ホームページ作成・ウェブデザイン制作・キーワード最適化・ウェブサイト構築ノウハウ
Space Make
独立個人起業初心者が知っ得ウェブデザイン速習法



ホームページセミナー
| HOME || サイトマップ |
ホームページ作成/ウェブデザイン制作の秘訣は、キーワード対策とHTMLファイル最適化(タグ・CSS・SEO)、アクセスアップの秘訣は、注目度を集める訴求力と信頼性とアクセシビリティとユーザビリティとインパクト―
ウェブページ HTML[Hyper Text Markup Language] は、ハイパー・テキスト・マークアップ言語のこと

☆ ウェブページの理想形

伝えたい情報が効果的に伝わるデザインを心がける

『ユーザーがどういった情報を知りたいとアクセスしてくるのか、どのような情報を誰に向けて伝えられたら理想的なウェブサイトなのか』、こういった観点から捉えた的確なテーマを打ち出すことがポイントになりますし―

伝えたい情報を効果的に伝える表現力とか、レイアウトの取り方などからなるビジュアル面におけるアピール性とか説得する訴求性など、これらは個人のセンス(感性)とスキル(技能力)によって大きく異なりますから―

表現ノウハウの要素全てにおいて、基本的なスタイルとかデザインを理解した上でテーマを打ち出し、独自のオリジナリティ(独創性)と『信頼性』を意識して、統一感のあるデザインを施すことがカギとなります。


HTMLファイルにおける基本的なデザインノウハウが理解できてさえいれば、ウェブサイトを制作すること自体は然程難しいことではないのですが、ユーザーへの『信頼性』を保持することが最大のカギとなりますから―

ウェブサイト全般の操作性や安全性を考慮してデザインすることは勿論のこと、伝えるべき情報が適確に伝わるように表現する文章力なり構成力の他に、付加価値性の高いコンテンツや情報の発信であるとか―

統括的に統一されたビジュアル形成からなるデザインといったものも考慮した上で、整然としたレイアウトで解り易く構成して必然的に見映えするデザインを心がける、こういったことを意に留めておく必要があります。


自分本位のデザインではなく、各種コンテンツやページを案内する際のナビゲーションの利便性とか、リンク形成のあり方などに適切な定義を設け、レイアウト(配置・配色)において如何にうまくまとめて構成するか―

ターゲット(対象)とするアクセスユーザー(訪問者)に対して、『伝わり易く解り易いデザインを心がける』、このことをシッカリと意に刻み込み、これがウェブサイトを制作する意義であり理想形であるということを理解し―


信頼性』が最大の鍵になるということを意識下に据えた上で、目標に向けて駒を進めるようにしましょう。


解り易さ使い易さを意識下に据えてデザインする

ウェブサイト特有のデザインスタイルによって、理解し易く表現した情報を対象とするユーザーに発信する

ウェブサイトを制作構築する際には、各々の目的(テーマ)に準じたスタイルで設定して、機能的な利便性を考慮したデザインをする必要があり、これがどのスタイルにも求められてるひとつの留意しておくポイントで―

差別化を図る上においても大事なポイントとなり、テキスト文書によるドキュメントと、画像・音声・動画などを加えて事細かく解説して理解度をより高める、これがウェブページ(HTMLファイル)の基準となっていて―

この基準を留意した上で確固たる『信頼性』を保持すること、これが功を成す最大のカギとなるわけです。


一定の秩序を保ち整理され配置されてる短文書のことをセンテンスと云いますが、ウェブサイト全般におけるページ面のレイアウトは基準に沿ったかたちで編成し、センテンスなるものを構造的に上手く組みあわせて―

目的のコンテンツにアクセスし易くするために工夫されたナビゲーションによる『アクセシビリティ』とか、操作し易く利用し易いといった機能性や利便性などの『ユーザビリティ』が配慮されたウェブサイトであること―

こういった条件を満たしたウェブサイトが本来求められてるウェブデザインの基本的な定義となっています。


ユーザーがウェブサイトにアクセスしてきたものの、どんな情報があるのか解り難いナビゲーションで戸惑わせたり迷わせたり、知りたい情報が少なすぎて落胆させたり、センテンスのレイアウトが乱雑で憤慨させたり―

このようなウェブサイトは失格であり、アーティクル(記事)なりグラフィックスなりを適切な位置や場所に配置して、「情報内容やリンク構成を判り易くシンプルに構造化して、適切にまとめて理解度を高めるようにする」

これがウェブサイトに求められるコンセプトのひとつにもなってますので、このことを再認識しておきましょう。


アクセスしてきた訪問ユーザーが各ページを見る際に、的確な案内を促す仕組みがナビゲーションですから、誘導構造からなる適切な操作性や視覚性、『アクセシビリティ』の向上を図ることがキーポイントになり―

これには、かなり練りこまれたウェブサイト全体におけるシステム構成と、ビジュアル効果の高いデザイン要素をうまく絡めて、解り易い構成内容とか操作し易いナビゲーションを提示するなどの配慮が必要ですから―

そこで意識することは、『ユーザビリティ(Usability)』といったユーザーに対しての気配りです。


例えば、ファイルのデータ容量を軽量化するのに、テキスト文書やグラフィックスなどを極限まで調整してみるとか、ドキュメントを解り易くなるように構成したり、見易くなるようにレイアウトを整然とまとめるようにしたり―

総合的に統一感をもたせて、ウェブサイトのイメージ(印象)をビジュアライゼーション(視覚化)することによってアクセスしてきた興味のあるユーザーに共感してもらい、共有してもらえるような内容にすることも併せて―

ページ間を円滑に移動できて意図するページへ確実に到達できるようにするなど、『利用価値を高める』ということを念頭に、ウェブサイト全体を『最適化』してアクセスユーザー数の増加を図る、といった具合です。


ウェブサイトの容姿においては、視覚(ビジュアル)的な要素が『信頼性』の担い手ともなってますし、この視覚的な要素と同様に、『情報の構造をデザインする』という構成作業においても重視しておく必要があります。

なぜなら、ビジュアル要素がいくら秀逸であっても、機能的な操作性や構造的なレイアウト要素などが整理されてない上に扱い易くもないとなれば、利用ユーザーにとって使い勝手の悪いサイトという印象をもたれ―

二度とアクセスしてもらえなくなり、せっかく苦労して創作した数々のコンテンツを一切見てもらえないななどということになれば、やがては閉鎖せざるを余儀なくされ、ミッションが果たせない最悪の結果になるでしょう。


最大のカギとなるのが『高い信頼性を誇示するウェブサイトを構築する』ことですから、たくさんのユーザーから支持されるように、ウェブサイト全体に操作性と安全性を考慮した『ユーザビリティ』を施すことは勿論―

デザインやビジュアルにおける統一性といったものも大事なポイントになってきますから、ドキュメントの構成とかレイアウトにおける構造的な要素を施す場合は、第三者的な観点からデザインすることを意識下に据え―

支持率を上げるべく、制作者としてのセンスとスキルを大いに発揮して、躍進し続けることが望まれます。



視覚効果と機能性で活性化を図る

ウェブページのテーマとレイアウトが確定できれば、訪問してくるアクセスユーザーが安全で安心して利用できるように、ウェブサイトには欠かせないナビゲーションのスタイル/形態とか、直感的に理解できる操作性―

適切かつ確実に誘導するページへのリンク設定など、ナビゲーションとされるものはアクセスユーザーが実際に見た上でクリックするわけですから、リンク先ページのタイトルを解り易い端的なフレーズにしておくことと―

必要な情報があるそのページへスムーズかつ確実に到達できるようにしておくことが最大のなカギとなります。


ページにどういった内容の情報があるのか、整然と解り易く表記されたナビゲーションが設定してあり、それをクリックすれば知りたい情報のページがスム ーズに開示できて、知りたい情報がなるべく解り易く詳細に―

記載されてあれば、ウェブサイトの評価は必然的に高まりますし、これに見映えよくデザインされたビジュアル効果が発揮されることによって、アクセスしてきたユーザーの目を惹いて、ハートまでもがっちりと鷲掴みにし―

ウェブサイトのコンセプトを達成させることができていれば、ベストなデザインになってるということになります。


パソコンのモニターを通して見るウェブページのデザインといったものは、立体的な3Dアニメーションにしても、平面的なグラフィックスにしても、モニター内のブラウザに表示されるそれら映像の全ては、いわゆる平面な―

画面上において見てるヴァーチャルな仮想空間に表示されてるだけでしかないわけですから、静的に表現させるだけでなく、その平面なモニターにおいてマウスのコントロールで動作させるダイナミック/動的な機能―

インタラクティブ/双方向性といった、ゲーム感覚的な作動表現を可能にした機能が組み込まれています。


ウェブに特化した流動的でダイナミック(躍動的)な反応表現を可能にした、インタラクティブな機能を適正に活用して、ウェブサイト内で自ら作動させたり、ユーザーの操作によってインタラクティブに反応させたりと―

そんなコントロールできる機能において、自身のアイデアで理想のターゲットユーザーを飽きさせないよう工夫を凝らし、熱烈なファンになってもらうことによってアクセスアップを加速させられることも可能になることから―

リピート率を高めるための常套手段として、どのウェブサイトにおいても切磋琢磨されてるわけです。


ウェブサイトへの興味からアクセスしてくるユーザーを飽きさせないためには、常に新しい情報を提供する必要がありますから、次々と変化進展してゆく情報を迅速に反映させる機能的要素を組み込むことも大事で

更新せずに情報が滞っているウェブサイトは、訪問者のアクセスが減少し、やがてはインターネット上から姿を消す結果になってしまいますから、同じユーザーに再々アクセスしてもらうことは非常に重要な意味を持ち―

大きなメリットを損失しないためにも、流動的なウェブサイトの構築というものを意識しておく必要があります。


興味のあるユーザーが再々アクセスしたくなる気にさせる効果的な施策は、有益で役立つ情報を詳細に提示して、「ここには知りたい情報がたくさんある」という好印象を与えることができるウェブサイトであること―

そして、常にトレンドやニーズにマッチした情報へとブラッシュアップし、愉しくて飽きさせないようなオリジナリティな工夫を凝らした上に、確固たる『信用』を位置づけるべく信頼性のあるウェブサイトを構築することです。


ブラウザの違いとトレンドを意識する

これまでPCにおける主流のブラウザと云えば、WindowsOSの『IE』と云われる『InternetExplorer(インターネットエクスプローラー)』、MacOSの『NN』と云われる『NetscapeNavigator(ネットスケープナビゲーター)』―

これら2つが台頭とされ、『W3C制定規格』において、それぞれの開発における仕様規格の対応が異なってることから、タグ指定の記述なり表示の仕方などが異なってると云われてましたし、そのブラウザですが―

近年では、新規格のものも登場してきてますので、基本的なポイントだけでも押さえておくべきでしょう。


* [ブラウザによる表示の相違]

HTMLコードで作成された一般的なウェブページにおいては、「閲覧ユーザーが使用するOS(機種)によって同じように表示されるとは限らない」ということ、このことを認識されてる方ってどれだけおられるでしょうか?

ウェブサイトの中には、「このサイトはInternetExplorer以外のブラウザでご覧頂けます」と、表示されてるのを見かけたこともあろうかと想いますが、閲覧するユーザーのパソコン環境を考慮した親切心を発揮すれば―

相手にとっては、こうした文面を記載しておくことによって『信頼性』に寄与する場合もあるでしょう。


HTMLファイルのコードソースとCSSファイルのコードソースなどにおける『W3C勧告』への応対に先んじてるのは『NetscapeNavigator』の方だと言われてますが、新規格に対しては80%程度ということですし―

それぞれのブラウザにおける規格が異っていることに加えて、それらの『バージョンによって表示方法が異なる』とも言われてますから、IE規格を対象としたCSS/スタイルシートのコードを用いたウェブページの場合―

規格の異なったブラウザでの表示に違いが生じる』というのは至極当然のことだと思います。


CSS/スタイルシートを使用しないで、ノーマルなデフォルト(標準)状態で作成したウェブページの注視すべきポイントは、『規格の異なるブラウザで閲覧しても、表示に然程の違いは生じない』といったところですが―

そうは云っても、CSSを使用したような見読し易いウェブサイトを作成することができないというわけではなく、それぞれのブラウザをサポートしてる共通した機能を活用する方法で問題なく作成することができるのです。


それぞれのブラウザに適応できる設定を施すだけですから、『OSによって表示に違いが生じる』ということを予め認知しておけば、それぞれで適切に表示されるように意識しながらデザインを施すことができますから―

ウェブデザインを手掛ける際には、WindowsOSとかMacOSそれぞれにおけるブラウザの機能性の違いだけでなく、他のブラウザの機能性においても最適に表示できるデザインを施すことがキーポイントになります。



* [異なるOSブラウザによるタグの相違]

ブラウザの機能においては、『解析できないタグは無視して表示する』といった特性があるため、マイクロソフト社の『Windows』、アップル社も『Mac』、それぞれで異なった独特のタグが用いられてることから―

一方はソースコードに対応した表示をしても、もう一方は対応しない可笑しな表示になり、CSSコードが解析できないブラウザであれば、レイアウトは崩れていても文書情報だけはそれなりに表示されます。


ウェブデザインを制作する際、タグ解析において、異なるブラウザによって表示に違いが生じるということ、こういった状態はこの先もしばらく続く可能性があると考えられますから、このことを認識した上で―

タグに関するマニュアルにおいては、『HTMLリファレンス(参考資料)』なるものを最低でも1冊は所持して、最新のブラウザに関するトレンドや情報などをリサーチするなりチェックして対応策を講じる必要があります。


ウェブページの理想形を追究する

冒頭で既述しました『ユーザビリティ(Usability)』についてお伝えしようと思いますが、ウェブサイトの理想形は何よりもアクセスユーザーにとって、全般的な操作性からなる『使い勝手のよさ』ということが挙げられます。

何らかのセールスアップを目的としてインターネットを利活用するショップオーナーが増加する傾向が高まってる現在において、この『ユーザビリティ』というワードが『信頼性』に直結する重要なカギとなっています。


ウェブサイトを利用するユーザーにとって、どれだけ使い勝手がよく利用し易いか、この良し悪しによって―

 * ウェブサイトに対するアクセス率なりリピート率がアップするか否か
 * ウェブサイトで扱ってるコンテンツ製品への訴求性に反応されるか否か
 * ウェブサイトで扱ってるコンテンツ製品の成約率なり販売率がアップするか否か


これらに過大な影響を及ぼすくらいに大事な要素となっていて、検索結果において上位をねらうSEO対策以上に重要な要素であるとさえ云われてますが、これは利用者サイドからしてみれば当然のことでしょう。


インターネットにおいては、同じような内容のウェブサイトへの選択肢はいくらでもあって、1クリックするだけで容易に変えられてしまうといったように、ユーザーの意思次第でどのようにでもできてしまうわけですから―

オンライン上に数え切れないほど蔓延してるウェブサイトの中で、自身が手掛けるウェブサイトで成果を収めるためには、この『ユーザビリティ(Usability)』が非常に重要であるということを意に留めておく必要があります。


例えば、アクセスしたウェブサイトのページがハッキリと全て表示されるまでに、いくらか時間を要してモタツキ感があった場合、大抵の人は苛立ってしまうはずですが、あなたはそんな経験をされたことってありませんか?

短気な人が意図するウェブサイトへアクセスした際、一旦使い勝手の悪いウェブサイトだと判断してしまえば、躊躇することなく他の競合サイトへアクセスしてしまうか、クローズボタンをクリックして閉じてしまうでしょう。


ページが表示される際のモタツキが致命的になるようなウェブサイトの場合は、以下の点を考慮しましょう。

 1. 快適な表示速度を保持するべくページ容量を軽減化するように心がける
 2. 求めてる情報に到達し易くするべく最適なレイアウト構造によるデザインを心がける
 3. 見易く・読み易く・分かり易くをコンセプトとして徹底して最適なページデザインを心がける




HTML最適化の意味や意義を理解する

どんなに見映えよくデザインされたウェブサイトであっても、アクセスしてきたユーザーがページを開示した際に、表示される速度にモタツキ感がある場合、見たい気持ちを削いで不快感を与えてしまうのは必至ですし―

やがて誰からも支持されないダメサイトで終わってしまいますから、どうすれば快適に開示されるウェブページが作れるのか、その解決策とされてる4つの基本原則を念頭に据えて作成するように心がけましょう。

◆ HTMLを最適化する4原則

? [表組(テーブル)や装飾タグなどは、スタイルシート指定によって簡素化する]

テーブル(表組)は、枠組指定の情報を処理して表示されるため、多用すれば必然的にページ容量も相応に増加して開示速度に影響を及ぼしますし、タグコード指定も多くなればなるほど同様の結果になります。

快適な表示速度を実現するためには、複雑なタグコードなりスクリプトコードなどをファイル内で直接多用することは避け、スタイルシートを用いて、外部から流し込むようにしてスッキリ整理した容にすることです。


? [バイナリファイルなどは容量を軽減するように調整して極力シンプルなデザインにする]

グラフィックス(イラスト・写真)・映像(動画・アニメ)・音響(音声・音楽)といったバイナリファイルですが、テキストファイルと比較すると容量サイズがかなり大きくなり、作り方によってはOSに悪影響を及ぼす場合もあります。

容量の大きいデータファイルというのは、受信する際にも表示する際にも時間を要するため、使用する数量を抑えるなりデータ量を軽減するなどして、ファイルページを軽量化して最適な容にする必要があります。

表示時間のモタツキ感をカバーするために、ストリーミング配信という技術を組み込むとか、それぞれの専門サイトにアップロードしてリンクを設定して案内する、このようにして最適化することも考慮すべきでしょう。


? [プログラムのコードソースは適切かつ正確に記述して読込み解析への負荷軽減に努める]

HTMLファイル内において、関連したプログラムの複雑かつ乱雑な記述による多用は表示速度に影響するため、プログラムランゲージの的確性や簡素化など、表示機能に対応した負荷軽減の施策が望まれます。

信用』に寄与するユーザビリティの観点から捉えた場合、表示される速度のモタツキというのは過大な損失を招きかねませんし、サ-バーやパソコン、検索エンジンにも悪影響を及ぼす場合も多分にありますから―

複雑なソースコードを要するプログラムを組み込む場合は、どのような表示機能にも対応できるように細心の注意を払い、許容範囲を超えないように配慮して臨むことが賢明であり得策と心得ておくべきですね。


? [ファイル内要素のレイアウトや文書などの配置配列を整理整頓して負荷を軽減する]

サーバーから配信されてるコンテンツデータを受信するパソコンのブラウザにおいて、表示速度のモタツキ感を誘発する要因のひとつは、HTMLファイル内の記述されたソースなり文書に大幅なズレや隙間などによる―

乱雑さで、これを速やかに表示確定できるようにするには、ファイル内のテキスト文書を適切な文字数で区切って改行し、ズレや隙間をなくしてスッキリ整理することによって、負荷を軽減して解析し易くすることです。

ブラウザでのウェブページの読み込み時間を改善して最適化する有効手段は、常にシンプルなレイアウトを意識して、HTMLファイル内のタグコードやテキスト文書などを整然と配備するように心掛けることです。

ウェブページ制作ソフトを使って作成した場合、殆どが乱雑に入力されて容量がかなり大きくなりますから、「快適さ」の観点からも検索エンジンへの配慮からも、ファイル内の最適化を常に意識しましょう。



◆ ウェブページの最適化テクニック

* [デザインとプログラム要素の軽減]

ウェブページの『快適さ』を向上させるポイント4原則を取り上げましたが、ページ容量を軽減するためには、デザイン要素やプログラム要素をある程度まで絞り込む必要があるということがお解り頂けるかと思います。

ウェブ上におけるヴァーチャルページなるものは、快適に表示されるべきという基本的概念があり、ファイルの容量次第で表示速度が左右されるわけで、1ページの理想的なサイズ容量は90KBまでとされています。

1ページあたりの容量60KB程度をバイナリファイルが占めてるとした場合、残りの30KB以内でソースコードやドキュメントなどのテキストに割り当てることになりますから、この容量の範囲内においてどれだけ素晴らしいデザインに仕上げるか、プロとしてのデザイナーのセンス(感性)なり真価が問われるところとなりますね。


* [最適な通信速度とブラウザ]

ネットユーザーが使用するパソコンOSの普及率は、Windowsが大半を占めてるように見受けられますし、サーバーの機能性も考慮して、通信速度『50Kbps』を基準として設定するのが一般的とされていて―

InternetExplorer』の基本機能はバージョン4でまとまってるようですから、それ以降のブラウザが導入されてるパソコンであれば理想的なわけですが、現状において機能性に多くの制限が設けられています。


情報構造化の意味を理解しましょう

検索エンジンなりユーザーにとって理想的なウェブサイトとは、全体のデザイン性やセンテンス構造を適切かつ適正なカタチに仕上げることによって、該当する情報データを的確かつ迅速に引き出せるようにすることです。


* [情報を構造化するということ]

ウェブページにおいては、『快適で解り易くなるようにシンプルにまとめる』というマナー的要素がポイントとなりますから、ビジュアル要素よりも全体のデザイン要素を決めて構造化する、これが先決すべき課題となります。

ウェブサイトに組み込むコンテンツ(内容物)をテーマ別に分けてから全体をまとめ、必要な情報同士を論理的な関連性によって的確に結びつけること、これが『情報を構造化する』上で大事なポイントになります。


ウェブサイト全体のビジュアルは、レイアウトや色彩に統一感を施すことによって、テーマに沿って明快に関連付けされたドキュメントは、読み手にとって理解し易くなりますし、リニューアルを施す際にもやり易くなります。

テーマに沿って明確に構造化されたドキュメントに、統一された適切なビジュアルによってデザインすることで、提示した情報が伝わり易くなり、『親近感』から『信頼感』に寄与して『信用』につながるわけです。


例えば、商品などを並べて紹介する際、それぞれの商品に詳細な概説文を付与して、それらをただ整然と並べたてたページだけでは、完全に理解することはできませんから、購買意欲も沸き立ってはきませんね。

つまり、タイトルとその内容の関連付け、商品画像と詳細な概説文の関連付け、といった具合に、利用者が理解し易いように『情報を関連付けて組み立てる』、これが構造化する上で最大のカギとなるわけです。


* [ヴァーチャルな情報空間の連携]

ウェブサイトをオンライン上のインターンットでオープンにするというのは、ウェブ上にヴァーチャルチック(仮想的)な情報スペースを創作するということであり、ウェブサイト全般をヴァーチャルなスペース(空間)と捉えます。

そのヴァーチャルスペースの中にある情報それぞれを適切にシッカリと関連付けて、アクセスユーザーがそれらの情報を探したり選択したりする際に、解りやすくて扱い易く、確実かつ快適にナビゲートすることです。


この結び付けという要素がナビゲーションリンクであり、構成全体の流れのことを指し、オンラインに理想的な『HTML最適化』を意味し、適切に整理した情報構造を構築することがウェブデザインの基本なのです。

因みに、デザインというワードには、『設計』とか『構成』』といった要素も含まれてますので、このことを踏まえた上で『信頼性』の高いウェブサイト構築を手掛け、『信用』という財産を確保すべく邁進しましょう。



素材を整理し階層構造に分類しましょう

* [マテリアル(素材ファイル)を整理する]

ウェブページに記載するドキュメントなどのテキストデータを構成する上で不可欠なものが、マテリアル(素材)コンテンツなるフォト(写真)やイラストといったグラフィックスデータで、これらが重要な役割を担います。

記述するアーティクル(記事)を構造化する流れとして、これらを必要となるカテゴリーやページ別にも選り分けた上で、必要なマテリアルデータファイルをピックアップして解りやすいように整理しておく必要があります。


この段階でウェブページの構成や施策のビジョン(構想)が概ね絞られてきてるはずですから、そのことを考慮して各種素材ファイルや、それらを格納してるフォルダをカテゴリ別に整理して、ツリー構造で階層化します。

情報を階層化するというのは、ウェブサイトのテーマやユーザーが要望すると思われる情報を優先するように順位を検討し、どのカテゴリ(範疇・部類)にどのテーマのコンテンツを置くかを決めて配置することです。


人間の脳も吸収した情報をツリー構造的に記憶枠に記憶してデータベース化してるという学説があります。

これは、記憶されてるひとつの大きなデータベースである記憶枠の情報から分岐してる枝葉の細部へと選り分けして、必要な情報をつなぎ合わせて発信するという、『情報処理能力』の理論を説いたものです。


ウェブサイトの編成を考える場合、階層構造にすることにで分別し易くして、容易くアクセスできるということを考慮して、優先したい情報は階層の上位に配置するのがベストであり、理想的な配置構造となります。

ハイパーテキストで構成され、複数の関連ファイルと構造化されたウェブページは、階層構造のツリー形式によって繋がった情報の集合体であることから、このシステムは人の心理に馴染み易いという特徴があります。


* [カテゴリスペースで解り易いツリー構造を意識する]

マテリアル(素材)やドキュメント(文書)などのコンテンツ(作品)をカテゴリ別に整理して階層化する、そうすることによって、ウェブサイト全体のあらゆる情報が、生活環境のように秩序ある規則性に則って構築され―

ヴァーチャル(仮想)な空間ではあるものの、そこに存在するそれぞれのコンテンツは、ある意味、生活環境における街や建物に該当するものですから、シッカリした骨格を有する整然とした構造が望ましいわけです。


コンテンツファイルの階層化は、ウェブサイト全体の見取り図を作ることでもあり、シッカリした見取り図があることによって、ウェブサイト制作上のガイドラインになりますし、後々、ページの拡張や更新もやり易くなります。

見取り図と云っても、実質的にはフォルダで示すツリー構造の図式であり、フローチャート(作業工程図)なり仕様書といったようなもので、このものによってナビゲーションリンクの経路が判り、定め易くなるということす。


興味をもったユーザーがウェブサイトへアクセスしてきて、ウェブページ内を移動してる最中に「現在自分はどこのページを見てるのか、どこをどうすれば見たいページへ移動できるのか」といったことを知りたい場合に―

ウェブページ全体の構造が明確で理解し易くなっていれば、アクセスしてきたユーザーに安心感を与えることができますし、続いての動向を予測することもできますから、的確な情報を見つけるサポートにもなります。

* [情報間を一致するテキストリンクで連携を組む]

ハイパーテキストによるリンク形成における最大のメリットは、自分のウェブサイトの各テーマと関連する情報に向けて、迅速かつ的確にアクセスできる上、『SEO』としての効果においても期待できるという点ですがー

デメリットとしては、選択する他のウェブサイトへのリンクがたくさんあり過ぎてる場合で、アクセスユーザーが別のウェブサイトへアクセスして、そのままサヨナラをして戻ってこなくなってしまう可能性が無きにしも非ずで―


そうなれば、自身のウェブサイトの存在意義そのものがなくなってしまいますから、他のウェブサイトへのリンクを必要最小限に絞り込むようにし、高い付加価値を付与して他を圧倒するウェブシステムを構築すること―

何にしても、時間と労力を惜しまない努力を要するのは必至ですから、意に留めて邁進しましょう。


また、信頼できて人気度が高いからという理由だけで、自分のウェブサイトのテーマとする内容とは全く関連性のないウェブサイトにたくさんリンクしてた場合、アクセスしてきたユーザーにとっては混迷するだけのことで―

これは、リンク形成という概念以前の問題ですから、適切に配備するということも意に留めておきましょう。

NEXT

ウェブデザイン速習法
HTML最速習得法
タグ(命令符)と拡張子
キーワードの指定基準
ウェブデザインのスキル
ウェブページの理想形
/ 儲ける仕組み / SEO.SEM必修ノウハウ / 詐欺ビジネス / 独立個人起業セミナー / ウェブデザイン速習法 /
/ HOME / プロフィール / 特定商取引法に基づく表記 / お問い合わせ / サイトマップ / 上まで戻る
● あなたにお役立て頂ければ幸いです― マテリアルギャラリー Space Make Main Office