されようのない裏ビジネスなわけです。

虚業詐欺ビジネスに騙されない志向性

「インターネットは如何に巧く儲けるかといった『マネーゲーム』のステージ以外何物でもなく、パソコンはあくまでも儲けるための手段で商売道具しかない」と、堂々と公言してた大物気取りの詐欺事業家もいました。

また、知識のないシロウトを旨く欺いて暴利を貪り、善悪の見境なく確証性ない情報を撒き散らし、「こんなに儲けた」などと自慢気に騙り、我天下の如く大物顔をする似非事業家たちが蔓延るインターネット!


そもそも、本当に儲けてる人が普通にビジネスをしている中で、ウェブページ上で『○○で○○円稼いだ』といったような自慢めいた事象や入金額の画像を公開する、それ自体ビジネスとしてあり得ない話であって―

そういった人たちは、インターネットを『マネーゲームのステージ』とし、パソコンを『マネーゲームのツール』とした感覚で行ってるわけで、内容を明らかにしないで売ってるようなビジネスには手を出さないことですね。


儲かる系の情報からSEO対策に関する情報まで、インターネット上に散乱してるPDFファイルに目を通してみたら、「よくもこんな内容で儲けるもんだ!」と、驚嘆せずにはいられない粗悪な内容ばかりで―

儲けたいからと「売れ易い儲かる系のノウハウ商材を売る」、売る方も売る方ですが、呆れるのは、それらを立派なビジネスのように奨励してる似非マーケターがいるということ、もう、絶句してしまいますね。


オンラインビジネスは、まさに玉石混交の様相を呈し、無知な人たちを負のスパイラルに巻き込むほどです。

騙す人に騙される人、騙される人の主な要因は、適正な判断をするための知識が不足していることです。

後々悔やまないためにも、インターネットにおけるビジネスの間違った認識を改めることから始めましょう。




虚業に陥り易いインターネットの特異性

あなたは、一攫千金を目論む『売り逃げ一発勝負型』タイプの人でしょうか?

それとも、堅実なビジネスを目指す「積み重ね嗜好型」タイプの人でしょうか?

詐欺/虚業ビジネス」といったワードが取り沙汰され、非常に危ぶまれてるインターネットですが、そこには、それらを逆手にとった裏詐欺的な策略や手法を用いるマーケターまでいる、驚愕すべき実態があります。


そのひとつに、粗悪な内容だとする本をわざに貶す動画を流してる人、その裏にどんなメリットのあるカラクリがあるのかは分かりませんが、何かしら宣伝してるようにも感じ取れる、可笑しなことをしてる人がおられます。

詐欺/虚業ビジネスとは、『投機的で堅実性のない大衆を騙す悪徳事業』のことですが、嘆かわしいのは、詐欺という虚偽行為をしてることに気付かず堂々と提唱してる人たちが多いという実状があることです。


最も阿漕ぎなのは、『顧客満足』といった配慮なんて微塵もない体制で、フォローやサポート、返金保証などを謳い、詐欺的虚業ビジネスであることを承知の上で提唱してる中核的な似非起業家の人たちで―

いわゆる、騙りのテクニックを真似すれば私たちのように簡単に稼げますよと、多くのマーケターが現実的にありえない虚偽ビジネスを勧めて、『儲かれば勝ち組』、一流のトップマーケターだと吹聴してるわけです。


その代表格となるビジネスが、『情報を売る』といった、いかにも胡散臭い『インフォビジネス』といったもので、一般的には、「情報起業」とか「情報販売」といったワードで結構認知度のあるオンラインビジネスです。

「オンライン起業で儲けたい」とノウハウを購入しにアクセスしてくるユーザーをお客様としてではなく、金儲けの『カモ』として、自分たちの懐を厚くしてくれる『札束』と捉えた、かなり低俗的な策を提唱してるわけですね。


こういったマインドで遂行するビジネスの場合、情報内容が短絡的で商品需要が著しく乏しく、その場しのぎの目的で短期間での売り逃げを図るしかなく、信頼性が伴わず継続した収益など望むべくもありません。

また、「パソコンには特有の特殊機能があるので、それを利用しない手はない」などと謳って、ウェブページの隅々に違法なシカケを施す、悪質なテクニックを推奨してるマーケター(詐欺師)までいる始末ですからね。


そんな「詐欺(虚偽)ビジネス」ですが、1回当たったことによって、つい有頂天になって天狗になってしまい、後々も同じ調子で稼ぎ続けられるように思い込みがちですが、絶対にそういうことにはなりません!

なぜなら、オンラインにおけるインターネットというメディアは如何なる情報も瞬時に拡散してしまうため、粗悪な内容だと広まった時点でアウト、稼ぎ続けられるなんて絶対に不可能なわけです!


「儲かるならその方がいい」と思われるのなら、それを真似ても参入されても結構ですが、シロウトが売り逃げビジネスに共有加担しても、プロと素人の差は歴然としており、大儲けできる道理は微塵もないですから。



ここで一言お断りしておきますが―
決してオンラインビジネスの起業体系全てを否定したり揶揄してるわけではありません。


ビジネスですから、ある程度のリスクやコストは覚悟しなければ、遂行することもままならないでしょう。

ただ、収入の主柱を「簡単で楽して儲かる」確約するような違法行為助長の虚偽ビジネスにはまり込んでしまうと、とんでもないリスクやコストを背負い、やがては身を滅ぼしますよということを示唆しているだけです。


販売方法のひとつであるアフィリエイトのやり方にしても、「良質商材の推薦」という本来のかたちから逸脱し、ただ仕組みを利用して「簡単に大儲けできれば何でもあり」という、短絡的なマインドが危険なわけです。

販売サイトの誇大広告や虚偽表示の謳い文句なり騙り文句に気押されして購入したものの、意味のなさない中身の薄い情報に高額なお金を支払わされる、それをビジネスだといった風潮を危惧してるだけです。


オンラインで繋がってるグローバルなネットワークなだけに、何処でどのような人が視てるか分かりませんから、インターネットは自分のパソコン内だけに留まってるわけではない、ということを認識した上で実践しないと

発信する全ての情報や文書によって跳ね返ってくるマイナス(危険な)要素が『リスク』であり、そんなリスクのハードルが高くなってる現状においては、人生を棒に振る最悪な事態にもなりかねないということです!!



インターネットでのビジネスも、基本や本質はリアルビジネスと何ら変わらない!

ビジネスで求められることは、広告塔となるウェブサイトと販売スタイル、販促システムを構築し、経営者として信頼されうる普通に努力を積み重ねることによって、安心安全の下に効率よく継続できる体制です。


個人だろうが企業だろうが、長期的な視野を持って、時間(歳月)の経過とともに人間としても成長し、多くの人から支持される事業体制を維持し続けること、これこそが本当に意義のあるビジネスモデルと云えます。

インターネットでのビジネスも事業としてリアルビジネスと同様、しっかりとしたポリシー(方針)の下に、顧客との長期的な信頼関係を保持しながら、情熱の注げるビジネスを築き上げることが最も大切なことなのです。


捕らぬ狸の皮算用」という語句がありますが、『これだけの数を売ったら月収○○万円…』などといったように打算的な儲け率を打ち出して、内容の分からない商品を購入させようとするタイトルは絶対にNGです。

ビジネスサイトのタイトルで重要なことは、第三者の視点から見て「何を売りにしている商材なのか」、販売してる商材でどんなことができるのか、メリットや特徴的な部分を的確に打ち出したフレーズを記すことです。

これは『SEO対策』においても効力を発揮させる、非常に重要なポイント要素のひとつになります。



オンラインビジネスとオフライン(リアル)ビジネス、体制の違いを知ること!

成功実業家を夢見てインターネットで起業し、『簡単にして短期間で安定した収益を確保したい!』―オンラインを利用してビジネスを展開したい人であれば、誰もが当然のように考ることだろうとは想いますが―

インターネットにおいて短期間での収入を望む場合、早い段階でビジネス活動ができる環境や体制を整備し、継続するためのシクミなりシステムの構築が必要不可欠ですし、押えておくべき最も大事なポイントは―


そもそもビジネスをするための商材なり系統を決め、下準備は滞りなく整備されてるのか、ということですね。

販売する商材も決まってない段階で、「オンラインビジネスで起業して成功したい」って、根本が間違ってますから、経費ばかりかかって儲けにならない、これでは何のためにオンライン起業したのかわかりませんでしょ?


ビジネスサイトを介して商材の活発な流通を望む場合においても、その仕組みやシステムについての知識も必要になりますから、まずはこういったことを学習して修得することが先決問題ですし―

あと大事なことは、親切で安心して利用できる信頼される運営体制を整えて臨むということですね。



ちょっとしたコツと正しい考えとやり方と手順さえ解れば、誰もがスムーズに着手できる環境が既に整備されているにもかかわらず、間違った情報の横行によって、全く違う方向へ歪曲してしまった経緯があります。

インターネットでモノを売るという行為において、「楽に」とか「簡単に」というワードに対しても、人それぞれの嗜好性や方向性、感性や環境などの違いによって、その捉え方が全く異なったものになってしまうのです。


どんなビジネスをするにせよ、『説明・説得・契約』は運営責任者本人が実践すべき大事な課題です。

@ 集客=提供する商品やサービスに興味のある理想客となる見込み客や潜在客に対してオファーする
A 説明=商品やサービスにおける優位性や利便性などメリットとなる情報を詳細かつ明確に解説する
B 説得=商品やサービスによる必要性の有無・疑問点の解消・実現の可能性などについて提示する
C 契約=売買契約として商品を購入してもらい金銭を支払ってもらうべく方法について案内をする

これらの課題は、ビジネスビギナーにとってマニュアルや参考書を少々読んだ程度では、なかなか習得できるものではなく、知識やスキルを習得するためにも、ある程度の実践力が求められますし―

ビジネスを手がけるには、他とは違うオリジナリティと差別化した内容やサービスが全てのカギとなります。



信頼関係を築くためには何をどうすべきなのか、その嗜好性を問う!

シロウトのビジネスビギナーの方が、相手の素性や容姿の全く判らないインターネットにおいて、信頼関係を築くこと、収入確保に至るまでの期間のこと、どれだけの時間と労力を要するか想像すら及ばないでしょう。

更には、どんなに素晴らしく秀逸なビジネスマニュアルがあったとしても、その内容が理解できてビジネスに至るまでの時間とか、必要となる経費をどれだけ捻出できるか、想像し難い問題や課題がいくらでもあります。


よく『メールでお役立ち情報を届けることによって信頼関係を築く』などと謳ってる人がおられますが、全く素性の知れない相手にメルマガを配信したからと云って、そう容易く信頼関係なんて築けるものではありません。

インターネットを介してのビジネスは、人間関係(信頼度)ゼロからのスタートですから、安心安全はもとより、相手にどれだけ親切で親身に対応できるか、全てはサービスの良し悪しによって左右されるものです。


私の場合、以前は営業をしていましたから、全てのお客様にはシッカリと内容を伝えることもしておりましたが、いくら熱心に商品やサービスの説明をしても、意思の疎通は非常に難しいということを実感していました。

後になって気付いたことは、物事に裏付けされた信憑性に納得できる要素を感じて貰って初めて信用されるようになり、親身な応対によって個人的な信用も得なければ信頼関係なんて築けないということでした。


そうして、その姿勢を貫き通すことによって意思の疎通を図り、相手が希望するサービスの僅か数%でも応えることによって、新たな注文が貰えたり、新規客を紹介して貰えたりと、売上げに貢献するわけです。

消費者にとって最大の関心事は、『どのような恩恵がもたらされる商品か』ということだけでなく、『サービスにおいて、どれだけ付加価値要素が付与されたものなのか』といったことにもすごく興味があるわけなのです。


付加価値要素とは、商品や個人のパーソナリティにおける『ウリ』となすべきもの、『差別化』もそうですね。



個人起業であっても協力し合えるビジネス仲間は必要!

オンラインビジネスに取り組む傾向として、広告を頼りに安易な気持ちで儲かりそうというビジネスに参入して、いくら頑張っても結果が出ない挙げ句、登録貧乏、物真似受け売り貧乏を繰り返すパターン

失敗を繰り返してるという人たちの多くは、なかなか儲けられないという現実を目の当たりにして、何とか改善策を見い出そうと焦ってはみるもののなかなか見つけられず、迷走し続ける負のスパイラルに陥るパターン―


これは、『どんな考え方や方法で取り組んで、どんな施策を打ち出していけば成功するのか』という、ビジネスを構成する大切な部分となる、実質的なマーケティングの施行策がさっぱり分からないからのことであって―

それは、ビジネスの遂行における大事な要素『目標・計画・構想』といった画策(策略)をおなざりにしたまま着手し、とりあえずといった嗜好性で何の方向性も方針もなく闇雲の中で展開しようとしてるからなのです。


ですから、まずそういった企画をしっかりと組み立て、低コスト・低リスクを考慮した環境を整備した中において商品の開発なり調達(仕入れ)をし、ビジネスを行うウェブサイトの構築が絶対条件になってくるわけです。

個人起業』は『独り起業』というのが基本ですが、自宅でパソコン相手にアクセクやってますと、必ず途中で行き詰まったり、情報の曖昧さに志向性が鈍ったり、なかなか前進しないというのが殆どのパターンです。


ビジネスにおいて、成果目標達成(成功)なるものを意識した場合、カギとなるのは、『アドバイザー(助力者)となるマスター(専門家、師匠)、メンターとなる人、共に協力し合える仲間がいるかどうか』であり―

メンタル面での『心の支え』、これは如何なるビジネスであっても欠かせない要素となるものです。



統括してまとめますと、以下の5つに集約されます―

@ 「儲ける方法」はあるけど、決して「美味しい儲け話なんて実質何処にもない」ということ
A 成功するためには、常に「スキルアップを継続していくことが必要不可欠」であるということ
B ビジネスにおいてカギを握るのは、商材ありきの「オリジナリティと差別化」であるということ
C 目標・プラン・ビジョンを固めた上で「モチベーションを維持し続けるマインド」が必要ということ
D メンタル面において「共に協力し合えるビジネス仲間や協力者の確保が必須」であるということ


ネットワーク詐欺・ハットトリックスパイラルの連鎖

オンラインビジネスに興味を持って参入してくる人たちというのは、主婦とか一般のサラリーマンや学生といったように、元々ビジネススキルを持ち合わせていないビギナーの人たちが大半なのではないでしょうか?

しかも、『インターネットにもそれなりのルール(決まり事)がある』ということを知らない人たちが殆どでしょう。

そんなの当たり前だろ!」って?
― そう、だからこそ、その知識不足が大きな落とし穴やトラップ(罠)に嵌る最大の要因になってるわけです。

そんな人たちの多くが、『簡単に儲か(け)る方法』というウェブサイトの謳い文句を鵜呑みにし、そのノウハウ商材を購入しさえすれば、短期間で簡単に儲けられるなんて、とんでもない思い違いをされるわけです。


そこで、ビジネススキルも知識もない起業ビギナー(初心者)といった人たち中には―
「メール対応は本部代行で安心、専用HP支給で手間いらず、あなたは宣伝するだけ!」

こんな謳い文句に釣られ、安易に妥協してしまうケースもあるようですが、どんなビジネスであっても、相手との親密な距離を保って親身な応対をしなければ収益の発生などあり得ないのにもかかわらず―


広告手法のノウハウや販売用のウェブページを提供されたからと、そのまま手直しをすることもなく使用したり、メールのやりとりを仕掛け人に任せたり、それで収入確保や収益アップを望めるものではなく―

あなたが収益アップを望むのであれば、あなた自身が「説明・説得・契約」を施策し、あなた自身のファンにしていかない限り、殆どが仕掛人へ取り込まれてしまい、意味も効力も成さないのです。

仕掛け人だけが儲かる仕組みのHPやマニュアルで、収入アップする道理なんて微塵もないということです。


自分の事業なのに、他人の事業に乗っかり、しかも人任せの仕事をして儲けることなんて出来るのか』―

インターネットによるビジネスもリアルビジネスの観点から捉え、客観的に強く疑問視することが大事です。


まず、インターネットでビジネスを展開している人たちというのは、常に『儲ける側』の人たちであって、自分が儲けるためには、自分自身がオーナー仕掛ける側にならなければ意味はないということです。

ですが、何のスキルも持ちあわせてない素人の起業志願の人たちにとっては、これらのことが大変困難なことから『簡単・わずか・たった・楽に』などといったような、容易く感じられるワードに飛びついてしまうわけですね。


「セールス(販売)」というワードを素直に解釈しますと、『販売=物を売って儲けること』と、おそらくどなたもが想われてることだと推測しますが、全くその通りで、これが商売全てに通じる基本理念ですね。

商売の鉄則は、『何らかの製品媒体を売ることによって利益を得る』ということは確かですが、どんなものでも売りさえすれば売れるかと言うと、なかなかそういうわけにはいかないものもありますよね?


オンラインによるビジネスといったところで、インターネットを介しての商売は全て「通信販売」で、ウェブサイトは所詮そのための『広告塔』にすぎないということ、あなたはこのことをどのように解釈されておられますか?

『煽り表現』を用いて不安を駆り立てるようなフレーズ、エモーショナル(感情的)な表現による巧みなセールストーク、『誇大表現』による大げさな謳い文句、煽り文句や騙り文句を駆使して商品の購入に繋げる―


「情報起業で不労所得」とか、「誰でもできるほったらかしで月収**万円」「儲かる仕組みで自由な時間とお金を手に入れる方法」など、決して正当とは思えない儲けることのみに特化した非常識なノウハウ

中には、『主婦が1ヶ月に●●万円稼いだ○○』といったようなフレーズで、その情報商材そのものを売るのに売る段階で既に『稼ぎ額』を提示して販売している不可思議なビジネスサイトのオンパレード―


ウェブサイトのトップページにおいて、現金や入金通帳などの加工画像を載せて『煽りフレーズ』に拍車をかける、その文章力たるや感心の一語に尽きるもの、そんなビジネスも過去には存在したのです。

なぜ、儲かるノウハウで大儲けしているプロが、秘密の儲かるノウハウを教える根拠は何なのか?

簡単に儲けたドシロウトの主婦やフリーターが、その方法を教えるだけの根拠がどこにあるのか?



少し考えれば解ることですが、そもそも端から『儲かる方法』といったタイトルを掲げていること自体おかしな話ですし、だいたいドシロウトの主婦やフリーターが僅か数ヶ月で稼ぐことなど絶対にありえない話なのに―

思わず購入したくなるように、巧く人間の心理を突いた『エモーショナル・ライティングテクニック』を駆使し、セールスレターの内容を儲けるために仕組んだ誇大広告や騙り文句で埋め尽くし―

このマーケティングテクニックは強烈なため、決して悪用しないで下さい」って―


この時点で既に特商法に違反した詐欺商法を推奨してるという、人情を逆手に取った販売手法で溢れ、情報系ビジネスの多くは、そんなサイトを増殖させる『組織グループ』に取り込まれていたのです。

儲ける系の他には、学術系や恋愛系、健康やダイエットなどの美容系、競馬や宝くじといったギャンブル系、コミュニケーション系やゲーム系など、情報商材は多岐分野にわたって販売されています。


これらの中には、良識のある情報を真面目に配信している人もいたのですが、悲しいことに、どの情報販売にしても共通していることは、情報商材を購入するまでは、その内容を窺い知ることができないということ―

内容云々よりも文章力に重点を置いた「ライティングテクニック」に終始することをコンセプトとしているわけですから、殆ど知識も免疫もない素人起業家には、どの情報が良質で、どれが悪質なのか?

これを見分けることは非常に困難極まりないでしょう。


情報商材がこれほどまでに販売されるようになった経緯は、儲かる系の情報を販売すれば簡単に対価報酬を得られるという『情報起業マニュアル』と称したPDFファイルをサーバーにアップロードすることによって―

在庫を抱えることもなく、ダウンロード販売という手軽さから誰もが挙って売買されたことに起因します。


情報を売る側は儲けることのみにフォーカスし、無知な起業ビギナーたちを洗脳するかのように、普通にある情報をいかにも秘匿性の高い価値ある内容のように騙り、それがオンラインビジネスとして当然のごとく―

もっともらしく振れまわり、アフィリエイターの人たちは、自分が紹介する情報商材を買わせたいばかりに、内容の良し悪しに関係なく、さも凄い情報のようにもっともらしい評価をし、誇大表現によって適当に騙りまくる―


また、自分の商品の優位性を誇示するために他人の商品を卑下し、いかにも的に販売しているマーケターもいれば、セールスレターの文面と商材内容とが全く異なったものを売ってる、呆れたマーケターまでいました。

勿論、全てのマーケターがそうだというわけではありませんが、特商法・景品表示法に違反している、不当な表示や誇大虚偽の表現による悪質な詐欺サイトが氾濫してることもインフォビジネスの偽らざる実状です。


売り逃げ・儲けオンリー・結果のみ全て・儲かってナンボ・勝ち組負け組・所得格差…

こんな訝しいワードが乱舞してる状況下において、『誰でも簡単に儲かるノウハウ』と謳ってるにもかかわらず、購入した人の多くが『殆ど稼げてない』― こうした実状は何を物語っていると想われるでしょうか?

その理由のひとつは、情報商材の殆どが実質的に無知な素人が稼げるようなノウハウではなく、その内容をそのまま実行すれば、仕掛け人(大物マーケター)に都合のよい儲かる仕組みになってるというものです。


儲けることのみを優先させ、本質とかけ離れたガセネタ情報でも、文章テクニックで売るのが『儲ける秘訣』と豪語する詐欺師と、それを真似たサイトが軒を連ね、立派で秀逸なセールスレターの文面を真似させ―

内容的に伴ってない希薄な商材を高額な報酬を設定してアフィリエイターを煽り、それに高額報酬を狙って「儲かりさえすればよし」とするアフィリエイターが群がり、適当なコメントで更に「騙りテクニック」を駆使し―


結果、多くの起業志望ビジネスシロウトの人たちが、セールスレターの巧みな文面に釣られて次々と購入し、その悪質な商法に憤りを感じた人たちによって、秘密になってた裏情報までもが露呈してしまったわけです。

それぞれバックグラウンドの異なる他人の成功自慢話や、大物を誇示する似非事業家のグレーで再現性のない儲かる仕組みを見習ったところで、起業シロウトに直接成功がもたらされることは絶対にありません。

ノウハウ通り実行しようにも、肝心な部分は「成功はあなたの努力次第です!」 ―みたいな?


近年において、日本人における『モラルやマナーの低下』というのがかなり問題視されており、消費者保護の観点から「不信任者摘発」とばかりに、広告代理店をはじめとして、誤認されるような商品や案内には―

かなり厳しい法的規制が設けられてはいますが、インターネットでビジネスをすることの難しさを重々承知しているからなのでしょうか、あえて「簡単に儲ける」とか「楽して稼ぐ」といったフレーズを用いて―


法律に抵触するような情報から、完全に法律違反となる情報まで、巧妙なマーケティングや販売テクニックを駆使して、我が天下の如くにシロウト起業家や起業初心者を旨く欺いて、法外な暴利を貪り―

あまりにもモラルを欠いた似非コンサルタントや似非実業家の人たちのやり方を危惧せずにはいられません。


「私はオンラインビジネスで稼ぐ成功者です」などと大物顔をしてる人の中には、グレーな方法や他人を踏み台にして儲けた人たち、儲けてる人たちがいるということも重々認識しておく必要があります。

とにかく、ビジネスというものにおいては、失った信用を取り戻すというのは、何よりも至難の極みとなる作業ですから、守るべき『モラル』と『マナー』を常に意識しておくことが大事で、最も責任重大なマインドです。

オンライン起業について必要最低限の知識として、ビジネス本来のあり方や取り組み方など、大まかな内訳をシッカリと理解し、とにかく堅実なビジネスを見極め、適正かつ適切な知識を習得することが肝心です。


これからも「オンラインビジネスで成功したい!」と意気込む人たちが沢山参入されると想われますが―

そんな現況に一石を投じる意味も含め、ビジネスに関する適正なガイドラインの重要性を常に意識しながらオンラインビジネスにおける独立個人起業の可能性や正当性を追求して頂きたいと思います。

NEXT

詐欺ビジネス解体新書
インターネットの特質性
独立起業の落とし穴
ネットビジネスとWWW
NBの手法とHPの役割
サイト公開と宣伝活動
インターネットの危険性
販売施策の極得情報
目的別販売攻略法
情報販売とアフィリエイト
失敗しないための施策
情報販売というビジネス
/ 儲ける仕組み / SEO.SEM必修ノウハウ / 詐欺ビジネス / 独立個人起業セミナー / ウェブデザイン速習法 /
/ HOME / プロフィール / 特定商取引法に基づく表記 / お問い合わせ / サイトマップ / 上まで戻る
● あなたにお役立て頂ければ幸いです― マテリアルギャラリー Space Make Main Office