情報販売起業・ウェブデザイン・SEO・メルマガ・アフィリエイト・ネットオークション・オンラインマーケティングの落とし穴
Space Make
個人起業初心者が陥る詐欺虚業ビジネスのトラップ



ビジネスセミナー
| HOME || サイトマップ |
[詐欺/虚業ビジネス]オンライン起業で個人事業オーナーが陥り易い、販売サイト・SEO・ブログ・メルマガ・アフィリエイト・ネットオークションにみるマーケティングプロモーションの落とし穴、不正な裏テクニックに嵌るインターネットの特質性を暴く
サイト公開と広告活動 検索エンジン登録と利用目的
効果的な宣伝方法と広告
再訪問して貰うリピーター作り
心理的攻略による信頼性誇示


☆ 検索エンジン登録と利用目的

検索エンジンサイトへ登録する目的

手間隙かけてウェブサイトを作成しようが、試行錯誤しながら『儲かる仕組み』を構築しようが、その存在を知ってもらって多くのネットユーザーの目に留まりアクセスがなければ、創った甲斐も意味もないですよね?

ビジネスサイトとして星の数ほどもある同種競合サイトの中に埋もれたままというのでは、アクセスなんて殆ど期待できませんから、いくら素晴らしい商品を販売していても、1つとして売れようはずもないですよね?


商品が売れなければ収入も得られないのは当然なわけで、稼いで借金の返済にあてようとか、これで生計を立てようとかって、どれだけ必至になって頑張っても、経費や投資、諸々の雑費などのコスト面において―

浪費路線をまっしぐらで前途多難、こういった状態が続けば死活問題にもなりかねませんから、ネットユーザーに自身のセールスサイトと販売してる商品の存在をなんとしてでも認知してもらわなければなりませんね。


だからと云って、テレビ、雑誌、新聞各誌、折込チラシなどに広告を載せるような一般的な宣伝方法ですと、かなりの労力と時間を要する上に莫大なコストがかかりますから、おいそれとできることではありませんよね?

そこで、インターネットでの宣伝方法として、理想客の獲得に向けてアクセスアップを望む場合、検索エンジンサイトからの誘導が最も有力な手段とされてることから、それらへの登録が推奨されてるわけですが―


ご周知の通り、検索エンジンは「ロボット(クロールプログラム)型」「ディレクトリー(登録申請)型との2つに大別され、インターネット上には日本国内だけでも様々な登録型検索エンジンサイトが多数存在しています。

数ある検索エンジンの中でも、ロボット型巡回検索エンジンの代表格Google(グーグル)、ディレクトリー登録型検索エンジンのYahoo!(ヤフー)には、一度だけでも登録申請をしておくよう奨励されています。


インターネットユーザーの多くは、こうした検索エンジンサイトを利用し、検索結果が表示されるページで各々の希望するウェブサイトを見つけだし、知りたい情報の検索や様々な何かしらのアクションを起こします。

検索エンジンサイトに登録する主たる目的は、理想優良客層を取り込むことで、そのためには、検索結果において『トップポジションへの位置づけ』にありますから、『SEO対策』なるものを講じる必要があります。


そのための文書構造やシクミなどの設定に関する情報を提供してるウェブサイトはいくらでもありますが、このウェブサイトでは『SEO対策』について本質的な概要を解説していますので、一読してみてください。
SEO(検索エンジン最適化)についてはこちら ⇒ [SEO,SEMマーケティング]



検索エンジンサイトへの具体的な登録方法

各検索エンジンサイトへアクセスして、所定の登録フォームに必要事項を記入して申し込みをします。

記入する項目には、「サイトURL・運営者氏名・住所・電話番号・FAX番号・メールアドレス・サイトタイトル・サイトの概説・キーワード」などがありますから、それぞれの項目に入力して登録の申請をします 。


タイトルのワードは3〜5ワード程度が一般的で、概要文は15文字・30文字・50文字・80文字・100文字・150文字と、予め文書のテキストを複数用意しておいて、登録時にコピー・ペーストすると簡単です。

例えば、健康食品を販売している通販サイトを登録するなら、多くの人が使いそうなメインワード、「健康」「食品」「通信販売」「サプリメント」といったように、関連性のある個々のカテゴリーに1件1件登録します。


新規オープンの企画として、試供品プレゼントのキャンペーンといった催しを実施するような場合、プレゼント情報を紹介するウェブサイトにも登録しておきますと、アクセスアップに大きな効果が期待できます。

検索エンジンサイトへ登録する際、殆どの場合、カテゴリー(部類/範疇)をチョイス(選択)できるようになってますから、多くの可能性を考慮して、大小にかかわらず積極的に登録することが大事なポイントになります。


その際に気をつけるべきことは、『規約には必ず目を通し、決して違反しないようにする』ということですね。

※ 検索エンジンサイト登録時の留意点

検索エンジンサイトを運営してる業者の中には、商品やサービスをオファーしてる別のセールスサイトに案内するべく、メールアドレスの収集を目的としてる場合もありますから、慎重に見極める必要があります。

そうしたメールアドレスの収集だけを目的としたウェブサイトに登録してしまいますと、そのウェブサイトからだけでなく、登録した覚えのないところから大量のスパムメ ールが送られてくるようになりますから要注意です。


スパムメールに記載されてるリンクをクリックして、そのウェブサイトにアクセスしたり、苦情の返信をしたりしますと、使用されてるメールアドレスだということを察知されて、いつまでも送りつけてくるようになりますし―

『配信解除』の記載がしてあっても、それはあくまでも体裁上の建前であって、メールアドレスや名前を変更したり規約を変えたり、何かしらの口実をつけて別の手段を用いて対応しないスパマーが殆どです。


悪質なメールの場合、記載されてるリンクをクリックして、ウェブサイトへアクセスしただけで金銭を要求してくる、いわゆる金銭の搾取を目的とした『ワンクリック詐欺』といわれてる詐欺サイトへ誘導するものや―

『コンピュータウィルス』を仕込んでる、とんでもないウェブサイトへ誘導するものもありますから、こうしたスパムメールに対処する最善策は、反応しないで徹底的に無視して削除すること、これ以外にはありません。


また、知名度のある企業を騙った『成りすまし』のメールが送られてくる場合もありますから、とにかくメールには反応しないように心がけ、アクセスする場合は、安心安全を考慮した別の手段でアクセスするようにし―

できれば、なるべく自身のパソコンのメールソフトで直接受信しないようにして、プロバイダなどのメール受信サービスを利用するなど安心安全を心がけて、極力被害が及ばないように対処することをお奨めします。

キーワードの重要なポイントと留意点

ロボット型検索エンジンの場合、クローラーと呼ばれる「ロボットエージェントプログラム」がウェブ上を巡回してウェブページであるHTMLテキストを探知し、検索データベースに自動登録するシステムをとっています。

検索プログラムのクローラー(スパイダー)は、ドキュメントコンテンツの殆どを検知するように設定されてますから、そのことを認知した上で文章を構成することが大事で、キーワード設定時の重要なポイントになります。


そこで、作成したウェブページのキーワードをクローラーが検知し易いように、ウェブサイトの特徴を的確に捉えたフレーズをマークアップすることがウェブポジションの決め手となる大事なポイントになっていますし―

キーワードを含むタイトルやフレーズなどを画像化した場合は文字として検知されませんから、 「ALT属性」にキーワードが含められる場合には、概要文に適正かつ適切に併記することが重要なポイントになります。


また、ロボット型検索エンジンの中には、『METAタグ』内の解説文のキーワードを検知するタイプもありますので、『METAタグ』内の解説文にも適宜にキーワードを記述することにも留意しておくようにしましょう。

基本的なキーワード対策は押さえておいて、なるべくテキスト文書を多く記載することがポイントになります。
キーワードの設定や対策についてはこちらをご覧下さい ⇒キーワードの指定方法





☆ 効果的な宣伝方法と広告

「プレス・リリース」のメリットとデメリット

企業などのオーナーが取り上げてもらいたい『イベント情報』とか、『キャンペーン対象の商品』などをテレビや新聞、雑誌などのマスメディアを通して公に発表することを専門用語で『プレス・リリース』と云いますね?
(* 因みに『プレス・リリース』を訳しますと、プレスは報道界、リリースは解放・発売・封切りといった意味合いです。)

通常、余程の話題性でもない限りマスメディア等に取り上げられることはありませんし、ましてや一般庶民が「プレス・リリース」なんておこがましいことができようはずもなく、コスト面においても、まず無理でしょうね?


ですが、こうした「プレス・リリース」を廉価で受け負い、日本全国に点在するマスコミやミニコミなどに対して一括配信のサービスを行ってる、なんとも頼もしい専門業者がインターネット上にはたくさんありますし―

ビジネス関連のウェブサイトの中には、小遣い稼ぎに登録してる有名人との対談写真を専門誌に掲載するサービスを行っているサイトもあれば、関連画像を有料もしくは無料で配信してるサイトすらあります。


裏企業の闇サイトと思しきものも含めて、多種多様の専門サイトが軒を連ねてますし、斬新かつユニークな地方色の濃いニュースサイトも多数ありますが、利用する際には善し悪しを見極める洞察力が必要です。

サイトオーナー(運営責任者)がある特定の対象者であったとしても、ウェブサイトに対して「アクセスする価値は充分にある」と判断がなされた場合には、このようなサービスを利用することができるようになっています。


こうしたサービスを利用すれば、権威付けに役立てることができ、信用度を増強させることに寄与することができますから、多くの人の目に留まり易くなり、アクセスアップに過大な効果をもたらすことにもなりますが―

ただ、こうしたサービスを悪用して、不正な運営を行ってる悪質な業者が多くいることが懸念されるところで、利用する側の目的なり、サービスを提供してる側のシステムのあり方が危惧されてるところでもあります。


現代社会においては、既成概念にとらわれることなく、個人の『個性』といったものを大事にし、才能のある人が尊重されるような時代になってきており、何でもありが認可されてかのような風潮さえありますが―

インターネットは世界規模で共有されてる公共メディアだという認識がないのか、儲けどころがあれば、これまた『何でもあり』という、モラルの欠落によって引き起こされる不正行為の増加が危惧されてるところで―

人が利便性を追究する限り、その反動も仕方ないことなのでしょう。

「バナー広告」のメリットとデメリット

インターネットならではの宣伝方法のひとつに『バナー広告』といったものがありますが、大手企業各社のサイトページのヘッダー部分には大抵貼ってありますから、興味のある方ならよく目にされてるかと想います。

バナー広告は、他の告知法よりアクセス効果が期待できる画期的な宣伝法として高く評価されてますから、気に留めたことなんて一度もないし、全く気付かなかったという方は少し意識してご覧になってみてください。


認知度のある大手企業のウェブサイトにバナー広告設置の依頼をすれば、それなりのコスト(費用)を要しますが、それでもマスメディアなどへ広告を出稿して要するコストと比較すれば廉価で利用できますし―

ビジュアル的にインパクトのある画像や動画などに、興味を惹くフレーズなり謳い文句を載せて表示していれば、興味のある人に対して、比較的簡単にアクセス誘導を促すことができます。


集客効果』を高める施策として、ウェブサイトのコンセプトやユーザープロフィール属性などを明確に定め、関連するカテゴリページにおいて、興味を惹くインパクトのあるバナーを表示させることがカギとなっていて―

2D3Dによるグラフィックスとかアニメーションとかゲーム、それらに関連した宣伝動画など、ブロードバンドに特化した大手企業各社は、挙って独自の宣伝手法を駆使することによって大きな成果を上げています。


また、既にターゲット(対象)とする理想客層とする属性を的確に定めてることから、メール広告が打診できるオプトインメールなどのサービスを利用することによって、更なる集客拡張と販売促進に繋げてるわけで―

このように、バナー広告による集客効果は絶大で、実に素晴らしい宣伝手法ではあるのですが、多くの人が大事なポイントを見落としてることに気付いてないことがあります、それが何かお分かりになるでしょうか?


知名度の高いウェブサイトに広告バナーを設置できれば、集客効果が期待できるのは確かですが、売上げや販売促進につながるかどうかは別問題で、収益効果が期待できるとは限らないということです。

なぜなら、もう既にお気付きになられているかとは想いますが、「収益効果」を期待したいというのであれば、商品を販売してるセールスサイトの方のある問題をクリアしておかなければならない、ということですね。


それは、集客効果が期待できたとしても、商品が売れるかどうかというのは、セールスサイトの作り方次第にあるということ、「訴求力のあるセールスサイト」になってるかどうかによって左右されるということです。

訴求力の要点としては、差別化して他にはない付加価値要素があるか、商品を購入するべく根拠を提示してあるか、信頼性を考慮した作りにしてあるか、総体的に購買意欲を駆り立てる内容にしてあるかどうか―

自分がされたら嬉しいサービスを提供する、このことを意識化に据えて取り組めばよいだけのことです。




☆ 再訪問して貰うリピーター作り

リピート率アップを可能にするスキルの重要性

セールスサイトが完成し、プロモーション(宣伝活動)も順調で、アクセスユーザー数も増加傾向で大成功!

と、なかなか、そうトントン拍子にうまく事が運ばないのがインターネットならではの歯痒いところですよね?


特に物品販売を目的としてオンラインビジネスを展開してる場合は、取り扱う商品とかサービスにおいては、継続的に増強拡大や販路拡張を推し進めてゆく必要がありますし、カスタマーやビジターに対しては―

商品を投入するごとにアピールし続けてゆく必要もありますし、『新規の理想的な優良客やリピーターを如何にして増やしていくか』ということも大きな課題になりますから、販売促進と利益拡大を目的とした場合―


『販売商品のファンを如何に多く獲得するか』、このことを考慮して品揃えすることが大事で、対象理想客層のデマンドニーズを満たす商品を取り揃え、それらの商品をコンスタントに売り続けられるようにすること―

多くのファンを獲得して、顧客やリピーター(再購入者)に繋げるための施策とシステムを構築する場合、成果目標までのプロセスを如何に効率よくコンスタントに遂行してゆくか、これもミッションのひとつになります。


ですから、インターネットでのビジネスにおいても『一過性のセールスなんてありえない』ということを強く意に留め、継続的に運営することをミッションとして、覚悟とゆるぎない信念もって臨む心構えが必要ですし―

セールスサイトの内容に付加価値的な内容を盛り込んだ情報やイベント、他のセールスサイトにはない要素とか、インターネットならではの工夫やアイデアなど、適切な手段を講じることが大事なポイントになります。


『自分のセールスビジネスを如何にして効率的に運用するか』、コンスタントに収益を確保し続けるためには、総合的に促進力を絶やさないことが最大のカギとなりますから、それらをこなせるだけのスキルを修得し―

その上でシステムを確立し、掲げたビジョンに沿って遂行する、このことが最も重要なミッションとなります。

リピーターになってもらうための秘策?

* 【試供品の無料提供】

まずはアクセスユーザーの心を鷲掴みすべく、デマンドニーズを満たせるような商品を多く取り揃え、その上でメルマガ購読登録を兼ねて、主力商品のお試版となるものを提供することによってリスト構築を図ります。

収集できたリスト(メルアド)の人たちは、登録された時点で会員として扱い、『マイページ』といったような専用のページを設けて、利便性や優位性、役立てる方法などのマニュアルにおいて、実体感をしてもらいます。


* 【メールマガジンの定期配信】

まずは、購読登録者(会員)となった人たちや購入ユーザーの人たちに向けて、既存商品や新規商品などのオファーを兼ねて、各商品の様々な優位点や利便性、使用方法などの記事を載せたメールを配信し―

そして、それらのメルマガとは別に、商用取引やキャンペーン案内、サービス向上を目的としたアンケートなどと共に、自身の販売商品に関連する特別情報なり新規情報などを定期的な配信を適宜試行します。



大事なことは、『信頼性』と『満足度』を常識として、商品やサービスに関する情報を定期的に配信することによってウェブサイトへの興味なり関心を維持させることと、目標を達成するべく我慢強く継続することです。


商品の案内メールを配信する際に、決してやってはならない留意しておくべきポイントを挙げておきましょう―

V 「押し付けがましい売り込みの案内はしない」という配慮をして敬遠されないように心がけること
V 「日毎1〜2通までと決めて無闇に配信しない」という配慮をして迷惑がられないように心がけること
V 「要点を絞り余計な情報を押し付けない」という配慮をして悪い印象を与えないように心がけること


特に起業ビギナーの方がこれらの内容と逆のことをやった場合、ほぼ間違いなくゴミ箱扱いになるでしょうし、最悪の場合、二度と反応がとれなくなるといった、笑うに笑えないような状況にすらなりかねませんから―

訪問客が喜ぶような役立つ商品、ご自身が自信を持って提供できる商品を扱うことが大事で、そうすることによって、自ずと良質メールを配信することができて、『信用度』も自ずとアップするということになるわけです。


要は、相手が望むことにシッカリと応えるということが肝心なことで、『自分がされて嫌なことを相手にもしない』ということ、つまり、『自分がされて嬉しいことを相手にも与える』ということ、然程難しいことではないでしょう。

『上から目線のひとりよがりな、傲慢で配慮のないビジネス』、失敗する要因のひとつに挙げられています。


他人を思いやれる姿勢こそがビジネスを成功に導くための最善策であり、商売における基本的な心得でもありますし、鉄則とも云えるものですから、常に自分を相手に置き換えて物事を考えるということが大事で―

このことを常に意識下に据えて接すること、これがビジネスを順調に展開するための最大のカギとなります。

* 【定期的なプレゼント】

理想客の獲得に欠かせないのが、『特典・試供品・ボーナス・キャンペーン』といった無料で提供する類のもので、
アクセスしてくる興味のあるユーザーには、こうした無料で特別なプレゼントを提示していれば―

ただそれだけで『好感度』『信頼感』がアップし、『信用性』を誇示するのに絶大な効力を発揮しますから、商品ごとに実施すれば、販売促進と収益率の確保が期待できて、順調なビジネスが展開できるでしょう。


そして、既存の訪問ユーザーに対しても、メルマガのスペシャル記事として、特典など無料プレゼントの情報を記載して配信すれば、賞品購入の相乗効果として、販売促進に拍車がかかること間違いなしです。

殆どの個人起業オーナーの場合、売ることや儲けることばかりにフォーカスして、顧客満足となるサービス面がおざなりだから失敗するわけで、起業初心者ともなれば、これが最も障壁となってる落とし穴(問題点)で―

再三お伝えしてますように、ビジネス成功の秘訣は『独創性』と『差別化』、これを意に留めておくことです。

* 【お気に入り(ブックマーク)に入れてもらう】

サーチングサイトで検索する人たちには、『知識に必要な情報を探索する』といった共通した意図があって、気になるウェブサイトを見つけて再度アクセスしたいときは、『お気に入り(ブックマーク)に入れますが―


そういった人たちの中には、他のウェブサイトと比較検討するといった慎重な方とか、懐疑心が強くて疑り深い方などもおられますから、優良の理想客層を取り込むポイントは、情報のクオリティとボリュームによって―

どのウェブサイトよりも際立たせて、シッカリと【お気に入り】に入れてもらうことです。


考慮することは、常にアクセスする側(ビジター)の立場から物事を捉え、100%はいかないまでも嘘偽りのない本当に役立つ情報、自分が知りたいと思うあらゆる情報をリサーチし、納得ゆく情報を発信することです。

『ギブ(与える)・アンド・テイク(取る)といったワードがあるように、取る(販売者)側が先に与えることによって、同等の立場に立つということを理解し、ウェブサイトのクオリティと充実を講じてファン獲得を図るわけです。


『定期的に更新しているか』『トレンドに沿ってブラッシュアップしているか』『プレゼントや懸賞の質はどうか』

有料・無料を問わず、常に利用したいと思える付加価値サービスを考案するとか、他の競合サイトとの差別化を図ること、これが最大の要点であるということがお解り頂けるかと思います。

* 【リピーターからサポーターになってもらう】

『セールスサイトの商品やページの内容に興味をもってくれる』『コンセプトやポリqシーに賛同してくれる』、こういったアクセスユーザー(訪問者)が理想的な顧客となりえる可能性が大きいわけです。

ですから、『訪問客は既に優良会員』としたポリシーでウェブサイトを構成することがカギとなります。



極端な捉え方ですが、販売目的のウェブサイトは会員のための『会員専用サイト』とし、自己満足の売込み満面のサイトではなく、相手に与えるサイト、ワクワクしながら訪問してもらえるサイトを心掛けること―

更に、会員には専用のボーナス(特典)を提供し、会員向けのメルマガやレポートを発行するといった繰り返しで親密度を高め、信頼関係が築ければ、会員から理想的な会員を呼び込んでもらうこともできます。


このように、特定の人に向けた特定のサービスというものにこだわれば、販売サイトの目的がより明確になり、成果目標の意図もビジョンも樹立し易くなり、フィードバックの獲得が容易にできるというわけです。

それで会員間とのコミュニティーが形成されれば、リピーターから最終的には協力なサポーターになってもらえる可能性が高くなりますし、如いては売上アップや販売増進にも大きく貢献することにもなるということです。

* 【アクセスログ解析で来訪者属性を知る】

インターネットであれば、アクセスユーザーの目的を数値や経路から把握することができますから、オンラインでのビジネスには、アクション誘導を促がす意味でも、ログ解析を行うことは極めて有効な手段となります。


* 『アクセスユーザー数/時間帯/アクセス経路/1ページあたりのアクセス数(PV=ページビュー)/滞在時間/リピーターの比率』などを【日別・週別・月別】に集計し、統計を取ることによって反応率が確認できます。

* アクセスユーザーが頻繁に訪れる時間帯が分かれば、その人たちのライフスタイルが概ね推察することができますし、ページあたりの来訪者数によって、人気のあるページと人気のないページの判断ができます。

* これらからアクセスしてほしいと思っている人物像と実際のアクセスユーザーとのマッチングやミスマッチングなどが判断できますし、人気のないページがあれば、検証して内容のあるページに直すことができます。

* また、リピーターの比率が低ければ、ウェブサイト全般の構成か、プロモーションに問題ありといったような推測もできますから、それらの問題点を修正するなどの適切な処置を講じる目安にすることもできます。

このように、アクセスのログ解析は来訪者の足跡パターンや訪問先を知ることで、サイトの問題点や改良点が把握でき、リピーターの獲得増員のお助けツールになりますので、このツールは大いに活用しましょう。




☆ 心理的攻略による詐欺商法

魅力的なウェブサイトとは!

「ポータル型」と呼ばれるウェブサイトのスタイル形成として、ページ間リンクのナビゲーションやグラフィックス、センテンス等のレイアウトが整然と配列されてる上、その割に情報量が多いというのが特徴です。

心を鷲掴みするような魅力的なウェブサイトの条件のひとつには、『ウェブサイト全体の統一性がとれていて、しっかりとした構成(レイアウト)で作られ、配慮された情報が豊富にあること』などと言われています。


魅力あるウェブサイトとは、人の心を惹きつける要素を兼ね備えており、人の心を惹き付けるという根底には人それぞれの心に訴えかける心理的な魅力を醸し出す要素が必要になってきます。

それを下手に真似て、情報が多様化しすぎてしまったっり、ビジュアル的にもまとまりのない非効率なサイトになったりでは、『信用』なんて全くされない本末転倒な、とんでもないサイトになってしまいかねません。


安心感や満足感は信用度に大きく影響する大変重要な要素ですから、心して取り組む必要があります。

* 商品に対する価値観

人は何かにつけて、自分が関心のあるものに対して、誰も持ってないような珍しい(レア)ものであるとか、希少価値(プレミア)のあるものなどに思わず興味を惹かれるという、老若男女万人に共通した心理があります。

ですから、インターネット上では、発信する情報にしても販売する商品にしても、他のウェブサイトとは一線を画す差別化した珍しい事物、数少ない事物、オンリーワンの事物であればあるほど注目度が高まります。

なお、パソコンやインターネット(オンライン)上において必要性の高い役立つ商材であるとか、需要があるのに一般店では入手し難い商品といったことを考慮すれば、更に注目度が高まることは間違いないでしょう。


* アクション(行動)の慣性心理

周知されていますように、人という生き物は、何かしらの行動を促された場合、その行動を起こし易いキッカケによって一旦行動を起こすことをすれば、そのことに関して『慣性心理』というものが働きだします。

そのため、オンライン上で署名やコメントの収集・投票など一度でも参加しますと、それ以降オンライン上での様々な呼びかけに対し、躊躇することなく参加意欲が高まり、柔軟に対応することができるようになります。

ただ、注意すべき重要な心構えとしては、この『慣性心理』につけ込み、儲けることのみを目的として利用する悪質サイトの謳い文句に惑わされないよう、慎重かつ注意深く徹底した根回しをするということです。


* 権威的な裏付けと社会的証明

人は、情報や商品に対して権威的裏付けがあると安心感を抱き、安易に信用してしまう傾向があります。

また、世間一般的に認知されているブランド名が付いたものであるとか、権威者や有名人著名人が推奨するものであれば、信頼できる良質なものであると、何の疑念も抱かずに信じ込んでしまう傾向もあります。

更には、多くの人が知っていて、賛同者や利用者の多いものに対しても安心感や信頼感を寄せます。

こうした効果をウェブ上で実現する有効な策は、会員との協力体制を敷き、メールのやりとりとか、掲示板やブログのサービスなどを通して、アンケート形式で評価を募り、ウェブサイト内で適切に活かすことです。


権威者や著名人の推奨文を依頼するノウハウがありますが、組織化した悪質サイトもありますので、それらの人物が本当に信頼できる事実上の著名人なのかということも事前に徹底調査する必要があります。

殆どの場合、インターネット上の仲間内で名を馳せているだけの人物ばかりなので、人物名を検索することである程度のことは把握することができますから、とにかく、よくよく調査するということがカギとなります。


◆ 詐欺商法の手口

個人で知名度の高い情報販売業者は、詐欺だとか悪徳だとか罵られるがごとく散々に叩かれるのですが、その理由についてご存知でない方のために、事実を知っておいて頂きたく、あえてお話しておきますね―


その理由というのは、どんな情報でも巧妙な感情操作によるエモーショナル・セールスライティング・テクニックを駆使して、誇大表示や煽り文句、現金画像など用いて、PDFファイルの電子書籍を買わせようという―

似非事業家の提唱した情報商材を転売するという、詐欺的なインフォビジネスが横行したためです。


そもそも一般的に求められてる情報に、国家機密のような秘匿性の高い情報などありえるはずもなく、それにもかかわらず、提唱するノウハウを駆使することによって、簡単にお金が稼げるなどと確約する―

全てが虚偽ではないものの、粗悪な商品を凄い内容のものであるかのごとく、巧みな文章技法で構成して高額な価格でオファーし、無知な人たちから多額のお金を詐取する、呆れた手口を推奨したわけです。


また、『安心感』を与えるために、『返金保証』といった謳い文句を掲げ、返金要請があっても問題ないような内容の商材を、返金要請されないような価格で販売する、かなり悪質なビジネスサイトもありました。

デジタルコンテンツの場合、インターネットを介したダウンロード販売において、『返金保証』といったようなものが適用されること自体、基本的にありえないわけで、このことにおいても意に留めておくことが大事ですね。


そんな経緯もあって、『返金保証』を謳うことによって、インターネットで販売ビジネスをしてる個人起業家や、その販売サイトに対して懐疑的に見る傾向が高くなり、不信感を抱く人もたくさん増えていったわけです。

人間的に好かれる好かれないといったこともあるかもしれませんが、インターネットでビジネスを行っている業者や個人の中には悪どい詐欺師やがウヨウヨしてますから、懐疑的になるのも無理からぬことかもしれません。


とにかく、ビジネスに精通した人とか、本気でビジネスを手掛けたい人ならともかく、シロウトビギナーの一般人がバイト感覚で簡単に儲かるビジネスなんて、インターネットであろうが何処にもありませんからね。


また、オンラインビジネスにおける成功のカギは、運営オーナーや販売者の「アイデア次第」といったようなことをよく言われますが、この「アイデア」というのが『両刃の剣』にもなる危険な要素を含んでいるのです。

要するに、「アイデア」というものは、人の思考次第で善くも悪くも発想発案することができるからです。

NEXT

詐欺ビジネス解体新書
インターネットの特質性
独立起業への構想
ネットビジネスとWWW
NBの手法とHPの役割
サイト公開と宣伝活動
インターネットの危険性
販売施策の極得情報
目的別販売攻略法
情報販売とアフィリエイト
失敗しないための施策
情報起業の経緯と法規
/ 儲ける仕組み / SEO.SEM必修ノウハウ / 詐欺ビジネス / 独立個人起業セミナー / ウェブデザイン速習法 /
/ HOME / プロフィール / 特定商取引法に基づく表記 / お問い合わせ / サイトマップ / 上まで戻る
● あなたにお役立て頂ければ幸いです― ライセンスビジネス Space Make Main Office