情報販売起業・ウェブデザイン・SEO・メルマガ・アフィリエイト・ネットオークション・オンラインビジネスの落とし穴
Space Make
個人起業初心者が知っ得詐欺虚業ビジネスのトラップ



ビジネスセミナー
| HOME || サイトマップ |
[詐欺/虚業ビジネス]オンライン起業で個人事業オーナーが陥り易い、販売サイト・SEO・ブログ・メルマガ・アフィリエイト・ネットオークションにみるマーケティングプロモーションの落とし穴、不正な裏テクニックに嵌るインターネットの特質性を暴く

☆ 独立起業の落とし穴

オンラインビジネスで「どうやったら成功できるんだ?」「どうやれば簡単に稼げるんだ?」

こんな考えでビジネスを追い求めて右往左往するのは、もはや時代遅れですよ!


「ビジネスセミナー」という落とし穴!

インターネットで起業するためのノウハウを追い求めて迷走したり、専門書やツールソフトをたくさん購入しては苦悩したり、挙げ句には大金を叩いてセミナーに参加してみたり、JV(ジョイントベンチャー)を求めてみたり―

幾ばくのスキルもない起業初心者が「オンラインで簡単に儲かる」というビジネスを追い求めて行き着く先にはお金を取られるだけの場所しかなく、ビジネスチャンスが巡ってくるなんて、到底あり得る話ではありません。


どんなにベテランのコンサルタントが主催するセミナーであっても、その人の成功自慢話や儲かる秘訣などを聴かされたところで、それは、その人の話であって、もしかしたら、体のいい脚色話かもしれない可能性も―

ビジネスをするのはあくまでも自分自身なわけですから、セミナーの内容が少しも理解できない上に、提言されたノウハウ通りのことが実践できなければ、殆どが無駄になってしまいますし、たとえ実践できたとしても―

おそらく、シロウトの起業初心者に直接的な成功がもたらされるなんてことは爪の垢ほどもないでしょう。


では、『間接的なら成功できるのか?』なんて期待されるかもしれませんが、それほど短絡的なことを述べてるわけではなく、まずは説明される内容について理解できるだけの知識がある程度あるかどうかということ―

ビジネスに対して真剣に取り組む気構えと覚悟はできているか、得意分野において実践できるだけのスキルはあるか、目的や目標、計画やビジョンなどはできているか、ビジネスの本質について理解できているか―

起業するということは、法律的なことも含めて、こういったことがかなり重要な要素となってくるわけです。


スキルに関して云えば、自身が好きなこと、得意とするものなどに打ち込むことのできるもの、そういった分野があるかどうか、そういったものに関して、どれだけの知識と技能レベルを有しているか―

そして、ビジネスを遂行する上においては、得意分野においてどうしたいのか、ミッションやコンセプト、ビジョンなどを明確に打ち出し、『差別化』による独創性やブランドカラー、相対的な付加価値要素など―

顧客対応に重要な『満足度』による『信頼性』、これらの体制を継続して維持管理できるかどうか―


こうした裏付けの下に得た『信用』によって継続運営が可能であればベストなわけですが、基本的な知識のないようなシロウトの起業初心者が、セミナーなるものに参加したところで意味が無いということです。

間接的な成功で満足されるというのであれば、事業されてる方の下で従事する以外にないということです。


偶然大儲けしたというだけでコンサルタントを自称してる似非事業家の主催するビジネスセミナーと称するぼったくり集会パーティへ、シロウトの起業初心者が参加して、一体何が学び取れるでしょうか―

ジョイントヴェンチャー』なるものを期待されてる方もおられるかもしれませんが、知識もスキルもない起業ドシロウト相手に「私と手を組みましょう」なんて、誰ひとりとしてそんな奇特な人がいるはずもないでしょう。


オンラインビジネスに関する知識なりスキルをある程度持ち合わせてるという人ならともかく、そうでない人と名刺交換をする奇特な実力者なんて誰一人としていませんし、誰だってそれを期待して集うわけですから―

「何の利得も期待できないシロウト起業家と手を組んだところで、ビジネスなんてできるわけがないでしょ!」と、何かしらの目的のある事業人なら、誰だってこのような感情を抱いてるのが普通なのではないでしょうか?


ですから、シロウトの起業初心者が期待するようなベネフィット(利徳/恩恵)がもたらされるなんてありえない、そう思ってた方が賢明ですし、有料の場合は、主催者が儲けるためだけに行なってることが大半ですから―

セミナーに参加しようと考えておられるのなら、まずはどんな分野で事業したいのか、シッカリとした目的意識を持つということが先決課題と心得、スキルありきで信頼できるセミナーに参加されることをお奨めします。

基盤固めをすべく下準備が先決!

インターネットを介したオンラインビジネスで起業する場合、運用の仕方にもよりますが、敷金や運用費などの経費は低コストで始めることができますから、自宅をオフィスにすれば更にコストを抑えることができます。

また、『会社を設立したい』といった夢を実現しようと思えば、2006年の会社法の改正によって資本金規制が緩和されましたから、実際に僅かな資本金で株式会社を設立することも可能になっています。


起業するということになれば、立派なビジネスオーナー(事業経営者)になるということですし、会社を運営する社長になるということを意味するわけでもありますから、それ相応の知識を要することは勿論のこと―

自身のビジネスに関わるスキルとマインドを身に付け、ビジネスの本質について理解した上で、運営責任者という自覚をもって取り組む、売れる商品を扱って、売る人になる、ただそれだけのことですよね?


そうであるなら、起業ビギナー(初心者)の人が最初にやるべきこと、考慮すべきことは何かお解りでしょうか?

個人が起業する上で大事な考え方は、『必要となる自動処理システムを導入して効率的に展開する』ということで、そのためには、できる限り『低リスク低コスト』で運営できる体制を構築しておく必要があります。


商用(営利目的)サイトを開設するためには、販売する売れ筋商材を取り揃え、継続できる体制や計画書を整備して、それ相応の処理や応対ができる仕組みを構築して、下準備をしっかり整備しておくことなど―

まずは、オンラインビジネスを恙無く展開するための『基盤固め』が最大のカギとなりますから、ビジネス環境を整備した上で自身が運用するビジネスサイトと連携させること、意に留めておいていただけたらと思います。

インターネット/オンラインに関する基本的な要素であるとか、事業オーナーとしての心得とか心構え、ビジネス本来の考え方や根本的な本質といったものを理解し、販売する売れる商材を取り揃えて下準備を整え―

事業運営における、目的・コンセプト・ポリシー・ビジョンなどの施策を打ち出し、自身の運営スタイルを確立し、コンスタントに運営できる仕組みやシステムを構築することによって順調な継続運営を目差す―

これらのことができれば、当然、ビジネスとして軌道に乗せ、『独立起業達成』も現実味を帯びてきます。

販売スタイルとビジョンに焦点を定める!

これは行動全てにも当てはまることだと思うのですが、特にビジネスにおいては、運営上のポリシー(方針)や方向性となる「販売指標“セールスビジョン”」というものを明確に打ち出す、これがメインの課題であり―

販売する商材やビジネススタイルを決めた上で総合的なビジョンを掲げ、特定の目標に向けてスケジュールを組み、計画立てて順序よくこなしてゆく、これがオンラインビジネスで成果をもたらすための秘訣です。


実践するビジネスの展開プロセスとなる『セールスビジョン』なるものを具体的に決めた上で、スケジュールを組んで順序よく実行してみれば、そのプロセスが思案してることとは全く違うことに気付かされます。

実践してゆく中において失敗は常に付き物で、最初から順調に事が進み、如何なる障壁も難なくクリアし、ビジネスにおける成果をスンナリと収め、ビジネスライフを謳歌する、そんな人は100%おられないでしょう。


また、スキル面や知識面における障壁にも度々阻まれ、ともすればそれらの重圧に押しつぶされそうになり、挫折しそうになる人もおられるかもしれませんが、誰であろうとそんな体験をしない人はおられないはずです。

そこで重要となるのは、障壁によって挫折しそうになる度に、それを打破すべく自身の確固たる信念を奮い立たせ、目標を達成すべくモチベーションを維持し続ける強固な意志、常にポジティブなマインドで―

後は、自身の決めたビジネスを遂行すべく、作業を効率化するための必要となるツール(システム)を導入し、セールススタイルを決め、儲かるシステムを組んで耽々と事を進める、高だかそれだけのことです。


インターネットでビジネスをやるんだ!」と、自分自身が決めたことですから、自分の置かれている立場や状況がいかに改善できないかを正当化しようと、無駄なことで頭を捻ってる余裕なんてないはずですし―

どんな状況下であろうとも、先のことはやってみて分かることですから、とりあえず「諦めずにやるんだ!」と、強固な信念を持って、まずはセールススタイルや売りたい売れる商材を決めることからスタートしましょう。


そこで大事な心得としては、「最初から100%の成功を目差さない」ということ、ドッシリと腰を据え、自身が実践する売るための販売スタイルやシステム作りに関する情報収集なりリサーチを丹念にすることです。

例えば、大手販売サイトなどをたくさんリサーチして、アクセスされる人たちに関心を持ってもらい、継続できる運営をポリシーとして、個人的に実践し易いビジネスモデルや体系なるものを確立(固定化)することです。

ビジネスは地道な努力の積み重ね!

個人で頑張ってる人たちってたくさんおられると想いますが、「簡単には稼げない」ということを承知した上で、自分自身で決めたビジネスのプロセスにおいて、やるべきことを着実にこなしながら邁進していくということ―

自分の得意となる分野において、開発する製品にアイデアで捻りなり付加価値を加えるとか、売り易く購入され易いよう、構成やウェブシステムにひと工夫するなどして、楽しみながら稼ぐということになるでしょうか。

こういった根本的なポイントを押さえておけば、ちょっとした躓きに挫けることなく目標に向かって突き進むことができますから、他のできていない人よりは1歩も2歩も先へ行くことができる、ということは断言できますね。


オンライン・ビジネスで成功することは誰にでもできる」というのは的を射た言葉ではありません。

やるべきことや学ぶべきことを熟知し、それらを理解した上で諦めずに着実に積み重ねていくことができる人であれば、インターネットを利用したオンラインビジネスで成功を掴むことができる」というのが正論でしょう。


起業を目差す多くの人たちは、こういった「地道な努力を積み重ねる」といったことが苦手なのかイヤなのかは解りませんが、「楽して簡単に稼げるビジネスはないか」と、根本的に間違った方向ばかりに目を向けて―

自分にはできる得意なことがないからと、安易に妥協して、似非事業家の詐欺ビジネスのトラップに嵌ってしまい、いらない浪費ばかりした挙句に迷走して、悔だけが残る悲惨な結果を迎えることになるわけです。


『誰もが簡単にできて簡単に儲かる』、そんなビジネスをやって億万長者になれるって本気で思ってますか?
また、簡単に儲かるビジネスをやって億万長者になれたとして、それで満足が得られるのでしょうか?

もし、「それで満足だ!」と言われる人であれば、決してビジネスなんてやるべき人ではありません!

ビジネス成功のカギは独創的な視点と発想!

雇われ社員の場合、個人の思惑より会社の方針なり指針が優先されますから、自分にやりたいことがあっても周囲なり上司から反対されるなり棄却されてしまえばそれまでですが、自分がオーナーであれば―

違法行為を除いて自分の思い通りのことができ、自分の怠慢によるマイナスの見返りは、巡り巡ってやがて自分にはね返ってきますし、自分の努力によるプラスの見返りも同様、巡り巡って自分にはね返ってきます。


インターネット上には、アレが儲かるコレが儲かると色んな情報が氾濫錯綜していて、独立起業を志す多くの人たちは、どれから始めて何をどうやるのか、混迷困惑を極め、迷走ばかり繰り返してる方が殆どでしょう。

ある目的をやり遂げた時の達成感と満足感、ビジネスをやり続けるということの充足感、これらの要素全てが実業家にとって何よりの魅力でもあるわけですが、儲かると確信して成功してる人はひとりとしていませんし―

旨い儲け話には必ずと言っていいほど裏がありますし、そもそも、そんな話に乗っかること自体大きな間違いですから、独立起業なんて夢の夢、スッパリと諦めるのが賢明というものでしょう。


オンラインによる事業展開においては、ビジネスに関連するあらゆる物事に関心を持つことが最良のように思われがちですが、インターネット環境の現況におけるトレンド(傾向)や風潮などをリサーチしてみますと―

必ずしも最良とは云えないようで、自分にとって最良のものに特化した事業に専念する、早い段階でこのことに気付けば、独立起業において充実したライフワークを築くことが出来、満足した人生が送れるでしょう。


ただ闇雲に突き進むのではなく、「自分は何を売りにし、どんな販売体系を築くべきなのか」、ひとつのテーマを明確に打ち出し、目標やビジョンに沿ってしっかりと基盤固めをする、これらのことを第一目標に定め―

何をミッション(目的・使命・願望)として、どのようなコンセプト(趣旨・概念)やポリシー(方針・信念)を掲げてオンライン起業を成功へと突き進むのか、充分な検証をした上で「常に計画を立てて順序よく遂行する」

これが商売(ビジネス)をスタートする上において、極めて重要な取り組みの施策であると断言します。

ノウハウやマニュアルさえあれば誰でも成功できるのか?

そんなことは断じてありえない話で、「自分のビジネスをやる!」とコミットした上で、起業を達成させるために本気でビジネスと向き合い、自分にとって役立つノウハウやマニュアルでなければ意味がありません。

そうでなければ、それらは単なるゴミ同然の代物でしかなく、何ひとつ成就することは叶いません!


まずは、自分のビジネススタイルとビジョンを確立し、自分にとって必要と思える導入物を考察し、有力先から取り入れるべくリサーチをし、またそれらについてもマニュアルから学び、ノウハウを樹立するといった具合に―

それらのノウハウやマニュアルを活かすように、スキルアップを図るといったポジティブ思考が大事なわけです。


近年はオンラインビジネスに参入してくる人が益々増加しているため、以前より簡単ではなくなったということもあるにはありますが、だからと言って「インターネットでは、もう稼ぐなんてできない」というのは間違ってます。

参入者の9割近くもの人たちは、簡単なビジネスを求めては途中で迷走してしまうか挫折してしまうわけで、個人起業志望者が新規参入してきても、常にこのパターンが繰り返されてるというのが実状なわけです。


「文章力がないから」と投げ出す前に、『上手いと思える文章』を多方面からチョイスして練習をやってみる
「売り方が分からないから」と嘆く前に、『どのような売り方をしてるか』を観察して最善案を取り入れてみる
「売れる商品がないから」と落胆する前に、『どんな商品が売れてるか』をリサーチして検証をやってみる

こうした地道な努力を積み重ねることによって徐々に成果が現れてくるわけですから、それが初めてビジネスを手掛ける人がとる行動であり、常に躍進すべくポジティブに捉えるマインドが大切なのではないでしょうか!?


しっかりと土台の基盤固めをして下準備を整え、売るためのノウハウを習得して施策を重ねる
このことが重要で、それが出来る人であれば、どのようなビジネスであっても、きっと達成できるはずです。

そこで、意に留めておくべきことは、得意分野を極めてトップを目標にするということです!

9割近い人たちはそういった努力をしようと思わないから、そこにやってる人との天地もの大差が生じるわけで、多くの起業ビギナーの人たちが行き詰まるか挫折する根本的な要因がそこにあるわけです。

ウェブシステムの全容を知ること!

起業実践におけるウェブシステムの『基本体系』であるとか、販売に有効な『販路体系』などについて理解さえできれば、どのようなビジネスをやろうとも、ある程度スムーズに着手することができます。

それでは、起業実践の『基本体系』や販売に有効な『販路体系』とは何だと思われるでしょうか?

起業実践の基本体系とは、ビジネスに関わるあらゆるものの『本質』のことを差し―

販売に有効な販路体系とは、販売システムの要『儲かるしくみ』のことを差します。



このウェブサイトをご覧になっておられる方たちは、年齢・性別・職業・知識・技術・経験・分野などなど様々な方たちのはずですから、それぞれの観点からお読みになっておられることと推測いたしますが―

全てを読まれた結果、各々の人にとって分からない部分足りない部分があることに気付かれるはずです。


独立を目指す個人起業ビギナーの方たちは、「どうやったら成功できるの?」「どうやって儲けるの?」なんて右往左往し、大金を叩いてセミナーに参加してみたり、あらゆるノウハウやマニュアルを捜し求め―

専門書籍やソフトなどを山のように買っては学習に明け暮れたりと、暗中模索するばかりかと想いますが―


それぞれの方がどんな商品を扱ってどんなビジネスをやるにせよ、基本的な部分の学習というものは全て同じですし、インターネットでのビジネスというものに対するマインドであるとか取り組み方にしても同じことです。

その共通した部分の基本本質を適正適切に理解することが自分に対する『投資』のひとつとなります。

このウェブサイトの各カテゴリ別に記載してるウェブシステムに関する基本的な知識について、その全容を理解することができれば、インターネットにおけるビジネスの基盤を確立することが可能になると断言します。

インターネットは裏の顔ももつ世界!

個人的に趣味でイラストを描くことが好きだったということもあり、新聞広告に載ってたウェブデザイナーの通信教育なるものに興味をもち、パソコンやウェブデザインのスキルを身に付けるべく学習していく過程において―

インターネットでそうしたことのできる「オンラインビジネス」というものがあるということを知り、インターネットを利用した『通信販売』というカテゴリーにおいて、様々なセールススタイルがあるということも知りました。


更に、インターネットというメディアを利用すれば、そうしたサービスを受けるだけでなく、たとえ個人であっても、相応のスキルを収得して、何か役立つもの創作すれば、提供する側にもなれるということも知って―

まずはウェブデザイナーとしてやるべくことを学ぼうと、ウェブデザイナーのSOHO支援をしてるというビジネスサイトからウェブデザインに関するビジネスマニュアルを購入して、独立起業の第一歩を踏み出しました。


購入したそのマニュアルに記載されてた内容は、サーバーへのアップロードのやり方とか、その人の自慢めかしたプロフィールやプロセスに関する概要的な記事など、体験的な側面ばかりが目立った内容になっていて―

実質的なインターネットでのやり方についてではなく、電話帳で会社をピックアップして電話でアポイントメントを取り、会社を訪問して受注するといった、一般的な会社の営業方法をまとめただけのものだったのです。


当時、販売価格は、一般の書籍とは一桁多い法外な値段だっただけに期待したものの、完全に裏切られた内容で、「よくも、こんなバカ高い値段で売るもんだ」と愕然とし、ため息まじりに少し呆然としてしまい―

その内容に憤りを感じて問い合わせをしたものの、サポートの話も納得できる返答も得られないまま一ケ月経った頃に電話があり、「ウェブサイトの宣伝をしてくれませんか」と、プロモーションの依頼をしてくる始末で―

少し話し込んでますと、まるで自分たちも起業したての初心者だと言わんばかりの話し振りだったのです。


当時は、商品を売るために『情報販売ならシロウトでも簡単に稼げる』と騙った、『情報起業』という詐欺そのものの虚業インフォビジネスなるものに、多くの一般素人民が喰い付いて散乱した時代でしたから―

インターネットでの起業は、パソコンの知識がある人なら『詐欺師』たちだろうが裏業界の人たちだろうが、どんな人でも参入できてしまうような、何でもありの世界なんだということにも気付かされました。

ビジネスはテックニックよりも本質を知ること!

商材の内容や品質など、本来のビジネス体系から逸脱してしまったものばかりで、単に儲かれば何でもありという儲けだけを重視した内容の連鎖した体系がオンラインビジネスの風潮になってしまった感がありました。

「簡単に売れるホームページ裏ワザ作成法」「簡単に月収○○万円楽して確実に儲ける必勝法」

「集客アップ・収益アップ簡単成功ノウハウ」「不労所得で自由な時間とお金を手にする仕組み」



オンラインでのビジネスなら何でもありが通用する世界だと思い込んでるのか思い違いをしてるのか、金儲けのためなら如何なる手段を用いてでも成し遂げようと、如何わしい容態を呈したタイトルのオンパレードで―

これらノウハウを賛美し奨励する詐欺事業家、その詐欺事業家を持ち上げる似非事業家の人たち、彼らの謳い文句を真に受けて飛びつく短絡思考の起業志望者を狙うマーケターやアフィリエイターの人たち―


破格な価格のノウハウ商材を買ってはみたものの、どれもこれも受売りの似たような内容で、単なる断片的な概要ノウハウばかりで、『あなたも巧くやれば必ず成功します!』って、何のためのノウハウなのか―

とにかく、「こんなのが解ったところで、直接儲けることには繋がらないだろ!」っていう内容のノウハウばかりで、フォローやサポートなど一切なし (あったとしても騙ってるだけなので、ないのも同然の状態)


ビジネスの知識も経験もないシロウトの起業初心者の人たちは、「マニュアル」と称して高額なだけで、販売者個人が儲けるために打ち出している『儲かる仕掛け』に、殆ど無意味な投資をしているのが実状です。

儲かる系のノウハウやマニュアルと称する情報商材を購入して、誰もが簡単に成功するのであれば、『購入した全ての人が簡単に成功して、この世はお金持ちだらけ』、そんなことってあり得ると思います?


『SEO対策』『儲かる仕組み』『マーケティング』『リスク・コストパフォーマンス』、これらについて案内をしているものの、そのことについて詳細に正記できてるビジネスサイトというのは殆どありません。

『SEO対策』においても、あり体の一般論を解説しているものばかりで、HTML自体の最適化ができていなかったり、不正なリンクファームに近い相互リンクのノウハウを提唱していたり、どれもが根も葉もない作り話

中には、「簡単にできるSEO対策」などと謳い、検索エンジン上位表示画策のために身内グループサイトと連係したリンクを貼って、スパム行為の片棒を担がす、極めて悪質な確信犯的なウェブサイトまであります。

再確認しておくべき重要な知識!

短期間で安定収入を』と、オンライン起業で成功を切望している人なら誰もが考えることだと思いますが、短期間で収入を得るには、早い段階でビジネス活動ができる環境とそのためのシステム構築が必要です。

そして、販売サイトを介して商材の活発な流通を望めば、そのための仕組みも必要になり、それなりの知識も求められますので、これらのことを習得して実用化することができなければ何も始まらないということです。


実際、適正な知識と適切な手順を認識した上で着手すれば、誰もが起業できて稼げる環境やシステムがあるにもかかわらず、ある似非事業家や詐欺起業家のご都合情報やノウハウによって、全く次元の違う

とんでもない方向へ流されていったという経緯もあれば、オンラインビジネスに対して正しく理解されず、解釈の捉え違いや非常識な認識によって、嗜好性や方向性を塗り変えられてしまったという経緯もあります。


その挙句に、『インターネットの知識や仕組み、ビジネスのやり方やあり方』の歪曲された情報が平然と提唱され続け、それらが瞬く間にウィルスのごとく蔓延したことによって、大きな問題となったわけです。


こうした状況を考えただけでも、『文章の力』というものの恐ろしさを改めて痛感してしまいますね。


オンライン起業ビギナーの人たちが失敗する主な要因として、インターネットやビジネスの肝心な本質部分を知らないまま、安易なマインドで闇雲に起業してる人が多い、ということが挙げられるかと思いますが―

それと併せて、間誤った情報や歪曲されたノウハウから『儲ける秘訣』のように教わったということも一因としてあるでしょうし、そのようなビジネスを推奨するビジネスサイトが蔓延したということも一因としてあるでしょう。


インターネットというウェブに対する知識や概念、ビジネスの本質などについては、本物の商売人とか知識人から適正かつ適切に学ばなければ、『オンライン起業』なるものが本当に夢物語で終わってしまうのです。

このウェブページでは、私自身が知りたいと思っていることをこれまでの体験も含め、ウェブサイト全体を通して『成功するために知っておくべき本質』について極力詳細かつ正確にお伝えしようと思っています。


「なぜそんなことをするのか?」って?―

例えば、インターネットで儲かるとか成功するなどといったような、俗に言う『旨い話』を聞かされたとき―

「そんな確証のない話を誰が真に受けるか!」と、儲け話については一切を真っ向から否定してしまう人―

「何やら面白そうな話だ、聴いてみようかな!」と、儲け話に興味があって肯定的に捉え耳を傾けてくる人―


概ね、この2通りのタイプに分かれると想いますが、肯定的に捉える人の中には、「パソコンには便利な機能が備わってるからこんなことができるんだ」と、不正に気づかず真面目に取り組む厄介な人もおられます。


「実社会の仕事より気楽で簡単に稼げる気がする」なんて勝手に思い込み、本質を知ってなければ稼ぐことより浪費することの方が多いオンラインビジネスにおいて、インターネットを稼ぎどころとして起業する―

これほど愚かしい行為はないのですが、簡単に稼ぐための活路をインターネットに求めてる人たちというのは、起業を実現して、ビジネスを成功に導くために確証性のある情報を提示しても受け入れようとはしません。

なぜなら、インターネットに『簡単に儲けられるビジネス情報』を求めている外にないからですね。


「インターネットで稼ぐためには、このやり方でないと絶対に無理ですよ」と、どんなに力説したところで、時間と労力という重荷に不安感が先立って、得する喜びよりも失うことの恐怖心の方に支配されがちで―

新しいことに挑戦するという不安と、現状の安定した生活を天秤にかければ当然のことかもしれません。


当初は、簡単に儲けられる虚業ビジネスを奨励してる人たちが圧倒的に多くいたため、かなり抵抗を感じて躊躇ったのですが、よく考えてみれば、巧みな文章や画像を使って儲けるという邪道な手口によって―

真面目に取り組んでいる人たちを食い物にしているわけですから、そんな詐欺師に対する憤りと、虚偽情報が平然と蔓延っている状況から、インターネットが虚業ビジネスで埋め尽くされてしまうという危機感があり―

この状況をどうにかしようという思いから、ビジネスの本質について伝える必要性を感じたわけです。


お節介ついでに申し上げますが、「この方法でやれば必ず成功する」とか、「パーフェクトサクセス」などとか謳ってるようなビジネスサイトはイカサマサイトで、それは「ウソだ!」って、キッパリと断言しますよ。

なぜなら、商売/ビジネスにおいては、「必ず」とか「絶対」、「完全」なんて確証できるわけがないからです。

だって、必ずとか絶対だったら全ての人が間違いなくパーフェクトに成功するってことですよね?


そんな、誰がやっても成功するような、イージーなビジネスなんてこの世に存在するわけもないですし、ましてや何の関係もない赤の他人である事業家が、儲けの手助けをしてくれるなんて絶対にありえる話ではなく―

たとえ、ビジネスについてアドバイスやサポートなど、懇切丁寧に指導してくれる人がいたとしても、成功するかしないかは、本人の覚悟や情熱といったマインドのあり方とか、儲けるためのやり方にもよるわけですから―

「自分を成功に導けるのは、自分しかいない」、このことをシッカリと脳(心)に刻み込むことですね!



「人生一度きりだし、何らかのスキルを身に付けて自分の力量を試してみよう」―なんてことを思い、自分の力量でどこまでやれるか、信念と情熱を持ってトコトン追求してみようと、独立起業という道を選択する―

雇われ人のまま過ごすというのも、自分の力量や才覚を試してみるというのも、どちらが良い悪いという問題ではなく、要は『どちらを目指したいか』という、人生の時間つぶしにおける選択肢の問題なだけのことです。


ただ、インターネットでビジネスをして成功するのに、「才能」や「テクニック」といったものより、やり方をシッカリと学んで、セールスさえできれば、普通の人であろうと「同じ道」を歩くことは可能であり、これは事実です。

販売サイトには、共通したシステムがあるということ、共通した設定/仕組み/システムが施してあるということ、ビジネスというものを正しく理解し、間違いのない知識を収得するということを第一目標にすることです。


ご自身がそのようなことに気付いてないとしても、知っておくべきウェブ上の基本的な要素であるとか、本質的な諸々の事例など、私が個人的に学び得た真の情報を伝えようと奮闘してるわけですが―

ただ、これらの情報をそのまま鵜呑みにするというのは愚かしいことで、ご自身が学ぶべくひとつのデータとして真実かどうか、納得できる裏付を取るためにリサーチして、ご自身のものとすることに意味を成すわけです。


個人がビジネスを手掛ける上で心すべき重要なことは、他のアイディアを『オリジナリティ』と『コンフィデンス』で、誰もが簡単に真似ることのできないように、切口を変えるなどして独特な商品やサービスを提供する―

つまり、『独創性とアイデアで差別化を図り、独自のビジネスを切り拓く』ということです。

そうした商品やサービス支持してくれる理想客層をもてなすことによって販売拡張を画策するわけです。


ここでは、成功するために必要となる様々なスキルについて大まかな概要を解説しているに過ぎませんから、本気で成功したい人は、ただ漠然と読むのではなく、シッカリと理解して、その多くを検証してみることです。

理解できて実践できるまでかなり時間を要すると想いますが、このウェブサイトの内容から自身を観察・検証することによって、『成功できる自分』と『成功できない自分』というものが具体的に解ってくるはずです。


そして、飛躍的に収入が見込める段階まで駆け上り、収入の得られるオンラインビジネスのトップの座を目ざすためには、ある一定レベルのスキルを身につけることが先決問題であることはお解りになったはずです。

インターネットで儲けるということに対して、多くの人の間違っている認識を明確に是正し、ご自身の学習力と認識力と実践力をフル稼働させて、ビジネスの階段を着実に昇段してゆくことが唯一の成功法則ですから


個人起業として、開設に関する必要不可欠な知識や準備、成功へと導くための「コツ」など、成功するためのノウハウをまとめ、「どうしていいのか分からない」という方に少しでもお役立て頂ければと思います。

善いことも悪いことも知っていてこそ『明日という明るい未来』が切り拓けるわけですからね―
b(^v')

NEXT

詐欺ビジネス解体新書
インターネットの特質性
独立起業の落とし穴
ネットビジネスとWWW
NBの手法とHPの役割
サイト公開と宣伝活動
インターネットの危険性
販売施策の極得情報
目的別販売攻略法
情報販売とアフィリエイト
失敗しないための施策
情報販売というビジネス
/ 儲ける仕組み / SEO.SEM必修ノウハウ / 詐欺ビジネス / 独立個人起業セミナー / ウェブデザイン速習法 /
/ HOME / プロフィール / 特定商取引法に基づく表記 / お問い合わせ / サイトマップ / 上まで戻る
● あなたにお役立て頂ければ幸いです― マテリアルギャラリー Space Make Main Office